ザク・グリーンに似合うマフラーを手に入れる【シボレーカマロ】

クーペ

シボレー

アメマガ2024年6月号

ジェットシティ

広島県

カマロ

CUTTING EDGE on the STREET

ノーマルで購入した念願のカマロ。ドライブで視線を感じることに快感を覚え、もっともっと注目を浴びるために着手したのがカスタムだ。大胆に変化を遂げたカマロだが、オーナーさんは更なる快感を得るためにジェットシティを訪れる。

CUTTING EDGE on the STREET


見られる快感がクセになり、止まらぬカスタム進化

'10 Chevrolet Camaro

2023年末開催のX5ファイナルで、マイルドクーペ部門で1位を獲得した坂本さんの10年型カマロ。2年前には、同イベントでグラデーションのボディペイントで注目を浴びたモデルだったが、ジェットシティの手によって更にバージョンアップし念願のアワードを獲得したのだ。

 

ここまでカスタムに没頭する坂本さんだけに、さぞかしアメ車歴が長いかと思いきや、2018年に初めてのアメ車として購入したのが、このカマロだ。「子育てのために、好きなクルマに乗ることをずっと我慢していたんです。若い頃に3rdカマロに乗っている知人がいて、そのカマロのカッコよさがずっと思い出に残っていたんです。だから、子育てがひと段落したら絶対にカマロに乗ろうと。もちろん3rdカマロも検討したんですが、トランスフォーマーを見て考えが変わりました(笑)。子供はマスタング推しだったんですが、譲りませんでしたね」。

 

購入してからのドライブは常に視線を感じてニヤニヤが止まらず、娘さんの卒業式にカマロで迎えに行った際は、そのニヤニヤが最高潮に。そして、見られる快感を知ってしまった坂本さんは、もっと視線を浴びるためにどうすればいいかを考える。その答えがカスタムだった。

数多くのアメ車カスタムを行なう地元福岡のASJにカスタムを依頼し、幾何学的なグラデーションペイント、KRZのエアサス&ブレーキ、サビーニ22インチ、GTウイング、ZL1バンパーを組み込んでいく。このハイレベルな域に達すると、見られる快感はもはや別次元。そして、更なる快感を求めボディペイントを一新することを決め、2023年12月に坂本さん曰く「ザクのグリーン」にオールペン。

 

それでも、まだまだ快感に飢える坂本さん。「リアにインパクトが欲しい」と、ジェットシティにSEMAショーでも絶賛されたワンオフオリジナルマフラーの制作を依頼。実はこのマフラーが完成したのが、2023年X5ファイナルの前日。マフラーを装着した姿は、坂本さんも会場で初めて見たとか。その迫力ある姿、そしてアワードを獲得した嬉しさもあって、フェリーに乗って福岡に帰る予定をキャンセルし、大阪~福岡を自走で帰宅。見られることが本当に大好きな坂本さんである。

フロントはZL1バンパーを移植し、リアはGTウイングを加工して取り付け。ボディは黒・赤の幾何学グラデーションから、2年前に坂本さん曰く「ザクのグリーン」にオールペン。因みに、坂本さんは日常の買い物や通勤もこのカマロを使用している。

「もっとリアにインパクトが欲しい」とカスタムを模索したなかで、絶対に欲しいと思ったのがジェットシティオリジナルのワンオフマフラー。SEMAショー出展のマスタングにも同様のワンオフマフラーが装着され、海外からも制作の問い合わせがある芸術的なマフラーだ。ただ「今度はリアのインパクトが強すぎて、フロントが弱い気が…」と、坂本さんのカスタム欲は止まらない。

KRZエアサスを組み、ホイールはサビーニ・BM15・22インチをインストール。ブレーキもKRZキャリパー(F8・R6ポッド)で強化する。


OWNER 坂本さん


SpecialThanks:ASJ
TEL:092-410-3668


JET CITY
TEL:082-820-0377
https://jetcity-motoring.com


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2024年6月号掲載


関連記事

RELATED


学生時代に黄色いバンブルビーの活躍を見てカマロに憧れた

「自分みたいなアメ車初心者が行っても大丈夫?」。敷居が高いと思い、行くことを躊躇していたジェットシティ。だが勇気をもって訪れたショップは、とてもフレンドリー。徐々にカスタムにも目覚め、パーツオーダーして意気揚々な矢先、オーナーさんに悲劇が訪れる。

カスタムだけでは留まらないジェットシティのカマロ愛

広島のジェットシティが得意とするのがシボレー・カマロ。個性的なカスタムばかりにスポットが浴びるが、高度なレストア技術も見逃せない。本国に密かに69カマロをストックしており、新車同然の状態に仕上げることも可能。

カマロの“ プロ” によって、本当に自慢できる姿へ変貌

CHEVROLET CAMARO

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

街で見かけたカマロに心奪われ、初めてのアメ車デビュー!

ジーエム祭
2013 CHEVROLET CAMARO RS

 

最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/05/24

基本的にはノーマルのグランドチェロキーであるが細部で個性を主張する!

SUV

ジープ

2016 JEEP GRAND CHEROKEE