カスタムだけでは留まらないジェットシティのカマロ愛

クーペ

ビンテージ

シボレー

AMERICAN VINTAGE

カマロ

ジェットシティ

広島県

アメマガ2023年4月号

広島のジェットシティが得意とするのがシボレー・カマロ。個性的なカスタムばかりにスポットが浴びるが、高度なレストア技術も見逃せない。本国に密かに69カマロをストックしており、新車同然の状態に仕上げることも可能。

AMERICAN VINTAGE


カマロに精通するジェット新品パーツの入手も可能

'69 CHEVROLET CAMARO SS

アメリカのSEMAショーに、日本の匠の技術を注入したマスタングを持ち込んだことから、マスタングカスタムのイメージが強くなった広島のジェットシティ。しかし、代表がアメ車の道に進むキッカケとなったのが3rdカマロと言うように、創業当時からシボレー・カマロは特別な存在。これまで第5・6世代のカマロをベースにカスタムを施したモデルは数知れず、コロナの影響で頓挫してしまったが、当初SEMAショーデビューはカマロが最有力だった。

とはいえ、そうしたショップのカマロ愛は、どうしても個性的なカスタムで話題を呼びスポットを浴びやすい。だがジェットシティでは、初代カマロをコツコツとストック状態に仕上げるレストアも行なっている。そのレストア技術は広島でも指折りで、他店からの依頼で国産旧車のレストアも行なっているほど。

仕上がったのは、69年型カマロ・SS。67年に登場した初代カマロは、先立って登場したマスタングの成功に刺激されたシボレーが、満を持して送り込んだモデル。ファイヤーバードと同じFボディフレームを採用し、マスタング同様にボディは2ドアクーペとコンバーチブルのみとし、パーソナルユースを前面に押し出した、スペシャリティスポーツモデルとして販売された。グレードはZ28、SS、RSの3種類。SSには、396(6.5ℓ)エンジンという強力ビッグブロックを搭載したモデルもあるなど、パフォーマンス性ではライバルマスタングを凌駕。

なお、今回のモデルは327(5.4ℓ)V8を搭載。68年にはマイナーチェンジがされ、フェイスチェンジや三角窓の廃止。69年型でも再びマイナーチェンジがされ、全長・全幅の拡大、グリル、ボディプレスライン変更や、フェンダーアーチが半円形の弧型からやや水平に変更された。翌70年には第二世代カマロと移ることで、洗練された69年型の人気は日本やアメリカでも非常に高い。

実はこのカマロ、厳密に言えばジェットシティでフルレストアされたものではなく、「今すぐ69カマロが欲しい」というユーザーのオーダーにより、国内でフレームオフでレストア中の車両を仕入れ、同ショップでエンジン調整や足回りなどを仕上げたもの。

そして驚くことに、「納期に余裕があれば、アメリカにストックする69を持ってきたんですが…」と、アメリカの協力店に69カマロが2台ストックされていると言う。それは、代表がアメリカ滞在中に保有するオーナーと直接交渉して手に入れたものだとか。これはつまり、今後「69カマロが欲しい」と言うオーナーに対し、すぐに車両を手配できることを意味する。新品パーツを入手するルートもあるため、69カマロの車体、新品パーツ、レストア技術が揃うジェットシティで検討しない手はないだろう。

ファーストカマロのなかでも、ボディラインがブラッシュアップされた69年型を求めるユーザーは多い。ボディが大きくなり、グリル、ボディサイドのプレスライン変更、フェンダーアーチの丸みがやや直線的になっているのが69年型の特徴。

パネル類に大きなダメージもなく、シートやルーフ、フロアカーペットまでも張り替えられ美しい状態を見せる。カマロはアメリカを代表するモデルだけに、ネジ1本から新品パーツは未だ販売され、新車同然に仕上げることが可能。そうしたパーツを、ジェットシティでは独自のルートによって取り寄せることができる。

SS(スーパースポーツ)の基本エンジンタイプはV8・350(5.7ℓ)と396(6.5 ℓ)。ただし69 年型は11 種類のエンジンタイプを選ぶことができ、今回のモデルは327(5.4 ℓ)。冷却系・点火系など強化され、ストック以上に安定したパフォーマンスを発揮。


THANKS:JETCITY
TEL:082-820-0377
http://carshop-jetcity.com


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2023年4月号掲載

関連記事

RELATED


カジュアルか、アダルトな路線か、カーズなら欲しいクルマがある!【東海カーズ】

色々なアメ車を乗り尽くした人も、これからアメ車に乗ろうと思う人も、やっぱり気になるのは現代車にはない味があるビンテージアメリカン。でも、比べられるほど台数はないし、お気に入りのクルマを待っているうちに価格は絶賛高騰中!でも愛知の東海カーズなら驚くほど多くの在庫があるので、見比べて選ぶことが可能だ!

【C2コルベット】斬新で独創的なフォルムは半世紀の時を経ても色褪せない

1963年モデルから1967年までのわずか5年間のみリリースされたコルベットC2。スティングレイ(アカエイ)のサブネームが採用され、当時のアメ車とは一線を画す近未来的で独創的なボディラインは、アグレッシブな中に精巧で繊細な芸術的な印象すらもたらす。そのオリジナルの個性を可能な限り後世に残した個体がココに!

カマロの“ プロ” によって、本当に自慢できる姿へ変貌

CHEVROLET CAMARO

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。

 

最新記事


2024/05/25

満を持してコルベットに搭載されたハイブリッド型全輪駆動のeAWD

クーペ

シボレー

新車インプレッション

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/05/23

フルリノベーションでスクールバスを第二の部屋に

バン

内装ドンガラ状態のスクールバスを手に入れ、1年半の月日をかけてコツコツと仕上げたオリジナルキャンパーバス。そこには市販車じゃ不可能な3兄弟が快適に寛げるギミックが満載! まるで動く子供部屋!!