原点回帰!初代マスタングを色濃く感じさせるデティール

クーペ

フォード

アメマガ2024年6月号

マスタング

マスタングGT プレミアム

バーニーズ

三重県

乗って楽しいマスタング

製造から12年の時を経た2012 年型マスタングGTプレミアム。当時ディーラー車として販売されていた個体が一周して魅力倍増!クラシックなテイストでありつつモダンな雰囲気とは裏腹に、V8エンジンのトルクフルな走りなど、その魅力と真相に迫る。

乗って楽しいマスタング


懐かしさと新しさを絶妙に融合させたモデル!

'12 FORD MUSTANG GT PREMIUM

マッスルカーを始め、SUVにビンテージカーなど、数多くのアメ車を取り扱う三重県津市のバーニーズ。昭和32年の創業から半世紀以上に渡る経験値と実績からくる説得力は、目を見張るものがある。そんな同社が自信を持ってオススメしたい個体が紹介する2012年型マスタング。しかもV8搭載のGTプレミアムだ。

このマスタングがリリースされた当時は“原点回帰”というフレーズが誌面を賑わせ、ダッジ・チャレンジャーやシボレー・カマロもまた、マスタングの流れを汲んだ60年代、70年代の流れを汲んだ往年のアメ車らしさを感じさせるデザインでリリースされたことが記憶に新しい。しかし現在はエコブーストやダウンサイジングエンジンが主流となり、V8を搭載する良い意味で荒々しさを感じさせるアメ車は残念ながら減少傾向。

12支一周と言えばそこまで大昔ではないものの、この12年間で確実にアメ車は進化し、アップデートしていったと言っても過言ではない。旧車道楽に徹するアメ車フリークたちにとっては、2012年型なんてほとんど現行モデルみたいなものかもしれないが、20代の若者やアメ車ビギナーにとってみれば、むしろネオクラシックな位置づけと言っていいレベル。

この個体はボーラマフラーの図太いV8サウンドを轟かせ、レイズの20インチでコーディネートされたボトムスも粋! 古さを感じさせず、まだまだ新しいのに懐かしさに浸れる名車としてぜひお勧めしたい一台だ。

当時のV8モデルといえばグリル部分にあしらわれた大きなフォグランプ。V6モデルでもこの顔にして乗りたくなるほど人気を博した。

5.0ℓのV8エンジンを搭載し、6速ATで操るフィーリングは10速も珍しくなくなった現行車両にはない“アメ車らしさ” が色濃く感じられる。

過剰なカスタムは施していないものの、RAYS20インチの同色リムを合わせたボトムスはクール。ブレンボブレーキシステムで制動力も申し分なし!

黒いボディにキャメルレザーのコントラストが素敵なマスタングのインテリア。シルバーを基調としたコックピットの雰囲気も、シンプルな中に当時らしいレトロなイメージを絶妙に感じさせてくれる。


THANKS:バーニーズ
TEL:059-227-6365
http://bernese.co.jp/


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2024年6月号掲載


関連記事

RELATED


2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

左ハンドルのマニュアルを巧みに操るのが夢だった【1970 FORD MUSTANG MACH1】

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

精悍なルックスの69年型マスタング、最初のマック1はコイツから

ハイパフォーマンスカーならではの精悍なスタイリングの美しさと、エコノミーカーにも通じるフレンドリーな扱いやすさを兼ね備えるマスタング史上最もバランスの良い初代マック1。このカッコ良さはライバルたちを黙らせる!

 

最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/05/24

基本的にはノーマルのグランドチェロキーであるが細部で個性を主張する!

SUV

ジープ

2016 JEEP GRAND CHEROKEE