兄弟車も含めて豊富な選択肢がある GMの定番フルサイズトラック シボレーシルバラード

ピックアップトラック

シボレー

アメマガ2018年3月号

シルバラード

American Cars Best20

シルバラードについて語るなら、兄弟車のGMCシエラおよびシエラ・デナーリについても同様である。合わせると無数と言ってもよいほどの選択肢がある。


シボレーシルバラード 1999y-

American Cars Best20 

ここではシボレーブランドのフルサイズトラック「シルバラード」をテーマとするが、シルバラードについて語るなら、兄弟車のGMCシエラおよびシエラ・デナーリについても同様である。合わせると無数と言ってもよいほどの選択肢がある。

2017 Chevrolet Silverado 1500 LTZ Z71

2017 Chevrolet Silverado 1500

2017 Chevrolet Silverado 1500 High Country

2017 Chevrolet Silverado 1500 High Country

2017 GMC Sierra 2500HD

シルバラードはシボレーブランドのフルサイズピックアップトラックで1999年モデルでデビューしたが、その前のC/Kシリーズ、3100シリーズとさかのぼっていくと、その源流は1918年にたどりつく。アメリカの自動車の黎明期でもある。そこまでの長い歴史を持つのがアメリカン・ピックアップトラックであり、それだけアメリカ人の日常に欠かせないものなのである。

シルバラードは前世代にあたるC/Kシリーズからの流れにあるもので、C/Kシリーズで確立したフロントマスクの特徴であるツーポートグリル(センターバーによって上下に2分割されたデザインのラジエーターグリル)を今も守っている。このツーポートグリルは、アストロやエクスプレスにも採用され、シボレーブランドのトラック全体の顔でもある。シルバラードの現行モデルは2014年モデルからの第三世代である。

1500、2500、3500という積載量による分類はC/Kの時代から変わっていないが、2500以上には「HD(ヘビーデューティ)」と付けられており、日常的な使用をターゲットとして設計された1500とはシャシーの設計から異なる、よりヘビーな用途にも耐えられるものになっていることをアピールしている。ピックアップトラックの用途としては、リアデッキに積載物を積んで運ぶほかに、トレーラーを牽引するヘッドとしての役割も求められる。

そのため、トラックの性能の重要な項目のひとつとして牽引重量がカタログに記載されており、各メーカーともこの数値の優秀さを競っている。そのために大排気量エンジンを搭載したり、より大きなトラクションを得るために左右に2本ずつのタイヤを装着するデューリーと呼ばれる仕様が用意されたりしているのだ。こうしたさまざまな用途に対応するため、アメリカン・ピックアップトラックには考えられる限り多くの選択肢が用意されているのが特徴で、オプションの類まで含めると、それこそ無数とも言えるバリエーションを持っている。

これはもちろんシルバラードも同様だ。それに加えてシボレーに限らずGM全体で考えると、GMCブランドにシルバラードの兄弟車としてシエラおよびシエラ・デナーリがある。シエラはシルバラードの上級バージョンとして位置づけられており、装備もより充実している。シエラ・デナーリはそのさらに上級バージョンであり、GMピックアップトラックモデルの最上級車種とされている。ここまで前提としてきた実用用途の他に、単にオフロードを走って楽しむユーザーもアメリカ国内では一大マーケットとなっており、そのための仕様も存在する。

このオフロード走行に対するユーザーの要求は近年特に高まる傾向にあって、フォードF-150のラプターやラム1500のレベルなどはまさにそこをターゲットにしたものである。今のところGMのピックアップトラックにはそれに対応するバリエーションがないが、それに近い仕様としてGMCシエラには「オールテレーンX」が用意されている。ラプターやレベルのようにフロントマスクデザインまで変えるような突き抜けた存在ではないが、オフロードトレンドに乗ったものであるのは間違いない。さらなるオフロード仕様のリリースは果たしてあるのか。

2017 Chevrolet Silverado 2500HD 2017 Chevrolet Silverado 3500HD 2017 GMC Sierra 1500 2017 GMC Sierra Denali 1500 2017 GMC Sierra Denali 2500HD 2017 GMC Sierra Denali 3500HD

2017 Chevrolet Silverado LTZ Specifications
全長 5843㎜
全幅 2032㎜
全高 1879㎜
ホイールベース 3645㎜
トレッド 前 1750㎜/後 1717㎜
重量 2404kg
エンジンタイプ V8 OHV
総排気量 5.3?
内径×行程 96.5㎜× 91.4㎜
圧縮比 11.0 : 1
最高出力 355hp/ 5600rpm
最大トルク 52.9kg-m / 4100rpm
燃料供給装置 直噴インジェクション
変速機 6AT
EPA燃費 市街地6.8㎞ /?/高速9.35㎞ /?
サスペンション前 ショートロングアーム・コイルスプリング
サスペンション後 リジッド・リーフスプリング
ブレーキ前 ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後 ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ前後 P265/65R18

CHEVROLET C/K(シボレーC/K)

2nd Generation 1967-72

1967y

この時期はC-10、K-10と呼ばれており、積載量に応じて20、30と数字が変わった。ちなみにGMCのトラックはこの時期からC-1500、K-1500だった。この世代をベースとして、フルサイズSUVのシボレー・ブレイザーおよびGMCジミーの初代モデルが生まれた。

3rd Generation 1973-87

1976y

C/K シリーズでもっともモデルレンジが長かったのがこの世代で、C-10と言われてイメージするのはこの形だという人が日本では多い。今もこの世代のファンは多く、クラシックなアメ車が集まるカーショーではその姿を普通に目にすることができる。

4th Generation 1988-99

1999y

CHEVROLET SILVERADO(シボレーシルバラード)

この世代になるとシボレーのC/K もC-1500、K-1500 と呼ばれるようになる。日本で一番多く売れたシボレーのピックアップトラックはこの型で、とくにローダウンしたC-1500は売れに売れ、「C-1500」ブームと言われた時期が日本には確かにあった。

1st Generation 1999-2002

1999y

日本でも大人気を博したC-1500の後を受けて登場した最初のシルバラード。C/Kのツーポートグリルをそのままなぞって少し曲面的にしたようなフロントマスクを採用した。より現代的なデザインにはなったものの、日本への輸入量はC-1500ほどではない。

1st Generation 2003-06

2004y

よりSUVライクなピックアップトラックとして2001年モデルでデビューしたアバランチが採用した「怒り目」のツーポートグリルが、シルバラードのフェイスリフトで採用された。この怒り目はエクスプレスにも採用されたが、タホ/サバーバンでは未採用。

2nd Generation 2007-13

2010y

第二世代のシルバラードは、よりボリューミーなフロントマスクとなって登場。この型のシルバラードは2010年に日本への正規輸入が三井物産オートモーティブにより実現した。アメ車のフルサイズピックアップトラックとしては初めての正規輸入だった。

CUSTOMIZED MODELS

リフトアップ系

全長5mを大きく超えるフルサイズピックアップトラックだけに、リフトアップは定番のカスタマイズ手法となる。さまざまなディテールに流行の流れはあっても、大きなトラックをもっと大きく見せるリフトアップは、今後も引き続き支持されていくはずだ。上のようにガルウイングドアまで上げると、一番上まで何メートル?という感じになるが、そこがリフトアップの醍醐味である。

2012-8 2016-12-1 2011-11-2 2014-04_

ローダウン系

ローダウンカスタムは、リフトアップとはまた違った迫力をフルサイズピックアップトラックに与えることができる手法だ。エアサスの発達によって、走行性能は確保したうえで、停車時の車高を極限まで下げることができるようになったのもローダウンを支持する層の厚みにつながっている。さらに大径のホイールをどう見せるかにもさまざまなアイデアが発揮できる。

2011-11-1 2015-05 2012-01 2013-09

日本でシボレーのピックアップトラックというとC-1500にとどめを刺す。それに次ぐ存在としてはその前の世代のC-10があげられるが、その他のモデルは実は大きな話題にはなっていない。C-1500は1990年代に大量に日本に輸入された。非常用の後席を備えたエクステンドキャブをベースとして、外装はホワイトまたはブラックにオールペンされ、ローダウンが施され、ボイドのビレットホイールが装着されていた。

搭載エンジンは5.7?V8だったが、自動車税の安い8ナンバーとして登録されていた。そうしたほぼ同じ仕様のC-1500が店頭にズラリと並べられ、割安感のある価格設定も理由となり、それらがドンドン売れていった。間違いなくアメ車の一大ブームだったが、中でも突出していたのがC-1500、カプリス、アストロであり、当時は「カプリス、C-1500ブーム」と真面目に語られたのだ。当時のC-1500は、まさしくデカくて、うるさくて、燃費の悪いアメ車だった。

しかしそんなことは気にしない人たちが乗っていた。むしろ一般にはデメリットとして語られるそれらを誇りに思って自慢してさえいた。それでもそんなC-1500に乗るのがカッコ良い時代だったのだ。一方、現在のシルバラードは当時のC-1500と比べるとクルマとして長足の進歩を遂げており、速いし快適だし燃費も良い。C-1500に似たイメージの現行モデルで巻き返しなるか。


http://www.chevrolet.com
■Text|アメ車MAGAZINE
アメ車マガジン 2018年3月号掲載


関連記事

RELATED


【SUVブームを牽引する存在】シボレータホとシボレーサバーバンが魅せるGMの兄弟車

タフなフルサイズSUVの魅力!シボレー・タホとサバーバンの特徴を解説。共通のシャシーや部品を持ちながら、サイズの違いで荷室スペースに差が!さらに、GMCユーコンやキャデラックエスカレードとの比較や、最新モデルはアバンギャルドなデザインについてもフォーカス。
American Cars Best20 
CHEVROLET TAHOE/SUBURBAN(シボレータホ/サバーバン)1953-82y, 84y-

【脱・ダッジ】RAM 1500が「ラム」ブランドの新たなアイデンティティを追求する!

RAM1500の進化を追う。ダッジから独自ブランドへ移行したフルサイズピックアップトラックのアイデンティティの変化を紐解く。クライスラーの歴史を背景に、RAM1500のフロントマスクデザインの進化を解説。独自のブランドアイデンティティの確立と未来の方向性に注目!
American Cars Best 20
RAM 1500(ラム1500)1981y-

【日本で一番売れたアメ車】シボレーアストロ/GMCサファリが根強い人気の真髄とは?

80年代の名車、シボレー・アストロとGMCサファリの魅力を解説。日本にミニバンの概念を広め、日本車の基礎を築いた存在を語る。絶版にも関わらず、愛され続ける車として多くの人に支持され、、アメリカでの人気も高く、ハイルーフ改造車としても注目を集めたシボレー・アストロとGMCサファリの魅力を紹介していこう。
American Cars Best20 CHEVROLET ASTRO(シボレーアストロ)GMC SAFARI(GMCサファリ) 1985y-

【シボレーエクスプレス/GMCサバナ】アメリカン・オリジナルのフルサイズバン

American Cars Best20
CHEVROLET EXPRESS(シボレーエクスプレス) GMC SAVANA(GMCサバナ)1996y-

愛車はカスタムトラックのシルバラード。「アイランドスタイルを極めたい」と、目を輝かせる。

アメマガではアメ車に乗る『#アメ車女子』たちを事あるごとに応援しているが、今回も2017年に引き続いてアメマガガールスペシャルを展開。アメ車に乗るステキな女性たちをドど~んと紹介しちゃいます!!

#アメ車女子のライフスタイル 06
ハワイに寄せていきたいアイランドスタイル

 

最新記事


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

ランキング


2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger