アメリカントラックでドリフト参戦 走る楽しさをもっと味わおうぜ!

イベントレポート

RAM1500

DODGE

茂原ツインサーキット

ジャパンレーストラックトレンド

シボレー

ラム1500

千葉県

C1500

ドリフト

JAPAN RACETRUCK TRENDS

ダッジ

DRIFT

CHEVROLET

「走る楽しさ」を多くのオーナーに体感して欲しいとして、様々な走行会に参戦している。今回はアメリカントラックの2台でドリフト参戦だ!


デュランゴ企画はお休みで、レーストラックと楽しい遊びに参加

KOGA0010

愛車の成長していく過程を楽しむことが「チューニングの醍醐味」と語るレーストラック高橋氏。「走る楽しさ」を多くのオーナーに体感して欲しいとして、様々な走行会に参戦している。今回はアメリカントラックの2台でドリフト参戦だ!

80台の参加でアメ車はこの2台だけ

ドリフト参戦するクルマはこの2台!

KOGA0290

「最高速を伸ばしたいとか、街乗りで気持ちよく走りたいとか、チューニングを施すオーナーも増えてきたけど、違ったジャンルの『走る楽しさ』にも興味を持って欲しいよね。アメ車が壊れやすいという都市伝説も覆したいし、手入れさえすれば日本車よりもタフなクルマだから、可能性はまだまだあるよ」と語るのは、レーストラック代表の高橋氏。

536

同氏は、アメリカのデザートレースを始め、様々なジャンルのレースシーンに参戦経歴を持ち、走る楽しさを誰よりも経験していることが、チューナーとしての礎となっている。そんな高橋氏が、我々アメ車乗りに、もっと積極的に走りを楽しむ場に足を踏み入れて欲しいとして、オーナーと様々な走行会に参加している。

KOGA0242

その中でも異種格闘技戦ともいえるジャンルがドリフトだ。ドリフトといえば、ワイルドスピードなどカーアクション映画で、リアタイヤを滑らせながらコーナーに進入してクルマを立て直すシーンを思い浮かべる人が多いハズ。日本は漫画やドリフト競技会「D1」の影響で、世界でもドリフトが盛んな地域。

ただ、使用されるクルマはほとんどが日本車。数少ないアメ車も、D1に登場する完全武装のレースモデルであり、アメ車と言われても、どこか浮世離れした印象。だからこそ、アメ車でドリフトは映画の世界だけの話として、中々認知されてこなかった。そうした状況を打破しようと、果敢にもアメ車でドリフトに参戦しているのがレーストラックという訳だ。

参戦のテーマは、あくまでも一般走行レベルの装備で走ること。参加モデルは、ラムとC1500。足回りこそ強化チューンしているが、ドリフト特化ではなく、街乗りでの実用的なチューン。結果ウンヌンより、一番はコースで走りを楽しむこと。アメ車でドリフト、今後注目です!

DODGE RAM1500

KOGA0081

日本車で数々のドリフト走行会に参加経験のある森久保さんが、トランスポーター用として購入したダッジ・ラム。試乗時にアクセル全開にしたらケツが流れるパワーを体感し、高橋氏にも「ラムでドリフトやったら英雄になれる」と感化され、ラムでドリフト参戦を決意。

へダース、ラムエア、排気切り替え弁付きマフラー、ヘビーデューティーLSD、リミットストラップ(などでチューニング。車高はフロント4、リア6インチダウン。フロントリップやサイドスカートはアルミ板でDIY製作。

KOGA0410  

CHEVROLET C1500

KOGA0079

レーストラックが誇る「最強の代車」C1500。子供たちからは、カーズと呼ばれる。V6エンジンでベンチシートと、ドリフトにはデメリットな仕様だが、森久保さんのテクニックとレーストラックの味付けにより見事ドリフトを披露。今回のためにリミットストラップを加えて、リアの跳ね上がりを制限する。

KOGA0062

KOGA0061

ラムとC1500でのドリフト参戦は、今回が初めてではなく過去数回。その経験を踏まえて、今回は各車仕様を変更して挑むことになった。2台ともドライバーは森久保さんが兼ねる。

会場で多くの参加者から声を掛けられるなど、この走行会では森久保さんは常連さんだ。日本車が多いドリフト業界に、アメ車ピックアップトラックで参戦する圧巻な姿が目に止まり、業界専門誌「ドリフト天国」でもこの2台は特集されている。

KOGA0133

KOGA0208

AM3I0182

オートマ&フットパーキングブレーキでもドリフト可能な秘技教えます!

KOGA0145

森久保さんに、オートマ&フットパーキングブレーキ車でもドリフトできるポイントを教えてもらったぞ。ハンドル操作など細かい技術は中々説明が難しいが、基本的にオートマ車は2速固定。フットパーキングブレーキは、解除レバーに煙草の箱を挟みフリー状態にしてブレーキ操作。あとは恐れずアクセルを踏むこと!

KOGA0157

リアが軽くパワーのあるラムは、進入速度も速いままドリフトを披露。ひと際車体が大きいラムがコーナーを流れる姿は、会場でも大きな歓声が上がっていた。タイヤの消耗がその凄さを物語る。

18

KOGA0424


  アメ車マガジン公式フェイスブックに走行動画がアップされているぞ!その①
アメ車マガジン公式フェイスブックに走行動画がアップされているぞ!その②  

68

689

さすがの森久保さんもV6のパワー不足を感じていたが、ベンチシートでホールド出来ない体勢で踏ん張る姿はアッパレ!

669

KOGA0188

AM3I0167

KOGA0051

千葉県の茂原ツインサーキットで開催されたドリフト走行会。約80台の参加車の中で、アメ車はラムとC1500の2台だけ。本気仕様の車両も多く、さすがな走りっぷりを見せていた。一方で、初心者体験などもあるので気軽に参加できそう。読者のみんなでドリフト参戦してみる?

KOGA0171

KOGA0282

KOGA0266


JAPAN RACETRUCK TRENDS【ジャパンレーストラックトレンド】
東京都江戸川区松江7-20-12
TEL:03-5661-3836 
FAX:03-5661-3837
営業:10~21時 
定休日:日曜日
広大なファクトリーには、ランボルギーニなどのスーパーカーからアメ車ビンテージなど様々なモデルがチューン&メンテでピットイン。豊富な知識と経験を持つ高橋代表は、アメマガ創刊時からメンテナンスの指南役として解説を行なっている。得意のチューニングは、愛車がレベルアップしていく過程をオーナーが楽しむことを大事にしている。


■Text & Photos|アメ車MAGAZINE
アメ車マガジン 2018年 7月号掲載


関連記事

RELATED


天気良好! 視界良好!! 気分も良好!!! オーナーならマストなシボレーC/Kの宴【C/Kキャンプ Vol.3 in 柏崎】

2017年で3回目となるC/Kシリーズのみによるキャンプミーティング「C/K CAMP」。2017年もこの日を待ちわびていたC/K乗りが新潟県・西山自然体験施設ゆうぎに大挙押し寄せた。さあ、宴の始まりだ!!

【ニュー・ダッジ・チャレンジャーズ】結束を深める秋の全国オフ開催!

今年に限らずここ数年、アメ車の中でダッジ・チャレンジャーの人気が郡を抜く。SNSを中心に交友を深め、定期的にオフ会を開催するニュー・ダッジ・チャレンジャーズだ。

富士山麗のナイスロケーションをチャレンジャーがジャック!

今回で二度目となるクレイジーチャレンジャーズ主催のダッジチャレンジャーオンリーミーティング。カリッカリにカスタムされた総勢38台のチャレンジャー達が富士山麗の牧場芝生に大集合!

オールペンの前にやるべきこと、車検+点検整備がありました【デュランゴの挑戦 Vol.75】

今回は時間もないし、サクッと車検を通すだけにしてオールペン作業に入ろうかしら。そんな安易な考えを、ハッキリと「それはダメ」と答えたのが、主治医であるレーストラックの高橋さん。

GM・FORD・RAMの最新動向は?今注目のHOT MODELが大集結 2018年はトラックに乗る!

2018年 世界のトラック市場GM・FORD・RAMの最新動向は?日本と欧州もトラック市場に参戦!?続々モデルチェンジが発表され益々面白くなりそうな予感!!

 

最新記事


2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。