比類なきモンスター・ピックアップトラック シボレー C-10【WOT'S】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

ワッツ

C-10

レストア

アメリカンビンテージvol.01

レストモッド


1966y Chevrolet C-10

全体的なスタイルはあくまでも60'sのオリジナルの雰囲気そのままに、インテリアや機関系には最新のアイテムをインストールするレストモッドスタイルに仕上げられた1966y Chevrolet C-10。大人しめのルックスを見せながら、ひとたびアクセルを踏み込めばタイヤスモークを上げながら比類なき走りを楽しむことができるモンスターピックアップなのだ。

C-10のクラシカルな雰囲気を残しつつ現代車として気持ちよく走れるように最先端の技術をしっとりと融合させる!

艶やかなレッドとホワイトの2トーンボディが目に眩しい1966 Chevrolet C-10を仕上げたのは、北九州市でGM系のクルマをメインに輸入&販売やメンテナンス、カスタマイズを行なっているWOT'Sだ。

WOT'Sではエラー診断にテスターが必要となるレイトモデルから、ビンテージの域に達する年代物のクルマまで様々なメンテナンスに対応。また、アメリカ車のみならずカスタムサイクルやキャンピングカーなど、取り扱い車種も多岐にわたっている。さらに、アメリカにいる現地スタッフが実際に見て探し出した希少車を輸入することも得意分野のひとつであり、今回ココで紹介するChevrolet C-10もそんな1台といっていい存在なのだ。もし、探しているけど見つけることができないというクルマがあるなら、一度WOT'Sに相談してみるといいだろう。

1966年モデルのChevrolet C-10といえば、ラインオフされてからもう間もなく50年。クラシックカーといっていい存在だ。日本でアメ車がブームになっていた十数年前こそこのフロントマスクを見かける機会があったが、今では国内のカーショーに出向いてもなかなかこの年代のChevrolet C-10に出会えることはなくなってきた。

そんな希少&貴重なChevrolet C-10をベースにフルレストアを施し、デイリードライブも可能なレストモッドスタイルへと仕上げられているのがこの個体なのだ。

まず注目したいのはこの個体のコンディション。フルレストアを施したとはいえ、しっかりとしたベースを探し出さないことにはココまで仕上げるのはかなり骨が折れる作業となるのは間違いないだろう。

ドアのチリもしっかりと合っているストレートなボディに装着された輝きを放つバンパーやフロントグリル、モール類、ベッドに貼られたウッド&レールも荷物を載せるのがもったいなく思えてしまうほど美しい。そして、フレームや下まわりなども細部にわたり綺麗な仕上がりを見せている。そして、フレームや下まわりなども細部にわたり綺麗な仕上がりを見せている。

そして、このボディ&シャシーに負けない走りを生み出すために用意されたのが、5.7ℓ・V8のLT-1エンジンだ。このエンジンはアメリカを代表するスポーツカーCorvetteから移植されたものでそのパフォーマンスは言わずもがな。高速道路のファストレーンをキープしながらの軽快な走りはもちろんのこと、ひとたびアクセルをグッと踏み込めば背中にGを感じる胸のすくような加速を楽しむことができるスペックを持っているのだ。

ピックアップだからといって侮る無かれ、まさに羊の皮を被った狼…といった表現がしっくりと来る。それでいてエアーコンディショナーやオーディオなども備わる快適仕様なのだから言うことなし。さらに、LT-1が収まっているエンジンルームのレイアウトも、ショーカーとして通用する美しい仕上がりを見せている。美しいエンジンルームは時が経つのも忘れて思わず見入ってしまう…。

エンジンは、LT-1に換装。ラジエターは大容量タイプに変更し、オイルキャッチタンクも追加。ガソリンタンクは、シートバックにセットされるオリジナルのタンク位置では燃料ポンプの作動音が気になるので、静粛性を狙ってガソリンタンクそのものをベッド下に移設。これらのカスタムにより低重心化が図られ、ドライビングフィールはスポーティなものとなった。

一方、インテリアはチョッピリ懐かしい言葉を使わせてもらえば〝HI-TECH〟な仕上がり。シートはレイトモデルのベンチシートに換装され、インストルメントパネルに収まるメーター類は近未来的な雰囲気が楽しめる総デジタル化仕様。

サイドブレーキペダルやアクセル&ブレーキペダルにはビレットパーツが使われている。かなり大掛かりな手が入ってはいるものの、このピックアップの持つ雰囲気がスポイルされていないところがポイントで、どことなくクラシカルな香りを感じることができる。

いくらデイリードライブが可能になるとはいえ、雰囲気がガラリと変わってしまってはドライブする楽しみも半減してしまうというもの。せっかくこのあたりの年代のクルマを転がすなら"当時の雰囲気をそのままに"ドライブを楽しみたい。そんなクラシックアメリカンを探している方にはまさにピッタリのピックアップといえるだろう。

個人的にはマイルドにロワリングされたボディに合わされた、オリジナルハブキャップ付きのホイールもかなり惹かれるスタイリングだ。


取材協力:WOT'S
HP:http://www.wots.co.jp/


Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine
アメリカンカンビンテージ vol.01


最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。