アメリカを代表するピックアップトラック、シボレーC-10の2代目モデル【TDO MOTORING 1969y Chevrolet C-10】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アメリカンビンテージvol.01

B&Mメガシフター

ローダウン

TDOモータリング

C-10

岐阜県

ピックアップトラックはアメ車らしさを満載しているが、現代的なピックアップは高級感が強すぎて無骨に使うイメージがない。しかしクラシックなら程よく力が抜けた感じがあって、例えばレジャーのアシにもピッタリの存在だ。


無骨に味わうベストヒット・ピックアップトラック

1969y Chevrolet C-10

ピックアップトラックはアメ車らしさを満載しているが、現代的なピックアップは高級感が強すぎて無骨に使うイメージがない。しかしクラシックなら程よく力が抜けた感じがあって、例えばレジャーのアシにもピッタリの存在だ。

 

アメリカを代表するピックアップトラック、C-10の2代目モデル(1967~1972年)は、今でもたまに良質な掘り出し物が見つかる、クラシックアメリカン好きにとって見逃せないモデルである。この1台もそんな“お宝”のひとつだ。

 

エンジンやボディなど、クルマの基幹部分はオリジナルを残しつつ、カリフォルニアルックなカスタムペイントが施されており、突き抜けるような開放感を持ったスタイルになっている。それでいて日本の道路事情では気になるエアコンは新品のビンテージエアー製が装着され、またシートや内装は張り替えられており快適性は上々。現代的なアルミラジエターも装着し、冷却系の安定性も高くキープできる。

 

こうしたピックアップトラックは、いかにクラシックと言えどもガンガン使ってこそカッコ良い。例えばサーフィンに、あるいはバイクや自転車を積んだレジャーにと、活躍の幅は普通のクルマとは比べ物にならない可能性を秘めている。海に山にと行きたいところに連れて行ってくれるC-10は、そう使われることを想定して作られたクルマだ。いくら走ってもヘタリを感じさせない頑丈なボディとエンジンは、そのために与えられたC-10の個性でもある。大事に保管して飾るだけではもったいないのだ。

 

また、前述のようにオリジナルで残すべきところは残しつつも、ローダウンなど近年のセンスが反映されていることにも注目したい。このさりげないカスタムにより海などで絵になることはもちろん、日本の街中でもサマになるのだ。

 

TDOモータリングはクラシックカーのみならず近年のクルマも広く扱い、レストアのみならずカスタムにも定評があるショップだ。アメリカからユニークなクルマを仕入れることも多いため、同店の在庫は時折チェックしてみてほしい。

1969y Chevrolet C-10【TDO MOTORING】

キャルルックなカスタムペイントがボディサイドで目立つ。現在のクルマでは見ることができない鮮やかなブルーは、オリジナルの色でリペイントされたもの(カスタムペイントは除く)。ロングベッドで広大な荷室を持っているため、バイクを載せて運ぶことだってできる。

_B0V1398
_B0V1459
_B0V1432

内装はボディカラーに合わせてブルーのレザーで張り替えられている。シートだけではなく天井部分も新品に張り替えられており、気持ちの良い空間になっている。ベンチシートの室内は開放感のある快適仕様。リア側のガラスはスライド式に開閉可能。

_B0V1427

グローブボックスを開けるとアメリカ時代の落書きが残されており、クラシックカーならではのアジになっている。そのまま残すも良し、ペイントで隠すも良し。

_B0V1373

350立方インチのエンジン。消耗品はすべて交換済みのため、安心して乗ることができる。また、ヴィンテージエアーのエアコンを新たに装着しており、夏場でも快適に過ごせるように配慮がなされている。パワーステアリング、パワーブレーキで走行性能も十分だ。

B0V1414

B&Mメガシフターに換装済みで、インテリアのアクセントとして強い存在感を放つ。3速ATは大容量エンジンをのびやかに使いこなすことができる。

_B0V1482

ローダウンが施されており、アメリカンピックアップらしいスポーティなシルエットに仕上げられている。


問合せ:TDO MOTORING
HP:http://www.tdomotoring.com/
Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine
アメリカンカンビンテージ vol.01

最新記事


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

2024/02/21

アメ車マガジンの表紙を飾ったオーナーが営む神戸のダーツバー【DEAR'S】

ショップ

アメ車で乗り付けてジャンクフードを喰らうのが、アメリカンダイナーの醍醐味。しかしアメ車で乗り付けなくとも、お酒を嗜みながらアメ車話に花を咲かせられることもまた貴重。DEAR`sならそれが叶う!

ランキング


2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2020/10/22

東海カーズのマッスルカーを、華やかに彩る「和テイスト」のデザインワーク

ラッピング&ペイント

AMEMAG RECOMMEND ARTIST
遊鷹-Yutaka-

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】