人と被らないクルマを基準に探した結果コルベットにたどり着く

オープン

シボレー

ボディワーク

コルベットZR1

コルベット

シュバートSC5

BBK

MSD

WORK

「人と被りたくない」「誰よりも格好良くしたい」。
CHEVROLET CORVETTE


一年も経たずにこの仕上がり!一気呵成とはまさにこのこと

「人と被りたくない」「誰よりも格好良くしたい」。アメ車乗りであればこの思いは共通していると思う。大抵はこれを実現するために時間を掛けてメイクしていくのだが、待ってられないとばかりに一気呵成にメイク!!

CHEVROLET CORVETTE(シボレーコルベット)

アメリカを代表するスポーツカーといったら「コルベット」。このクルマに取って代わるモデルは存在しないだけに、憧れを抱く人は数多い。だが、オーナーの石原さんは「コンバーチブルで速く、人と被らないクルマ」を基準に探した結果コルベットにたどり着く。

 

なので羨望の眼差しでっていう感じとは少し違うかもしれない。とはいえ、コルベットに懸ける情熱は誰にも負けておらず、購入して数日も経たずにカスタムに着手。「誰よりも格好良くしたい」という思いはアメ車に乗る者であれば理解できるハズだ。

CHEVROLET CORVETTE リアにカーボンスポイラー

そんな彼のコルベットはブラックを基本に差し色にレッドを使ってコーディネートされているが、細部をくまなく見ていくとありとあらゆるところに手が施されているのが分かる。

 

まずはエクステリアだが、フロントはZR1のリップスポイラーにカナード、サイドスカート、リアにカーボンスポイラーを装着してスポーティ感をさらにアップさせるとともに、ダクトを埋め込んだフードもテイストを盛り上げるポイントの一つ。

このグランドエフェクトによってロワード効果は高まっているが、さらなる低さを追い求めてサスペンションはスタンス・コイルオーバーに換装。ホイールもすでに生産終了となっていたワーク・シュバートSC5をオーダーしてセットするというこだわり様で、実にスポーティなディメンションとなったボディ。

コルベットバックスタイル

このスタイルに見劣りすることのないよう、パフォーマンスにも力を入れ、吸気にはBBKのコールドエアインテークキット、点火系にはMSDのダイレクトイグニッション&プラグ、排気系にはワンオフの等長へダースにクロスパイプ、ボーラのサイレンサーを組み合わせるなど、チューンナップも抜かりない。
購入してまだ一年も経過していないというのにこの仕上がり。まさに一気呵成とはこのこと。だが、まだまだ発展の途中。次なる進化に期待せずにはいられない。

ワーク・シュバートSC5ホイール コルベット

すでに生産終了となっていたワーク・シュバートSC5ホイールだが、オーダーメイドで発注。待ちに待ったが、期待を裏切らないデザインでコルベットにベストマッチ。サスにはスタンスコイルオーバーショックをインストールして、限界ギリギリの低さにセッティング。

ハイパフォーマンスユニット エンジンルーム

ロングノーズの中に収まるハイパフォーマンスユニット。カバー類はエクステリアに使用しているレッドを注入。それにBBKコールドエアインテークキット、MSDダイレクトイグニッション&プラグなどでチューンナップ。さらにワンオフの等長へダースにクロスパイプ、サイレンサーはボーラでまとめたマフラー。そのサウンドはスポーツカーとしての本能を呼び覚ますかのような咆哮で痺れる!!

コルベット ロングノーズ&ショートデッキフロントにはZR1のリップスポイラー&カナード、サイドスカート、カーボン製リアスポイラー

ロングノーズ&ショートデッキでオリジナルのままでも十分過ぎるほどスポーティなコルベットだが、グランドエフェクトを身に纏わせることでそのテイストは飛躍的に高まる。フロントにはZR1のリップスポイラー&カナード、サイドスカート、カーボン製リアスポイラー、フードにはダクトを加工装着して並々ならぬ存在感を際立たせている。

コルベットオーナー
OWNER◆石原慎一さん


関連記事

RELATED


C7コルベットをブラッシュアップさせるマジック!流麗に、そして大胆に!!【WING AUTO】

輸入車の総合ディーラーであり、GMの正規ディーラーである「シボレー名岐」を展開するウイングオートは、魅力的なアメ車を数多く日本全国に配信し続けてきた老舗ショップ。

【WORK ZEAST ST2】研ぎ澄まされた刃の様な妖艶な魅力を漂わせる

アメ車を始め、様々な輸入車を扱うオールインポート。スタイルだけでなく性能も追求したカスタムに定評があるが、同社が絶大な信頼を置くのは、メイド・イン・ジャパンが誇るWORKだ。

大胆メイクでヴィンテージマッスルカーの新境地を開拓! その名は「キャノンボール」CHEVROLET CORVETTE C3【F.A.S.T】

大阪のF.A.S.TとTMオートサービスのコラボによって誕生した次世代カスタムトレンドを担うキャノンボール。ヴィンテージマッスルの定番から大きくかけ離れた、斬新なカスタムに迫る!

ZERO DESIGNのコルベットC8用ボディキット

2020 CHEVROLET CORVETTE

C7カスタムのトレンドREVORIX集結!シボレーコルベット C7【ライオンハート】

車両価格はもちろん、それを乗りこなすライフスタイルなど、乗り手を選ぶコルベットC7。だからこそ、憧れの的。そしてそのC7の究極進化が、レボリックスエアロだ。究極進化の3台が集結するという圧巻の光景を見よ!

 

最新記事


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

ランキング


2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger