ついに時代が動き出す!熱い時間がやって来た!俺たちが愛するC/K Truck CHEVROLET C1500【桂田板金】

ピックアップトラック

シボレー

シボレー

CHEVROLET

C1500

90年代後半にアストロやカプリスと共に一世風靡を果たしたC/K。滋賀県は彦根市、琵琶湖湖畔からすぐのロケーションに位置する桂田板金。C K の専門店として2007 年より営業、現在はC K のプロフェッショナルとして注目を集めるまでに成長を遂げた。


全国的にも珍しいC-1500専門店 生粋のC/Kフリーク達が集う!

DSC_3123

90年代後半にアストロやカプリスと共に一世風靡を果たしたC/K。 しかし、人気をうながした当時に無茶なカスタムが施されたこともあり、現在のアメ車シーンにおいては、程度の良い個体は年々減少傾向。それを蘇生させるのが桂田板金の使命!

CKが持つ本来の魅力を理解してもらいたい!

滋賀県は彦根市、琵琶湖湖畔からすぐのロケーションに位置する桂田板金。C K の専門店として2007 年より営業を開始する以前は、先代がボートの販売、整備、修理を手掛けるマリンショップとして営業していた。その名残を受けてか、お店の雰囲気はマリーナを感じさせる雰囲気が随所から感じ取れる。 琵琶湖と言えばマリンスポーツの聖地であり、シーズンに入れば湖上は沢山のレジャーボートで賑わう。

そのボートにも350 エンジンを採用していたこともあって、二代目の桂田代表は幼少期から350 に馴染みが深かった。また、店を訪ねるお客さんにアメ車ユーザーが多かったことも大きく影響していると話す。 しかし二代目が開業した当時はS U V やミニバンブーム。免許を取得したころから大好きだったC K ピックアップは流行に取り残され、当時流行りで乗っていたユーザー達は次のトレンドを追って乗り換える始末。

まだまだ手を入れれば調子よく走る個体ですら、朽ち果てていってしまう現状を「何とかしたい!」と先代からお店を引き継いだ際に、敢えてC Kを中心とした専門店としてリニューアル。開業当初は時代に逆行する様なカタチに周囲の目も冷ややかだったが、9年の時を経て、現在ではC K のプロフェッショナルとして注目を集めるまでに成長を遂げた。

専門店だから集まる 熱い時間がやって来た!

個性あるスタイルこだわりのC1500を見よ!

DSC_2961

1990y CHEVROLET C1500 

owner:桂田さん

GM純正色のガンメタにオールペイント。

DSC_2981

エーデルキャブにステンレスヘダーズ、ワンオフマフラー。

アメリカンレーシング18インチ履きと各部に手を入れる桂田社長自慢のC1500。

DSC_2989 DSC_2974

お客さんに「アメ車なんかすぐ壊れるやろ!?」と言われたことがキッカケで、8年前に在庫車両の中から一番程度の悪かった個体をベースにどこまで良い物に仕上げるかトライしたことがキッカケだったが、現在では「これと同じ仕様に!」とオーダーを受けることも多い。


1991y CHEVROLET C1500 

DSC_3008

owner:山田さん

454仕様のエンブレムやフロント20インチ、リア22インチの前後異なる履きこなしがクールな一台。

DSC_3017

実は過去にC1500に乗っていて一度手放したものの、他の車種では物足りなくなってカムバック。

DSC_3030

人生で二度目のC-1500。一度C/Kの虜になると他じゃ満足できなくなるってことを、身を持って体感したと言う。

DSC_3092

クローム部はバンパーやホイールのみの必要最低限にとどめ、ブラック中心のインテリアと、真っ赤なインテリアのコントラストも粋!


1994y CHEVROLET C1500 

DSC_2886

owner:五十嵐さん

キャンディーブルーのオールペイントを施し、ビレットグリルやバンパーインサートと往年のC/Kピックアップカスタムを施す五十嵐さん。

DSC_2905

しかしビジュアルばかりでは無く、ヘダーズや左右独立排気のワンオフマフラー、さらには乗り心地を重視した足回りのセッティングまで徹底しており、純正らしい乗り味でありながらアクセルを踏めばアグレッシブな走りを楽しめる仕様に。

DSC_2911 DSC_2894

購入から2年かけて整備を中心に手を入れていただけあって、コンディションは抜群!


1994y CHEVROLET C1500 

DSC_2922

owner:山本さん

唯一のGMCフェイスである山本氏のC-1500は真っ赤なボディにブラックルーフ、レーシングストライプ、ノーズブラ等のアクセントを中心に、SPORZAの20インチクローム履きなど、固定概念にとらわれない個性的なカスタムが魅力。

DSC_2938

キャメル基調のインテリアに、赤い刺し色を取り入れたビレットステアリングもハイセンス。

DSC_2935 DSC_2947

ピックアップはファミリーユースに不向きと思われがちだが、前に3人座れるベンチシートを活かしてファミリーユースとしても大活躍!

1992y CHEVROLET C1500 

DSC_3040

owner:関さん

GM純正色のホワイトにリペイントされ、クローム20インチ履きのC-1500。

DSC_3070

20代前半の若いオーナーにもかかわらず、オレンジのコーナーレンズやヘッドライトなどオリジナルを残したシンプルイズベストなスタイルは特筆物。

DSC_3057

もちろんインテリアもオリジナルストックにこだわっており、ステアリングからシートまで多少の経年劣化はあるものの比較的クリーンな状態を維持。

DSC_3078

イジって乗ってもノーマルで乗っても様になるのがC/Kの魅力と言える。


桂田板金

2007年よりC/Kピックアップを中心にアメ車の販売から修理、板金レストアまでをサポートするショップとして誕生した桂田板金。

琵琶湖近郊と言う土地柄、先代がマリンショップを経営していたこともあり、350エンジンの扱いはプロフェッショナル!

所在地:滋賀県彦根市石寺町235
電話:0749-20-4373
FAX:0749-20-4373
営業時間:10:00~20:00
定休日:月曜日


■写真&文/石井秋良
アメ車マガジン 2016年 8月号掲載


関連記事

RELATED


X5ファイナルでトップに輝いたシボレーK-10のこだわり【グレイスキャブ】

2017年12月に名古屋で開催されたカスタムショー「X5ファイナル」。そのトラックマイルドクラスでファーストに輝いたのが、このK10である。オーナーがそそぐ情熱をみる。

ブラック×ゴールドのサウススタイルで魅せる!シボレーアバランチ

リフトアップかスラムドかの二択中心のトラッキンカスタムではあるが、車高を変更せずに強烈なインパクトを放つ個性派の登場。

美しいボディだけが美学ではない傷や汚れも本物の証 シボレーC10【ホットスポット】

日本でもヴィンテージ・トラックに対する評価が高まり、価格も年々上昇傾向にある。中でもシボレー・C10は人気のモデルで、アメリカでも価格は日本以上に急騰中。

ローダウンもリフトアップも理想のカタチを仕上げる匠 シボレーシルバラード&GMCシエラ【カープロデューサーK&G】

岐阜県各務原市にある「カープロデューサーK&G」は、アメリカントラック全般を専門とするカスタムショップ。旧車から最新型まであらゆるスタイルを実現する注目店だ。

レアなディーゼルエンジン搭載!人気世代のサバイバルモデル Chevrolet C-10 Silverado【WOT’S】

1985年型シボレーC10シルバラードは、ショートベッドの最上級オプションパッケージ装着車という意味で、この時代のアメリカンピックアップ、それもパーソナルユースを想定したモデルとしてはまさに典型的な一台

 

最新記事


2023/03/31

イメージは軽井沢の別荘地ミッドセンチュリーを組み合わせ自然と暮らす家

HOUSE

山に囲まれた小高い丘に建つ平屋建ては、別荘を連想させる。野村さん夫婦が思い描いた住宅と周辺環境のテーマは、大好きな軽井沢とアメリカンモダンデザイン「ミッドセンチュリー」の融合。自然を感じながら、毎日がバケーション!

2023/03/30

大排気量のマッスルカーよりも、唯一無二の存在というべきカスタムカーの方が好きだった

オープン

フォード

クライスラー300を皮切りに、V8 チャレンジャー、そしてこのマスタングと乗り継いできたオーナー氏。誰もが一度は大排気量のマッスルカーに乗りたいと思うが、いざ乗ってみて分かったことは「マッスルよりもカスタムカーが好き」という事実だった。

2023/03/29

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、決意!

SUV

シボレー

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、そう決意した吉田さん。金銭的な問題で初の愛車は国産コンパクトカーにしたが、入社した会社の同期がタホに乗っていることを知り、負けていられないと、夢のアメ車購入へ踏み出した。

2023/03/28

ビンテージアイテムに特化した「KANCHI HOUSE」を紹介しよう。

ショップ

アメ車に乗っていたら、やっぱりアメリカンカルチャーは否応なしに気になるもの。以前から全国各地のアメリカン雑貨専門店を紹介してきたが、今回はその中でもビンテージアイテムに特化した「KANCHI HOUSE」を紹介しよう。

ランキング


2021/02/10

【GMC タイフーン】モンスターSUVの異名を誇る、90年代を代表するプレミアムカー!

SUV

1992 GMC TYPHOON

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2023/03/31

イメージは軽井沢の別荘地ミッドセンチュリーを組み合わせ自然と暮らす家

HOUSE

山に囲まれた小高い丘に建つ平屋建ては、別荘を連想させる。野村さん夫婦が思い描いた住宅と周辺環境のテーマは、大好きな軽井沢とアメリカンモダンデザイン「ミッドセンチュリー」の融合。自然を感じながら、毎日がバケーション!

2023/03/29

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、決意!

SUV

シボレー

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、そう決意した吉田さん。金銭的な問題で初の愛車は国産コンパクトカーにしたが、入社した会社の同期がタホに乗っていることを知り、負けていられないと、夢のアメ車購入へ踏み出した。