愛犬と一緒にキャンプに行ける頼もしい相棒ダッジラムバン YUCCA☆アメマガガール

バン

アメマガガールズ

ダッジ

アメ車女子

ラムバン

アメ車女子のライフスタイル

8282スタイル

埼玉県

幅広い世代から人気のフルサイズバン。しかしオーナーの大半は男性であることが多かったりするのだが、このラムバンのオーナーは女性。日常での移動はもちろん、愛犬とともにキャンプに出かけるなどアクティブにラムバンを活用中!


愛犬と一緒にキャンプに行ける頼もしい相棒がラムなのです 幅広い世代から人気のフルサイズバン。しかしオーナーの大半は男性であることが多かったりするのだが、このラムバンのオーナーは女性。日常での移動はもちろん、愛犬とともにキャンプに出かけるなどアクティブにラムバンを活用中!

アメ車らしいV8音とデカさが大のお気に入り

DSC_4622

2001年型のラムバンにのるユッカさん。実は彼女、クラシックからJポップ、ロックとオペラを融合させたロック・オペラまで幅広いジャンルを歌う歌手として、クラシカル・クロスオーバーの歌姫として君臨している。彼女の歌声は自動車メーカーのCM曲や映画挿入歌にも採用され、NHKの大河ドラマ・龍馬伝での挿入歌「想望」も話題となった。

DSC_4475

そんな彼女が現在の愛車としているのが昨年の秋から乗り始めたという、ホワイトイエローのボディカラーがオシャレなラムバン。個性的なラムチャージャーからの乗り換えで、このラムバンに至ったというのだが、その理由はテールゲートなどにデコレートした犬のイラストやステッカーなどで分かった。愛犬家である彼女。大型犬であるオールド・イングリッシュ・シープドッグ2匹を連れてのキャンプができる荷室の積載能力を求めた結果、ラムバンに行き着いたのだ。

リアドアを開けると、そこには2匹のオールド・イングリッシュ・シープドッグが心地良さそうにハウスの中から優しい目でこちらを見ていた。どうやら愛犬たちにとっても、広いラムバンの車内は快適らしい。以前はディーラー車のジープ・チェロキーに乗っていたこともあるユッカさん。

DSC_4477

その後、ラムチャージャーへの乗り換え時に、現在のラムバンでもお世話になっているという8282スタイルの存在を知った。ハーレーなどバイクに乗ることもある彼女にとってデカいクルマがもともと好きであったようで、現在のラムバンに行き着いたことも自然な流れだったのかも知れない。愛犬家の彼女ゆえ、同じように愛犬家ユーザーがたくさんいる同社を選んだのかと思いきや、偶然であった様子。

DSC_4523

ラムチャージャーを探している際に、たまたま8282スタイルが検索でヒットして繋がった。これも愛犬が導いた偶然の出来事なのかも。アメ車らしいV8エンジンサウンドと5.9Lのパワーにも満足と、実に逞しいコメントも(笑)。普段の街乗りから、キャンプなどでの遠出まで、愛犬たちとともにラムバンのある暮らしを存分に味わっているのだ。

IMG_7128

ホワイトイエローのボディカラーが女性らしい優しい雰囲気を醸し出す2001年型のラムバン。彼女のお気に入りは助手席側の後部座席へのアクセスドア周りのデザインだという。 日常での移動はもちろん、愛犬とともにキャンプに出掛けることも多く、アウトドアライフでもラムバンは活躍。愛犬とアウトドア用品もたくさん積めるラムバンの積載性能をいかんなく発揮。

DSC_4555

IMG_9737

ユッカさん 東京音大 音楽学部 声楽学科を卒業、東京音大研究科 声楽学科修了ののちに、2007年にオリジナルアルバム「千の風になって」でデビュー。2017年7月19日には10周年記念アルバム「AllTime Best 10粒の涙」が発売された。

★Yuccaさんのホームページアドレス http://www.yucca-net.com/


8282スタイル

埼玉県飯能市双柳1353
TEL:04-2970-1005 
HP http://8282style.com

アメ車販売、カフェ&ライフ、アメリカンガレージ販売と、3つの事業を展開し、アメ車ライフだけでなく、生活スタイルそのものをプロデュースしてくれる。国土交通省指定工場完備でメンテナンスやカスタムもバッチリ!


■撮影& 原稿:相場恒弘
アメ車マガジン 2017年10月号掲載


最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。