プロドライバー指導の下で愛車の能力を最大限に引き出す!!

イベントレポート

美浜サーキット

ウイングオート

ウイングオート・ドライビングアカデミー

アメマガ2019年8月号

WINGAUTO DRIVING ACADEMY
2019.5.19


WINGAUTO DRIVING ACADEMY

ウイングオート・ドライビングアカデミー

ウイングオート・ドライビングアカデミー 2019.5.19

暴力的なトルクやパワーが魅力の一つと言えるマッスルカーやスーパースポーツ。その能力を思う存分、かつ安全に体感するため、ウイングオート ではドライビングアカデミーを定期的に開催し、“ 走る楽しさ” を積極的に伝えている。

愛車のポテンシャルを試すまたとない機会

念願のマッスルカーやスーパースポーツを手に入れたら、やはりその過激な加速力を体感したいもの。とはいえ、日本の高速道路は制限速度が100km/h(一部区間で120km/h)。例えばC7の場合、1速のままでそこまで到達してしまうし、何より本当のポテンシャルを引き出すには程遠い。

DSC_0483

そこで ウイングオート では、オーナーが安全にスポーツ走行を体験できるよう「ドライビングアカデミー」を愛知県の美浜サーキット で定期的に開催している。

DSC_0385

一度はサーキットを走ってみたいけれど、敷居が高くて躊躇している人にはとくにオススメで、空気圧のチェックなどメカニックのテクニカルサポートも受けられるだけでなく、何よりプロドライバーの指導や同乗走行で、個別に愛車の走らせ方をレクチャーしてもらうことが可能だからだ。

DSC_0387

ちなみに今回の講師はプロドライバーである鬼頭勉さん。 今後も、ウイングオート ではこのドライビングアカデミーを開催していく予定。こういった楽しみ方を体験してみたいという人は、一度ウイングオート に足を運んでみてはいかがだろう。

DSC_0388 DSC_0389 DSC_0417 DSC_0438 DSC_0439 DSC_0440

早朝から美浜サーキットに参加者が駆け付け、早くも走りたくてウズウズしている様子だったが、まずはドライバーズブリーフィングでプログラムやコース説明を行ない、ルールを守る大切さをレクチャー。そして今回の講師はプロドライバーで・鬼頭さん。

DSC_0383

プロドライバーである鬼頭さんより直々にアドバイスをもらえるだけでなく、愛車を運転してもらい助手席でレクチャーを受けることも可能。シフトタイミングやステアリング操作など、まさにタイムアップの秘訣を伝授してもらえる。


「アメ車はサーキットでもイケる」愛車の魅力を再発見するチャンス ウィングオートトラックデー2019
ウイングオートの集大成、感謝を込めた大規模祭り WING DAY 2018
初夏を満喫するツーリング、海沿いBBQで和気あいあい。ガレージトップスピードツーリング WAC秋のツーリングは カニ喰いランチミーティング【ウイングオート・アメリカン・クラブ】


Thanks:WINGAUTO(シボレー名岐)
TEL:052-409-5434
HP:http://www.wingauto.co.jp


PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2019年 8月号掲載


最新記事


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

ランキング


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]