ウイングオートの集大成、感謝を込めた大規模祭り WING DAY 2018

イベントレポート

WING DAY

アメマガ2019年2月号

シボレー名岐

ウイングオート

鈴鹿ツインサーキット

WING DAY 2018 Presented by WING AUTO in SUZUKA TWIN CIRCUIT


WING DAY2018 Presented by WING AUTO in SUZUKA TWIN CIRCUIT

WING DAY、鈴鹿ツインサーキット

開催日:2018年10月28日(日) 開催場所:鈴鹿ツインサーキット

家族や友人と一緒に過ごす年に一度のBIGイベント 大好評につき2018年も開催!!

WING DAY

毎年秋の恒例イベントのひとつウイングデーが、2018年も開催された。シボレー名岐としても活躍するウイングオートが、ユーザーへの感謝祭として開催する同イベント。2018年は260台超が集まった。 愛知県で正規ディーラー、シボレー名岐として活躍し、またそれ以外のアメ車にも幅広く対応するウイングオート。

同社は、これらをサポートするアメリカンショールームだけでなく、ヨーロピアンショールームも有しており、幅広い車種に対応できる点が大きな特徴。それゆえユーザー数は極めて多く、そうして蓄積されたクルマ関連のノウハウも、やはり相当なものとなる。 同社がユーザーへ感謝の気持ちを込めて開催する年に一度のイベントが、このウイングデーだ。

2017年は愛知県のサーキットで開催していたが、今回は場所を移して三重県の鈴鹿ツインサーキット。以前よりも多くの来場者を迎えられる、大規模会場での開催となった。年々勢いを増している様子がこのイベントからも見て取れる。 かくして集まったユーザー車はのべ260台を超えたそう。

会場からしてイベントの目玉はサーキットでの遊びだが、その周辺では、奥様や子どもも楽しめる催しが行なわれており、たくさんの家族がのんびりと楽しんでいた様子。普段では見られないプロによるドリフト走行やスーパーカーのパレードなど、多彩な催しがあるからこそ、楽しみ方もそれぞれというわけだ。  

開催式ではウイングオート上窪社長からの挨拶に加えて、催しのひとつ「プロドライバー同乗走行」を支えるプロドライバーが紹介された。GTレースやドリフトのプロドライバーだけでなく、ドイツG-Tech代表のヘルムート・ギーセル氏も登場。

1日だけなのがもったいない、盛りだくさんの「体験型」がそろう

プロドライバー同乗走行体験 Experience

プロドライバー 同乗走行体験 プロドライバー 同乗走行体験

イベントの大人気プログラム「プロドライバー同乗走行」。GコースとDコースに分かれており、GコースはGTライクな走り、Dコースではドリフトメインの走りを助手席で体験できた。  

0-200タイムトライアル Time Trial

アメ車向けの「0-200タイムトライアル」。メインストレートを使って加速自慢が次々とタイムアタックに挑戦した。なお、最速をマークしたのはコルベット。テスラもそれに次ぐタイムを記録しているのは面白い。サバナなどフルサイズバンも参加し盛り上げた。  

サーキットラン Circuit Run

HACH4967 HACH5057 HACH5247 HACH5072 HACH5001 HACH5309 HACH5077 HACH5244

サーキットを愛車で走るプログラムは、上級者向けから初心者向けまで多種多様。上級者向けの「WING CUP」は、クルマのジャンルを問わない異種格闘技戦であり、クラス別に分けられた「サーキット走行会」はタイム計測して表彰もあり。タイムを度外視した「のんびりゆったり走行」は、サーキットの雰囲気を気軽に堪能。

ファミリーでの参加が多いのは、サーキット以外のイベントも充実しているウイングデーならでは。アーティストやDJが登場するステージイベント、VRによるドライビングシミュレーター、セグウェイ試乗体験会、デモカー試乗会、ネイル&ハンドマッサージなどがあり、複数のグルメ屋台も出店して、1日まるごと楽しめる充実ぶりで参加者を迎えていた。

ウイングデーの最後には閉会式が行なわれ、サーキットイベントで優秀なタイムを記録した参加者を表彰した。また、サーキットだけでなく遠方から参加したユーザーなども表彰(一番遠かったのは北海道から)。

じゃんけん大会による大盤振る舞いなどもあって、最後にはスタッフによるお見送りでフィニッシュ。さらに来年はもっと大規模に開催すると宣言。

ウイングオートは2019年も、さらに大規模な開催を目指している。


主催:WINGAUTO(シボレー名岐)
HP:http://www.wingauto.co.jp


PHOTO&TEXT★加藤山往
アメ車マガジン 2019年 2月号掲載


最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】