1970年型シボレー・シェベルSSのクラシックカー改造術!快適性とパフォーマンスを追求

クーペ

ビンテージ

シボレー

シェベル

シェベルSS

レストア

アイコーポレーション

静岡県

アメリカンビンテージvol.01

1970年型シボレー・シェベルSSの記事では、アイコーポレーションがレストア・カスタマイズしたクラシック・アメリカン・カーを紹介。この車は日本の高温多湿な夏のコンディションに合わせて改造され、快適性とパフォーマンスが向上した優れもの。大規模なカスタマイズにおいてベース車の選択の重要性にも触れる!


1970y Chevrolet CHEVELLE SS

ベースをアメリカで仕入れ、技術力に優れた日本のショップが丁寧にレストア&フルカスタムする。クルマの楽しみ方として、これほど贅沢なものがあるだろうか。適切な素体を選ぶチカラと高い技術力が両立してこそ実現できる、クラシック・アメリカンの新しい楽しみ方だ。

 

i corporationは、オリジナルを残すビンテージ車に理解を示す一方で、クラシック・カーを現代風にアレンジしたフルカスタムも提案している。ショップ代表、鈴木氏の考えとして「クルマは走ってこそ」という思想がある。特に夏は暑く、湿度が高い日本の厳しい環境においては、クラシック・アメリカンを使用するためには相応のカスタムが必要で、その規模は全体に至るというわけだ。

 

写真のシェベルで言えば、オリジナルを残しているのはボディおよびフレームのみだという。鈴木氏はアメリカでできるだけボディコンディションの良いベース車を選び、本国でボディワークのみ施し、日本に持ち込む。そして、到着したベース車をすべてバラし、あらゆるパーツにレストア&カスタムを施す。まさに1台を丸ごと作りなおすような内容だ。その作業期間は概ね1年から2年。このシェベル は1年半の製作期間を費やしたそうだ。

 

1970y Chevrolet CHEVELLE SS、1970y シボレー シェベルSS

このシェベル を仕上げるための指針としたのは「夏の都内でも快適に過ごせるように」と鈴木氏。クラシックカーで課題となるのはエアコンの利きの悪さやオーバーヒート。このシェベルはそうしたトラブルを避けるために機関のレイアウトを整理し、あらゆるパーツを現代風にカスタムした。また、エンジンのボアアップで出力を向上させたのに合わせてブレーキや足廻りも強化しており、つまり、「走る・曲がる・停まる」を追求している。

 

こうしたフルカスタムでも、重要となるのはベース車選びだと鈴木氏は教えてくれた。ボディの状態さえ良ければ、どのようにでも生まれ変わることができる。つまり、コルベットのオリジナルを見極めるような、見識のチカラが必要になるのである。アメリカンが好きだからこそ磨き続けることができる、知識と眼と技術。i corporationが持つ、ショップの本質的なチカラである。

1970y Chevrolet CHEVELLE SS、1970y シボレー シェベルSS

シェベルの初代モデルは1963年に’64年モデルとして誕生、’67年まで生産が続けられた。’68年モデルから2代目にフルモデルチャンジされ、丸目4灯だったのは’70年モデルまで。

クラシックの雰囲気を大切にしながらも、本来は3ATだったものを4ATにするなど実用性を追求。エアコンの安定感と性能も十分で、夏の首都高でも快適に走れる。

クラシック・アメリカンではヘッドレストのないクルマも多いが、このシェベルはバケットタイプのシートに変更されている。座り心地やコーナリング時の安定感に優れ、長時間運転していても疲れにくいようにとの配慮だ。

wilwoodの強化ブレーキをインストール

エンジン性能の向上に合わせたブレーキ性能の強化も重要なポイント。写真のシェベルはwilwoodの強化ブレーキをインストールしており、自動車で重要な制動性能を高めてある。日常的なアシとして運用することを追求するショップの矜持が見える。

ボディ底面の細部までサビなどは見当たらない状態。ボディ以外のすべてがi corporationによってフルレストアされており、すべてが生まれ変わっている。

エアサスなどは装着せず、あくまでしっかり走行できることを追求した仕上がり。走行時に後席で感じた印象は、若干跳ねるようなフワッとした乗り心地だった。

454ccから496ccにボアアップし、最終的なエンジン性能は550hpをマーク
454ccから496ccにボアアップし、最終的なエンジン性能は550hpをマーク
454ccから496ccにボアアップし、最終的なエンジン性能は550hpをマーク

454ccから496ccにボアアップし、最終的なエンジン性能は550hpをマーク。エアコンを装着し、エンジンルームにあったバッテリーをトランクルームへ避難させるなど、安定性と快適性の向上がi corporationによって施されており、伝説的なシェベルを現代的に堪能できる。


問合せ:i corporation【アイコーポレーション】
HP:http://i-corporation1982.com/


Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine
アメリカンビンテージvol.01


関連記事

RELATED


漆黒のごとく深い艶を放つシェベル。そのコンセプトはマイアミから生まれたNEW STYLE。

アメリカン・ヴィンテージカーの金字塔、シボレー・シェベルについてご紹介。1970年にカスタムされたシボレー・シェベルSSに焦点を当て、その特徴やアップグレードを詳細に解説する。深みのあるブラックボディ、モダンなカスタム、LS1エンジン、大型ホイール、強化ブレーキ、高度なサスペンションなど見どころ満載。

休日のアシに活躍する〝惚れるカマロ〟1970y Chevrolet CAMARO RS【TDO MOTORING】

TDOモータリングの手により現代風のアレンジが施されている。エアコンやラジエーターなど快適性や安定性を左右するパーツについては適切なカスタムが施され、タイヤ&ホイールは18インチに大型化。そしてローダウンだ。

セミファストバック形状のフォルムへと進化した2代目モデル 1970y シボレー シェベル【アズールモータリング】

ワイルドスピードやアウトローなど、映画ではクールでタフな男の愛車として登場する1970年式シェベル。

ローライダーとは一味異なる 大人の嗜みが、そこにある【1969y シボレーシェベル】

1964インパラコンバーを所有してローライダーライフを謳歌してきたHIDE1969さん。そんな彼が40代半ばで大人のアメ車道楽として選んだのが、紹介する69年型シェベル。ガレージに保管して眺めるよりも乗って楽しむマッスルカーライフに迫る!

希少価値の高いC2コルベットスティングレイのスプリットリアウィンド【F.A.S.T】

1963y シボレーコルベット C2

 

最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】