1979y Chevrolet C10 Silverado オリジナルの良さを存分に感じるカスタムピック【オートレイド】

ビンテージ

CHEVROLET

アメリカンビンテージvol.01

PICK UP TRUCK

数あるボディバリエーションの中で、アメリカでは現在でも最もセールスが多いのは他ならぬピックアップトラックだ。単なる商業車としてではなく、自家用からホビー、レースなどありとあらゆるフィールドで活躍する最もアメリカらしい存在。日本においても、その流れが来ているのだ。


1979y Chevrolet C10 Silverado

数あるボディバリエーションの中で、アメリカでは現在でも最もセールスが多いのは他ならぬピックアップトラックだ。単なる商業車としてではなく、自家用からホビー、レースなどありとあらゆるフィールドで活躍する最もアメリカらしい存在。日本においても、その流れが来ているのだ。

 

日本ではトラック=商業車というイメージが強く、基本的にキャブオーバータイプが主流なだけに、ボンネットタイプのピックアップトラックにアメリカらしさを感じる。本国USAでのセールスではフォードがトップとなっているものの、ホビーのフィールドではGM系がダントツ人気だ。

 

中でもC10はフルサイズピックアップの中では最もポピュラー。ロングベッド、ステップサイド、ヘビデューティーな8ラグなど、バリエーションも様々だが、ストリートマシンとしてはこの“ショートボックス”が一番人気。

カスタムのアプローチも多種多様で、近年のマッスルカー人気に連動して盛り上がっているオートクロス(パイロンスラローム)においても最近目立つ存在となっている。大柄なボディの割には、インターミディーのマッスル系よりもホイールベースなどのディメンションも良く、それでいてモディファイ用の社外パーツが充実しているなどのメリットも多い。それだけに、自分の好みの仕様に仕立てる上での自由度が高く、コストパフォーマンス的にも優れているなど魅力が大きい。

 

この個体は、お馴染みの3rd(1973~1987)の中でも丸形ヘッドライト最終にあたる79年型。新車当時よりカスタムされたケースが多いだけに、この個体のようにストックをキープしたものは本国でも稀。

シルバラードならではのモール、ガーニッシュから、インテリア、エンジルームに至るまで、見事にストックをキープしている。ストリートカーとしてバランスの良いロワードと18インチリムのアレンジを施すことで、ルックス、乗り味のいずれにおいてもストックとしての魅力を引上げている。アダルトなアプローチで控えめながらも独自の存在感がある一台だ。

均整の取れたスクエアなプロポーションはショートボックスならでは。F:ドロップスピンドル&コイル、R:ロワイングリーフによってアレンジされた車高もこのスタイリングを際立たせている。

ブルーの車体色と相性の良いライトグレーで統一されたインテリアも全てストック。ヘッドライナーやドアパネルの樹脂類に傷みも無く、このクルマの素性の良さが感じられる。

社外品が多くリリースされる中でメータークラスターやステアリングもストックをキープする個体は稀。ゲージ類も全て見事な状態。プラスチック製ながら傷みや歪みもない見事な状態である。

EAGLE ALLOYSのホイールにSuper Steel 595タイヤ(前後共に265/35ZR18)の組み合わせ。

クリーンな状態をキープするグリルもストック。73~79は基本的に似たデザインながらグリルのピッチに若干違いがあり、78、79はライト下のマーカーも含めてベゼルで囲まれるのが特徴。

エンジンは250(4・1ℓ)、292(4・8ℓ)の直6、262(4・3ℓ)のV6、305(5・0ℓ)、350(5・7ℓ)、400(6・6ℓ)、454(7・4ℓ)のV8の他、350と379(6・2ℓ)のディーゼルV8と10種類がラインナップ。この個体はストリートカーとして最も優れる350(ガソリン)にタフなTH400オートマチックのコンビネーション。配管、配線をはじめ、車載工具などのディテールも含め見事にストックをキープしている。

日本では土木・建築のフィールドで採用されている特殊プロテクション・コーティング処理済み。USAのピックアップやVANでは定番だが、大概は黒なのに対して、この個体は車体色に合わせ鮮やかなブルーなのがポイント。


■取材協力:オートレイド
http://www.auto-raid.com/
■Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine
アメリカンカンビンテージ vol.01

関連記事

RELATED


【1969y Chevrolet CHEVELLE】どこに出しても自慢できるベストコンディションモデル

GMを代表するハードトップセダンがシェベル。現在あるクルマとはまったく異なるデザインであり、それが逆に新鮮で格好良い。海や街中、どんなシーンでも衆目を集め、賞賛される。美しさとコンディションを併せ持つこの1台は必見のトレジャーだ。

〝ヴィンテージカーに安心して乗れる〟その楽しさをしっかり教えてくれるお店。【東海Car's】

1968y Chevrolet CAMARO 1969y Chevrolet CAMARO Z28 大事なコレクションとして扱うのもアリ。敢えてガンガン乗りこなすのもアリ。どちらのカーライフにも対応できる姿勢。

マッスルカーのパイオニア!1967年型ポンティアックGTOの魅力とパワフルなエンジンを解説

エレガントなデザインと高性能なエンジンを誇る1967年型ポンティアックGTO。ベースは中級車のテンペストで、大排気量エンジンを搭載したハイパフォーマンスモデルっだ。この記事では、GTOの人気の秘密とアップデートされた魅力を紹介。
1967y Pontiac GTO

70年型7AARクーダ、73年型ファイヤーバード、68年型と71年型カマロ、4台のビンテージマッスルの走りを披露【東海カーズ】

希少なマッスルカーを豊富在庫している『東海カーズ』。今回はそんな中から、70年型7AARクーダ、73年型ファイヤーバード、68年型と71年型カマロ、4台のビンテージマッスルの走りを披露してくれた。

休日のアシに活躍する〝惚れるカマロ〟1970y Chevrolet CAMARO RS【TDO MOTORING】

TDOモータリングの手により現代風のアレンジが施されている。エアコンやラジエーターなど快適性や安定性を左右するパーツについては適切なカスタムが施され、タイヤ&ホイールは18インチに大型化。そしてローダウンだ。

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。