2010y Dodge Challenger SRT8 オーバーフェンダーとエアサスでワイド&ローなスタイルを強調!【M.S.T オートモーティブ】

クーペ

ボディワーク

ホイール


[vc_row][vc_column][vc_single_image image="2199" img_size="full"][vc_column_text]話題のLBワークス・オーバーフェンダーとエアサスでローダウンした流麗なフォルム。足もとでゴールドに輝くレグザーニ・フォージドホイールがマッシブな雰囲気を強調するM.S.Tオートモーティブのチャレンジャーに注目![/vc_column_text][vc_custom_heading text="シャンパンゴールドに輝くレクサーニホイール"][vc_column_text]以前本誌でも大々的に取り上げたリバティーウォークが手掛けるLBワークス・オーバーフェンダーをまとい、エアレックス製エアサスキットでワイド&ローなスタイルを強調したMSTオートモーティブのデモカー。ベース車となった10年型のSRT8をノーマルの状態から作り上げた、同社渾身のチャレンジャーだ。
ノーマル状態の車高だと、若干だが腰高な印象を受けるチャレンジャーを先述したオーバーフェンダーとエアサスによるローダウンで迫力あるルックスと、地面ギリギリまで迫るフォルムで魅せる。その存在感は、ぜひ実車を見て体感してもらいたいところ。MSTでは乗り心地とスタイリングを両立させるため、エアレックス製エアサスキットを組み込んだ。12段階の減衰力調整機能も備わっていて、従来のエアサスの乗り心地を一新させてくれる乗り心地だ。
足もとにはワイド化されたオーバーフェンダーに対応すべく、深リム幅が特徴のレクザーニ・フォージドホイールをチョイス。後輪ホイールのリム幅は150㎜にも及び、フロントで約60㎜、リアに至っては約80㎜ワイドとなるオーバーフェンダーに対応するホイールは限られており、鍛造のレクザーニ・フォージド20インチをMSTではセレクトした。
なお、デモカーは現在、588万円(本体価格)で絶賛販売中とのこと。カスタム内容を考慮すれば、かなりお買い得な1台といえるので注目だ。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_masonry_media_grid element_width="6" grid_id="vc_gid:1471831787698-a7809958-ac00-8" include="2200,2201"][vc_column_text]エアサスでローダウンした状態は、ドア下部のステップが地面スレスレにまで下がってくる。フェンダーとタイヤハウスの重なり具合も絶妙で、妖艶なルックスを演出している。[/vc_column_text][vc_single_image image="2202" img_size="full"][vc_column_text]今回のモデルはフロントリップはSRT純正のままだが、LBワークスのフロントリップも発売中。パーツの使い分けによって雰囲気は変わる。[/vc_column_text][vc_single_image image="2203" img_size="full"][vc_column_text]後方から見たフェンダーとタイヤ&ホイールの出し幅は実に魅力的。リアオーバーフェンダーは80mmワイドで、今までにない存在感あるスタイルに。[/vc_column_text][vc_single_image image="2204" img_size="full"][vc_column_text]オーバーフェンダーとともにLBワークス製のダックテールを装着。切れ上がったスポーティーなリア周りを作り出している。[/vc_column_text][vc_masonry_media_grid element_width="6" grid_id="vc_gid:1471832178617-8dcfbe5d-a4e8-6" include="2205,2206"][vc_column_text]足もとを固めるレグザーニ・フォージド。サイズはフロントが「20×11J」、リア「20×12J」。なおカラーリングは24金メッキをペイントで再現。[/vc_column_text][vc_single_image image="2207" img_size="full"][vc_column_text]アメ車の後ろ姿を引き立てる、コルサ・マフラーエンド。マッシブなチャレンジャーに良く似合う、スクエア形状のテールエンドが特徴。[/vc_column_text][vc_masonry_media_grid element_width="12" grid_id="vc_gid:1471832259457-7ce654cf-342b-5" include="2208"][vc_column_text]12段階の減衰力調整が備わるエアレックス製のエアサス。リモコンには四輪それぞれの空気圧状態が常に反映される人気アイテムだ。[/vc_column_text][vc_column_text]■取材協力:M.S.T オートモーティブ (www.mst-automotive.com)
■Text & Photos|アメ車MAGAZINE[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連記事

RELATED


マスタングをよりスタイリッシュに昇華させる。RKスポーツ・ボディキット

RK SPORT
GLASS FIBER BODY KIT
FOR FORD MUSTANG

その名を歴史に刻んだBOSS302専用チューニングが施されて復活!!フォードマスタングBOSS302【シボレー名岐】

フロントバンパーはダウンフォースを考慮し、大型のリップを装着。ボンネットは熱対策と軽量化を図るためタイガーレーシング製に交換されている。リアスポイラーは小ぶりなダックテール。サイドのデカールは“らしさ”を盛り上げる。

世界が待ち望んだLBワークスの新作 2015FORD MUSTANG ECOBOOST【リバティーウォーク】

LBワークス第3弾が発売開始モデルはマスタングだ!今年6月にLBワークス第2弾となる300が登場したのも記憶に新しいが、今度は第3弾となるLBワークスが登場した。モデルはフォードマスタング。その公開モデルをいち早く撮影したぞ!

新型カマロのデビューすぐにカスタムの理由【ウイングオート】

いよいよ正規輸入販売がスタートした新型カマロ。正規ディーラー「シボレー名岐」であるウイングオートでは当然デビューフェア系の催しを開催したのだが、その時点ですでにカスタム済みというスーパーっぷり。

現行型マスタング専用、P51がステキすぎる!!【THX&CO】

金沢のTHX&COが、現行型S550マスタングの専用ホイール「P51」の取り扱いを開始! いま一番アツイブランドを早速紹介しよう。

 

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

×