1967y Pontiac FIREBIRD ヴィンテージファイアーバードのハードルを軽快に越えよ!【S&S】

ビンテージ

PONTIAC

アメリカンビンテージvol.01

FIREBIRD

オリジナルを大切にしつつ、サスペンション、ブレーキ、パワートレイン、インテリアなど、徹底的にリファインすることで、現代車となんら遜色なくビンテージライフを楽しめるクルマへと変貌を遂げたファイアーバード。その魅力をお伝えしよう。


1967y Pontiac FIREBIRD

オリジナルを大切にしつつ、サスペンション、ブレーキ、パワートレイン、インテリアなど、徹底的にリファインすることで、現代車となんら遜色なくビンテージライフを楽しめるクルマへと変貌を遂げたファイアーバード。その魅力をお伝えしよう。

 

ファイアーバードはシボレー・カマロの姉妹車としてお馴染みの存在ながら、こと日本では2nd(1970~1981)に人気が集中しており、中でもハンドリングパッケージであるTrans-Amに限定したファンも少なくない。そうした状況からか、Trans-Amがモデル名と認識している者も意外に多い。

ちなみにTrans-Amパッケージが導入されたのは初代モデルが最初のマイナーチェンジを受けた69年型で、クーペ、コンバーチブルを合わせても出荷台数は700台程度と極めて少ない。ビンテージマッスルに対して日本では希少価値の高さに特化して評価する傾向が強いため、そこから外れるポピュラーなモデルこそニッチな存在になりがちで、ファイアーバードにおける1st(1967~1969)も同等な扱いを受けている感がある。

 

しかし、本国USAではそのモデルのキャラクターを生かして様々なスタイルでアップデートするのが主流なのだ。

 

この個体もそんな1台で、パワートレインをはじめサスペンション、ブレーキなどの機関系からエアコンや内装まで総合的にアレンジし、モダンマッスルに匹敵する高いポテンシャルと快適性/信頼性を確保している。

 

エンジンは実際に設定のあった400(6.6ℓ)と排気量こそ同じだが、パーツ供給が良く拡張性のあるシボレーのモーターに換装。エーデルブロック社のアルミヘッド、吸排気、点火系などでモディファイされている。

 

連結されたトランスミッションは、オーバードライブ4速の700R4。ファイナルレシオは3.55とし、瞬発性とオーバードライブによって高速巡航のバランスが取れている。ブレーキは4輪ともベアー社製4ポットディスクを装着し、制動力も格段に高められているのだ。灯火類はHIDヘッドライト、LEDテールライトにアレンジ。

 

装備やインテリアでもアップデートされている。近年では電子制御によるパワートレインに換装するなど、より徹底した現代化を図るケースも珍しくないが、キャブレターによるビンテージマッスルならではの味わいも残しながら総合的にバランスのとれた仕上がりがこの個体のポイントとなっている。

ホールド性の高いバケットシートは、同じファイヤーバードの4th用をベースに内装全体に馴染ませるデザインで張り替えた。追加したオーバーヘッドコンソールは、同じGMのS-10用を流用。

ベアー製ディスクブレーキ(F:13インチ、R:11インチ)の装着に伴って、ホイールは18インチで対応。バドニック社のビレット製(F:8J、R:9J)にTOYOタイヤ(F:245/40ZR、R:275/35ZR)をセット。開口の大きいデザインなだけに、露出するブレーキからこのクルマのポテンシャルの高さが伺い知れる。

ストックのポンティアック製エンジンに代えて、同じ排気量ながらシボレー製400をモディファイしたうえで換装。マーチ社の平ベルトタイプのプーリーを採用し、エアコンのコンプレッサーは最小タイプにアレンジ。ルックスを加味して他の補機類も含めコンパクトにまとめるアップグレード品が驕られている。

カマロ同様に大径メーターが2つセットされるストックのクラスターを撤去し、オートメーター製のゲージが6個収まる専用の社外品で対応。ステアリングはホイールに合わせてバドニック社のビレット製。

モダンなデザイン&質感のドアハンドルは、マッスルカーにおけるアップデートに積極的に取り組む著名ビルダー〝リングブラザース〟が製品化したもの。

テールレンズは純正のデザインのままLED化された社外品をセット。四角いドアによるストックの給油口は撤去し、モダンでレーシーなキャップ式(スズキのバイクからの流用)にアレンジ。


取材協力:S&S
http://www.sandsjp.com/


Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine
アメリカンカンビンテージ vol.01


関連記事

RELATED


入手困難になりつつあるポンティアック ファイアーバード トランザム【エフパフォーマンス】

1973 Pontiac Firebird Trans-Am / 1979 Pontiac Firebird Trans-Am

マッスルカーのパイオニア!1967年型ポンティアックGTOの魅力とパワフルなエンジンを解説

エレガントなデザインと高性能なエンジンを誇る1967年型ポンティアックGTO。ベースは中級車のテンペストで、大排気量エンジンを搭載したハイパフォーマンスモデルっだ。この記事では、GTOの人気の秘密とアップデートされた魅力を紹介。
1967y Pontiac GTO

70年型7AARクーダ、73年型ファイヤーバード、68年型と71年型カマロ、4台のビンテージマッスルの走りを披露【東海カーズ】

希少なマッスルカーを豊富在庫している『東海カーズ』。今回はそんな中から、70年型7AARクーダ、73年型ファイヤーバード、68年型と71年型カマロ、4台のビンテージマッスルの走りを披露してくれた。

【1969y Chevrolet CHEVELLE】どこに出しても自慢できるベストコンディションモデル

GMを代表するハードトップセダンがシェベル。現在あるクルマとはまったく異なるデザインであり、それが逆に新鮮で格好良い。海や街中、どんなシーンでも衆目を集め、賞賛される。美しさとコンディションを併せ持つこの1台は必見のトレジャーだ。

休日のアシに活躍する〝惚れるカマロ〟1970y Chevrolet CAMARO RS【TDO MOTORING】

TDOモータリングの手により現代風のアレンジが施されている。エアコンやラジエーターなど快適性や安定性を左右するパーツについては適切なカスタムが施され、タイヤ&ホイールは18インチに大型化。そしてローダウンだ。

 

最新記事


2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

ランキング


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】