本物だからなせる輝き世界初の24金メッキホイール クライスラー300C【PG MOTORING】

セダン

ホイール

300C

CHRYSLER

ホイールサイズは32インチを超え、奇抜なデザインが次々と誕生し、もうどんなホイールが出ても驚かないと思っていたが、この圧倒的な輝きには声が出ない。世界初の24金メッキホイール登場!


CHRYSLER 300C CUSTOMIZE
Protagonist's今もっとも輝く主役は300Cだ!

ホイールサイズは32インチを超え、奇抜なデザインが次々と誕生し、もうどんなホイールが出ても驚かないと思っていたが、この圧倒的な輝きには声が出ない。世界初の24金メッキホイール登場!

ディスプレイ用ではなく実走行する本気履き!

「ビックリするホイールがあるんじゃけど見る?」広島のプライムガレージ・三好氏からの定期的にある広島遠征のお誘いなのだが、このときはいつも以上に興奮気味に語りかけてきたのを覚えている。ま、こんな質問をされて「結構です」と言えるはずもなく、数日後にはPGへと行くことになるのだが…。

そこで見た衝撃は、今でも忘れられない。長年アメマガに携わり、ありとあらゆる車両、時には奇抜な物も見てきたが、このインパクトは群を抜く。とにかく光眩しく、神々しい。その輝きがホイールから発せられるとは到底理解不能。聞けば、なんと24金メッキを使ったリアル・ゴールドホイール。本物の金メッキって…。


ホイールのベースはレクサーニフォージド・LF742の24インチ。もちろん特別オーダーで製作され、世界初のモデルとなる。そしてこの指紋さえも付けるのが恐ろしいゴールドホイールを「履きたい!」と、速攻で名乗りを上げたオーナーがいるというからさらに驚く。しかもディスプレイ用ではなく実走行で使うと。装着される300Cは、これまでも世界で一つしかないホイールを装着するなど、PGを代表する革新的モデルだから納得だが、とはいえ、これで本当に走ってしまうのだから、見ている方がドキドキしてしまう。なんとも手を合わせて拝みたくなるホイールである。


最高のアイテムを取り入れるというコンセプトのもと、車両ベースはSRT8でPGラグジュアリーダンパー、エアサスの組み合わせ。グリルはアシャンティだ。

レクサーニフォージド・LF-742の24インチをベースに24金メッキが施され、世界初のリアル・ゴールドホイールが誕生。素材的に金は柔らかいため、表面には幾層ものコーディングが施されている。とはいえ、これを実際に装着して走行してしまうオーナーの男気には恐れ入る。


取材協力: PG MOTORING


Photo:高原義卓
Report:相馬一丈


関連記事

RELATED


4枚ドアをガルウイング化しLEDで夜間は妖しい光を放つ!2008y CHRYSLER 300C【MSTオートモーティブ】

カスタムのベース車として、今アツい視線が注がれている先代300C。ここで紹介するデモカーも、2008年式の車両をベースに最近、ガルウイング化を施したばかり。細部にもこだわったカスタムに注目!

戦闘力は爆上がりマットネイビーにオールペンした300C

特別なクルマとして再評価されている300C・SRT8を、アメリカ軍艦仕様としてマットネイビーにオールペンしたガレージジョーカー。見るからに過激さが増し、SRT8のパフォーマンスを最大限に表している。

惹かれた一番の要因はフロントフェイス クライスラー300C MAYUMI ☆ アメマガガール

それまでアメ車にまったく興味がなく「アメ車なんてありえんやろう」とさえ思っていた彼女を振り向かせたニクイ奴。そいつは300C。アイデンティティである大きなグリルが彼女の気持ちを動かした。

大人のカスタムでジェントルに乗る!クライスラー300C【メタルクラフト】

ボディワークからワンオフオーディオまで、幅広いカスタマイズを得意とする埼玉のメタルクラフト。300Cの持つ押し出しの強さを更に引き出しつつ、エレガンスな品格も併せ持つ。まさに大人向けのスタイルと言えよう。

違和感を感じるボディの謎…答えは40cmストレッチボディ!【PG MOTORING】

日本で一番300Cのカスタムを熟知し、業界ではカリスマと呼ばれる広島のプライムガレージ。そのカスタムラインナップに加わったレッドボディの300は、今までとは何かが違う…。そう、ボディが長い! 時にはこんな荒業も取り入れて皆を驚かす、それがPGだ!

 

最新記事


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

2024/02/21

アメ車マガジンの表紙を飾ったオーナーが営む神戸のダーツバー【DEAR'S】

ショップ

アメ車で乗り付けてジャンクフードを喰らうのが、アメリカンダイナーの醍醐味。しかしアメ車で乗り付けなくとも、お酒を嗜みながらアメ車話に花を咲かせられることもまた貴重。DEAR`sならそれが叶う!

ランキング


2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2020/10/22

東海カーズのマッスルカーを、華やかに彩る「和テイスト」のデザインワーク

ラッピング&ペイント

AMEMAG RECOMMEND ARTIST
遊鷹-Yutaka-

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】