違和感を感じるボディの謎…答えは40cmストレッチボディ!【PG MOTORING】

セダン

クライスラー

300C

クライスラー

プライムガレージ

CHRYSLER

日本で一番300Cのカスタムを熟知し、業界ではカリスマと呼ばれる広島のプライムガレージ。そのカスタムラインナップに加わったレッドボディの300は、今までとは何かが違う…。そう、ボディが長い! 時にはこんな荒業も取り入れて皆を驚かす、それがPGだ!


CHRYSLER 300C CUSTOMIZE
今もっとも輝く主役はクライスラー300Cだ!

日本で一番300Cのカスタムを熟知し、業界ではカリスマと呼ばれる広島のプライムガレージ。そのカスタムラインナップに加わったレッドボディの300は、今までとは何かが違う…。そう、ボディが長い! 時にはこんな荒業も取り入れて皆を驚かす、それがPGだ!

パッと見は分からないがよ~く見ると確かに長い

プライムガレージ=300C。カスタム業界では当然のように語られるこの言葉は、創業以来300Cを徹底的に研究し、細か過ぎるほどのこだわりを求めカスタムを施してきた結果だ。

そうした中で生まれたのが、フロント2枚のガルウイングが主流だった時代に世界初の4枚ドアガルウイングとしてデビューしたPGウイングであり、大径ホイールを想定し究極のロワードと安定走行を実現した車高調のPGラグジュアリーダンパーだ。

こういった過激なアクションを見せる一方で、ミリ単位のフェンダー加工やホイールオフセットなど、玄人しか分からない超繊細なカスタムも見せる。だからこそ今回の300Cも、一体何が飛び出てくるのか楽しみであった。

ポルシェGTレッドのオールペン、PGウイング、SRTフェイスコンバート、レクサーニグリル、レクサーニフォージド・LF110の24インチホイール、PGラグジュアリーダンパー・ブラックレーベル&エアサスと、PGらしい最高のコーディネートを見せるが、これまでのモデルとの違いは何か…。「木を見て森を見ず」とはこのことで、ボディが長いじゃないか! 

しかも40cmも。リアドアが確かにデカイ!リアシートの足もとがオットマン付きのリムジン仕様になるストレッチボディ。確かにこれは今までにないカスタム。今回は思いも寄らぬ荒業に出たPGだ。

ホイールはレクサーニフォージド・LF-110の24インチ。前後ブレーキはブレンボで強化されている。PGラグジュアリーダンパー・ブラックレーベルにエアサスの組み合わせでロースタイルを演出。

ボディはポルシェGTのレッドでオールペン。ノーマルより40cmロングにストレッチされたボディ。リアドアが拡張され重量も大きくなったが、それすらもしっかりと跳ね上げるPGウイングのパワーはさすがだ。

ベースは05年型5.7HEMIだが、11年型SRTフェイスにコンバートされている。グリルはレクサーニ。

40cmストレッチされた部分はリアシートの足もと。オットマンが装着されて、かなり開放的な空間ができている。


Produced by PG MOTORING
TEL:084-928-5400
http://www.pgmotoring.com


関連記事

RELATED


惹かれた一番の要因はフロントフェイス クライスラー300C MAYUMI ☆ アメマガガール

それまでアメ車にまったく興味がなく「アメ車なんてありえんやろう」とさえ思っていた彼女を振り向かせたニクイ奴。そいつは300C。アイデンティティである大きなグリルが彼女の気持ちを動かした。

カスタムするたびに愛車がカッコよくなる クライスラー300C HITA ☆ アメマガガール

当初はアバウトに「かっこいいクルマに乗りたい」と考えていただけだったのが、今や男子顔負け、いやそれ以上にカスタムに邁進。その勢いは一向に冷める気配がない。

4枚ドアをガルウイング化しLEDで夜間は妖しい光を放つ!2008y CHRYSLER 300C【MSTオートモーティブ】

カスタムのベース車として、今アツい視線が注がれている先代300C。ここで紹介するデモカーも、2008年式の車両をベースに最近、ガルウイング化を施したばかり。細部にもこだわったカスタムに注目!

ファッションのような気分でクルマをチョイス クライスラー300C & USトヨタシエナ YUUYA ☆ アメマガガール

免許を取って、最初のクルマはUSモデルのアコードクーペ。そこから何台もアメ車を乗り継ぎ、今ではアメ車なしの生活は考えられないと語るユウヤさん。目的や用途に応じて2台の愛車を使い分ける。

大人のカスタムでジェントルに乗る!クライスラー300C【メタルクラフト】

ボディワークからワンオフオーディオまで、幅広いカスタマイズを得意とする埼玉のメタルクラフト。300Cの持つ押し出しの強さを更に引き出しつつ、エレガンスな品格も併せ持つ。まさに大人向けのスタイルと言えよう。

 

最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]