CHRYSLER 300C CUSTOMIZE Protagonist's今もっとも輝く主役は300Cだ!【SOUND PROGRESS】

セダン

300C

CHRYSLER

女子高生時代に一目惚れした300Cを手にし、憧れの愛車を誰にも負けない姿に変化させる。有言実行を果たした彼女の努力と意気込みは相当なもの。彼女のような強い思いを持つオーナーが増えれば、300Cの未来は明るい!


[vc_row][vc_column][vc_custom_heading text="300Cは高校時代からの憧れ
カスタムは誰にも負けたくない!"][vc_single_image image="1972" img_size="full"][vc_column_text]女子高生時代に一目惚れした300Cを手にし、憧れの愛車を誰にも負けない姿に変化させる。有言実行を果たした彼女の努力と意気込みは相当なもの。彼女のような強い思いを持つオーナーが増えれば、300Cの未来は明るい![/vc_column_text][vc_custom_heading text="自慢のオーディオなどさらなる上を目指す!"][vc_column_text]300CのトップグレードSRT8特有の重低音、ガルウイングを跳ね上げて見える車内には、モニターとロックフォードのオーディオシステムが満載。なかなか刺激的なスタイルを持つ05年型のオーナーは目羅さん。撮影のために千葉からはるばる愛知まで来てくれた。撮影班も東京から来たのでムダな移動…かと思うが、300Cカスタムの名所リバティウォークを観光して帰るのだとか。カスタムの向上心は、こんな移動もへっちゃらなのだ。
高校の時、一目惚れした300Cに22才までに乗ると決め有言実行。そしてもう一つ掲げた目標が、手にした愛車をフツーに乗るのではなく、誰にも負けないスタイルを目指しフルカスタムすること。これもまた立派に実行されたのである。
そのカスタム項目はA4ノートにビッシリと書き込まれる程で、アシャンティ22インチ、ハイドロ、アイラインボンネット加工、ダクトフェンダー、5・1chロックフォードオーディオ、トランクオーディオディスプレイ、テールレンズモニターインストールといった内容で、とくにオーディオにはチカラを入れており、オーディオのイベントでは入賞を果たすほどの高いレベルを誇っている。
ここまで仕上がっても「まだまだです」と語る目羅さん。さらなる進化は一体どうなるのか。男達よ、負けていられないぞ![/vc_column_text][vc_single_image image="1655" img_size="full"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_masonry_media_grid element_width="6" gap="3" grid_id="vc_gid:1462489205602-2b9d6294-34a8-4" include="1656,1657"][vc_column_text]ヘッドレスト、バイザー、ドアにモニターを埋め込み、ロックフォードの5.1chシステムを組む。トランクのオーディオディスプレイも圧巻。[/vc_column_text][vc_single_image image="1658" img_size="full"][vc_column_text]エアサスではなくハイドロを組み込みロースタイルを演出。縦2連の4本出しマフラーからは、SRT8の強烈な排気音が炸裂する。[/vc_column_text][vc_single_image image="1659" img_size="full"][vc_single_image image="1660" img_size="full"][vc_column_text]アイラインボンネット加工、ストラットグリル、LED付きダクトフェンダーを加え、ガルウイングだけではなく、ボディシルエットにアクセントを与えている。[/vc_column_text][vc_single_image image="1661" img_size="full"][vc_column_text]日中では正直いわれないと気が付かないテールレンズ内にインストールされたモニター。目立つのはやはり夜だ。[/vc_column_text][vc_single_image image="1662" img_size="full"][vc_column_text]キャンディブルー、ブラッククロームで塗り分けたアシャンティの22インチホイール。ブレンボキャリパーもブルーにペイント。[/vc_column_text][vc_column_text]OWNER/目羅綾乃さん[/vc_column_text][vc_single_image image="1654" img_size="full"][vc_column_text]■取材協力: SOUND PROGRESS
■Text & Photos|アメ車MAGAZINE[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連記事

RELATED


カスタムするたびに愛車がカッコよくなる クライスラー300C HITA ☆ アメマガガール

当初はアバウトに「かっこいいクルマに乗りたい」と考えていただけだったのが、今や男子顔負け、いやそれ以上にカスタムに邁進。その勢いは一向に冷める気配がない。

ファッションのような気分でクルマをチョイス クライスラー300C & USトヨタシエナ YUUYA ☆ アメマガガール

免許を取って、最初のクルマはUSモデルのアコードクーペ。そこから何台もアメ車を乗り継ぎ、今ではアメ車なしの生活は考えられないと語るユウヤさん。目的や用途に応じて2台の愛車を使い分ける。

惹かれた一番の要因はフロントフェイス クライスラー300C MAYUMI ☆ アメマガガール

それまでアメ車にまったく興味がなく「アメ車なんてありえんやろう」とさえ思っていた彼女を振り向かせたニクイ奴。そいつは300C。アイデンティティである大きなグリルが彼女の気持ちを動かした。

4枚ドアをガルウイング化しLEDで夜間は妖しい光を放つ!2008y CHRYSLER 300C【MSTオートモーティブ】

CHRYSLER 300C CUSTOMIZE もっとも輝く主役は300Cだ!【LB PERFORMANCE】

300Cの強烈なライバルがひしめくリバティウォークでは、個性を発揮するのは並大抵の意気込みでは難しい。しかし、細かい部分に強いこだわりを持つことで、一躍注目を浴びることになった300Cがいる。

 
×