戦闘力は爆上がりマットネイビーにオールペンした300C

セダン

クライスラー

ラッピング&ペイント

アメマガ2023年1月号

ガレージジョーカー

千葉県

300C

300C SRT8

Giovanna

特別なクルマとして再評価されている300C・SRT8を、アメリカ軍艦仕様としてマットネイビーにオールペンしたガレージジョーカー。見るからに過激さが増し、SRT8のパフォーマンスを最大限に表している。


テーマはアメリカ軍艦、SRT8を更に過激に

2005 CHRYSLER 300C SRT8

ダッジ・マグナムをベースとするチャージャー、チャレンジャーフェイスで大きな注目を浴びる千葉県のガレージジョーカー。現在も次なる計画が進行しており、また新たなフェイスチェンジを披露してくれそうだ。

 

そうした匠の鈑金技術を駆使した作業に目が行くが、ガレージジョーカーの拘りのひとつに「ボディカラー」がある。純正カラーを使って90年代の車両を新車同様に仕上げることも多いが、ひと味違うボディカラーを使い、車両のイメージを劇的に変化させる手法も取り入れる。

近頃完成させたのが、パールを含ませたマットネイビーにオールペンした、05年型クライスラー300C SRT8。ショップ曰く「アメリカ軍艦仕様」と、見るからにSRT8の戦闘力が上がっている印象を受ける。ここにステンシルでロゴを入れたり、ステッカーチューンも面白いだろう。それは購入したオーナーのお楽しみだ。他にもメッキ系はブラックアウトし、ブラックメッシュグリル、ヘルキャットトランクスポイラー、前後スモークライト、車高調、ジオバンナ22インチ、マグナフローマフラーが装着済。

 

パールが入ることで、見る角度によって色合いが大きく変わる。最近のガレージジョーカーは、こうしたカメラマン泣かせのカラーが多いのは気のせいだろうか…。

パールを混ぜたマットネイビーを使うことで、光の具合で濃淡が現れる。マットボディながら、この変化を楽しめるのがポイントだ。ヘッドライトもスモーク化し、グリルもブラックメッシュグリルへ交換。

メッキパーツは徹底的に排除しブラックアウト。テールもLEDスモークライトに変更。マフラーはマグナフローで、ヘルキャットタイプトランクスポイラーを装着。ホイールはジオバンナの22インチで、車高調も加わる。


GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

TEL:0479-25-7740
HP:https://www.garage-joker.com


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2023年1月号掲載


関連記事

RELATED


クライスラー・300Cをフェイスチェンジ、誰もがひれ伏す超高級車のエッセンス

フェイスチェンジカスタムを次々進めるガレージジョーカーが、300Cをベースにイングリッシュフェイス化。超高級車を連想させるデザインを取り入れたことにより、街を走れば誰もがひれ伏すスタイルへ生まれ変わった。

“悪さ” を追求してたどり着いたアウトローダークスタイル クライスラー300C【ジェットシティ】

300Cが持つ「悪さ」を最大限に引き出すスタイルは、300Cならではのカスタマイズとなっている。徹底的にアウトローを目指す!これが300Cの永遠のテーマだ!

マグナムにチャレンジャーフェイスを移植、誰もが待ち望んだ脱クーペの進化!

誰もが一度は夢に見たであろう。脱クーペのチャレンジャーが遂に完成した。荷物も人も楽に載せられる、まさにステーションワゴンのメリットを兼ね備えた進化系チャレンジャー。この姿、増殖していくかもしれない。

300Cにマグナムフェイスをスワップし 24インチを収める究極加工

EXTREME AMERICAN
2010 CHRYSLER 300C SRT8

日本初!?マグナムをチャレンジャーフェイスにする!

ダッジ・マグナムにチャージャーフェイスを移植したガレージジョーカー。今度は日本初となるマグナムにチャレンジャーフェイスを移植する作業に突入! この姿、マジでカッコイイぞ!

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429