戦闘力は爆上がりマットネイビーにオールペンした300C

セダン

クライスラー

ラッピング&ペイント

アメマガ2023年1月号

ガレージジョーカー

千葉県

300C

300C SRT8

Giovanna

特別なクルマとして再評価されている300C・SRT8を、アメリカ軍艦仕様としてマットネイビーにオールペンしたガレージジョーカー。見るからに過激さが増し、SRT8のパフォーマンスを最大限に表している。


テーマはアメリカ軍艦、SRT8を更に過激に

2005 CHRYSLER 300C SRT8

ダッジ・マグナムをベースとするチャージャー、チャレンジャーフェイスで大きな注目を浴びる千葉県のガレージジョーカー。現在も次なる計画が進行しており、また新たなフェイスチェンジを披露してくれそうだ。

 

そうした匠の鈑金技術を駆使した作業に目が行くが、ガレージジョーカーの拘りのひとつに「ボディカラー」がある。純正カラーを使って90年代の車両を新車同様に仕上げることも多いが、ひと味違うボディカラーを使い、車両のイメージを劇的に変化させる手法も取り入れる。

近頃完成させたのが、パールを含ませたマットネイビーにオールペンした、05年型クライスラー300C SRT8。ショップ曰く「アメリカ軍艦仕様」と、見るからにSRT8の戦闘力が上がっている印象を受ける。ここにステンシルでロゴを入れたり、ステッカーチューンも面白いだろう。それは購入したオーナーのお楽しみだ。他にもメッキ系はブラックアウトし、ブラックメッシュグリル、ヘルキャットトランクスポイラー、前後スモークライト、車高調、ジオバンナ22インチ、マグナフローマフラーが装着済。

 

パールが入ることで、見る角度によって色合いが大きく変わる。最近のガレージジョーカーは、こうしたカメラマン泣かせのカラーが多いのは気のせいだろうか…。

パールを混ぜたマットネイビーを使うことで、光の具合で濃淡が現れる。マットボディながら、この変化を楽しめるのがポイントだ。ヘッドライトもスモーク化し、グリルもブラックメッシュグリルへ交換。

メッキパーツは徹底的に排除しブラックアウト。テールもLEDスモークライトに変更。マフラーはマグナフローで、ヘルキャットタイプトランクスポイラーを装着。ホイールはジオバンナの22インチで、車高調も加わる。


GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

TEL:0479-25-7740
HP:https://www.garage-joker.com


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2023年1月号掲載


関連記事

RELATED


クライスラー・300Cをフェイスチェンジ、誰もがひれ伏す超高級車のエッセンス

フェイスチェンジカスタムを次々進めるガレージジョーカーが、300Cをベースにイングリッシュフェイス化。超高級車を連想させるデザインを取り入れたことにより、街を走れば誰もがひれ伏すスタイルへ生まれ変わった。

“悪さ” を追求してたどり着いたアウトローダークスタイル クライスラー300C【ジェットシティ】

300Cが持つ「悪さ」を最大限に引き出すスタイルは、300Cならではのカスタマイズとなっている。徹底的にアウトローを目指す!これが300Cの永遠のテーマだ!

ガレージジョーカーのオールペンといえば、やはりパープル。【GMCソノマ】

「自分が好きな色」と言う理由から、ガレージジョーカーではパープルにオールペンされたモデルが幾つか存在する。だが今回のソノマは、さらに妖艶さを追求して、ベットライナーをレッドにし、さらにインテリアもレッド化に

4枚ドアをガルウイング化しLEDで夜間は妖しい光を放つ!2008y CHRYSLER 300C【MSTオートモーティブ】

カスタムのベース車として、今アツい視線が注がれている先代300C。ここで紹介するデモカーも、2008年式の車両をベースに最近、ガルウイング化を施したばかり。細部にもこだわったカスタムに注目!

フェイスチェンジで日本に設定がない左ハンドル300Cツーリングに

マグナムをベースにチャージャー、チャレンジャーのフェイスを移植し話題のガレージジョーカー。現在は300Cフェイスを移植し、設定にはない左ハンドルの300Cツーリングを増産中だ。

 

最新記事


2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ランキング


2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!