69年型カマロが持つ本来の魅力がフォーカスされた好感の持てる1台

クーペ

ビンテージ

シボレー

福岡県

カマロ

EXCITING60’s

トラップオートモーティブ

1969y CHEVROLET CAMARO
トラップオートモーティブ

EXCITING60’s


カマロ本来の魅力を引き出す上級者向けスタイルがクール

1969y CHEVROLET CAMARO

トラップオートモーティブの69年型カマロは、控えめなルックスながら、ほかとはまず被ることのないビンテージマグ・ホイールで個性をアピールする日常使用車。69年型カマロが持つ本来の魅力がフォーカスされた好感の持てる1台なのだ。

 

ガンメタリックの車体色にすっかりと溶け込んでいるものの、純正のホッケーステックストライプ(黒)が入っている。写真では分かり難いが、実際は光りの加減でイイ感じに見え隠れし、アクセントとしての効果はなかなか。69カマロのチャームポイントでもあるフェンダーからのプレスラインが奇麗に揃うストレートボディなのがポイント高い。まず他人と被ることのないレアなビンテージマグホイールの装着で、独特のキャラクターがさり気なくアピールされている。

1969y CHEVROLET CAMARO

最近69年型カマロの存在が今まで以上に目立っている様子。ルックスに関しては、人それぞれ好みがあるとはいえ、数ある箱形のクーペ車の中でも均整の取れたスタイリッシュなデザインなだけに、幅広い層から支持されているのだ。アフターマーケットのパーツに関しても、ボディまるごとリリースされているし、モディファイするうえでも、独自設計による専用シャシーなど、かなり幅広い種類のアップグレードパーツがリリースされている。

 

2015年の横浜ホットロッドカスタムショーではスポットライト企画としてアーリーカマロがフィーチャーされ、そこでは初めて目にする個体も含め、69年型カマロが大半を占めていたほど。その他クルーズなどのイベントでも目にする機会が少なくないが、気合いの入ったアップグレードを施すのが主流となっている。

1969y CHEVROLET CAMARO

その点この個体は、日常使用する上で必要にして十分なアップグレードこそされているものの、基本的にはストックに近い状態をキープ。渋い車体色に溶け込んで目立たないが、純正のホッケーストライプが入っていたり、カウルフードが主流の中、ルーバーのあるSSフード装着車だったりと、全体的に控えめなルックスながらも、希少なビンテージのマグホイールを装着したさり気ない佇まいが、なんともステキなのだ。

1969y CHEVROLET CAMARO

パワートレインは、350エンジンにTH350オートマチックによるもっともオーソドックスな組み合せ。マイルドパフォーマンスな仕様とはいえ、車重の軽いこのモデルイヤーのカマロにとっては必要にして充分なポテンシャルといったところ。ファイナルレシオは、最もスタンダードな3.31:1が採用されており、 発進時のフィーリングも良く、オーバードライブなしの3速AT車としての高速巡航とのバランスも取れている。ポピュラーなアップグレードが施されており、信頼性も確保され、日常使用に問題なく活躍中なのだ。

350エンジンにTH350(3速AT)によるオーソドックスな組み合せ

パワートレーンは、マイルドパフォーマンスな350エンジンにTH350(3速AT)によるオーソドックスな組み合せ。インテークやバルブカバーは社外のアルミ製でアップグレード。エアーフィルターは、上面からも吸入するK&N製フロートップを採用。点火系はMSD製、エアコンはビンテージエアー社製でアップデート。

IMG_0114

内装は、ステアリングをレカラ製にアレンジし、ゲージが追加がされている程度で、ドアパネル、シートなど、基本的にストックをキープしている。68年型から採用された“Horseshoe”(ホースシュー/蹄鉄)の愛称で呼ばれる純正シフターが意外にも新鮮。純正オプションでは時計の入るクラスター内にはATのインジケータ(デジタル表示)をさりげなくセット。

ホイールは、60年代のドラッグシーンで目にすることができた、フォーサイトヴェンチャーズ社(ForesightVentures, Inc.)のその名も“ DRAGMAG”。同じデザインでスポーク内側が埋まったINDY500に対して肉抜きした軽量設計なのがポイント。当時ラインナップされていた期間が短いため、USAでも貴重で、知る人ぞ知るといったマニアックなアイテム。タイヤはフージャー製プロストリート(F:25×7.50R15/R:27×10.50R15)。

インパクトという意味では控えめだが、カマロ本来の素性の良さがフォーカスされた魅力的なクルマであり、玄人好みな一台だ。

トラップオートモーティブ

トラップオートモーティブは、アメ車をメインにしながらも、新旧車種に関わらず、幅広く対応するショップ。社長の中村さん自身も67年型カマロを所有していることもあり、アーリーカマロの入庫率が高い。当日もショップ内には2台の69年型が入庫中だったぞ。客車に限定しているが、フルレストアも対応している。


トラップオートモーティブ
https://www.facebook.com/TrapAutomotive


Text & Photos|アメ車MAGAZINE


最新記事


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

ランキング


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]