ただでさえ渋いポンティアック中でもカタリナは最上級の渋さ!!

セダン

ビンテージ

ポンティアック

神奈川県

EXCITING60’s

カタリナ

マルセロ

1965y PONTIAC CATALINA
マルセロ

EXCITING60’s


1965y PONTIAC CATALINA

60年代のアメ車らしくボディも存在感もビッグ!

1965y PONTIAC CATALINA

C3コルベットでおなじみの横浜「マルセロ」からは、かなりレアな1台がお目見えした。1965年型ポンティアック・カタリナだ。ファイヤーバードの存在から、スポーティカーのイメージが強いポンティアックだが、こんなイカしたビッグクーペもリリースしてくれていたのだ!

1965y PONTIAC CATALINA

1950年、ポンティアックのハードトップクーペとして登場した「チーフテン」のグレードのひとつとして登場したのが「カタリナ」だ。その後、59年にはずんぐりとしたボディデザインから、フルサイズのシャープなフォルムに生まれ変わり、チーフテンの後を受け継ぐようにカタリナという車種として独立。「マルセロ」が撮影に提供してくれたのは、そのカタリナになってからの3代目モデル、65年型の2ドアクーペだ。

 

この時代のカタリナは他に2ドアセダン、2ドアコンバーチブル、そして4ドアセダン&ハードトップ、ステーションワゴンまでラインナップしていた。しかし、タテ目4灯の個性的なマスクはもとより、サイドビューの流れるような美しいラインは、クーペならではのものなのだ!

1965y PONTIAC CATALINA
搭載エンジンは389(6.4ℓ)V8、これに3速ATを組み合わせている。このエンジンは実はカタリナにとってはエントリー仕様で、当時のシリーズには最大455(7.5ℓ)も用意されていたから、これはもう間違いなくマッスルカーなのだ。


サスペンションはフロントが独立式、リアはコイル・リジッドを採用するが、今回の車両はエアスプリングによりローライダー風の仕様にカスタムされていた。そういえば、あえていい感じにヤレた雰囲気を出したボディペイント、キレイに張り替えられた天井、トリム、シートが、購入マインドを刺激する。ほらほら、欲しくなっちゃうでしょ?

サスペンションはエアサス仕様に変更されているが、これは乗り心地というよりも上げたり下げたりのパフォーマンス重視…? と思いきや、思った以上に乗り心地が上々だ。柔らかくてリバウンド感はあるが、長大なホイールベースがそれをうち消してくれているようだった。ちなみにこのカスタム、『マルセロ』で行ったのではないそうだが、たまにはこのようなジャンルも扱うのだとか。

1965y PONTIAC CATALINA

エンジンはスタンダードとはいえ、ハイパフォーマンスで定評のあるポンティアックエンジン。今なお、交通の流れに乗る元気さを誇る。ポジショニングとしてはポンティアックのエントリークラス。しかしホイールベース3073㎜、全長5451㎜のフルサイズボディは、かなりの迫力と存在感だ。

タテ目4灯のマスクは少々コワモテだが、そこからリアに向かっていく流麗なラインは、ちょっとアンバランスではあるものの、逆にそこがカッコいい! 今回の車両はマットなグリーン系のカラーにペイントされていたが、それがちょっとヤレていい雰囲気。ドアノブやサイドミラーもスムージングされていた。


インパネまわりはほぼノーマルのままのよう。横直線的なレイアウトがゴージャス感を主張する。後付けで今どきの性能を持ったエアコンも装備。ただしインパネパッドはなくなっている。シートやトリム、天井は張り替えられていて、美しい仕上がり。シートは前後ともベンチ式、ローバックスタイルだ。

撮影車両に搭載のエンジンは、ポンティアックの389(6.4ℓ)。カタリナにとってのスタンダードエンジンで、265hpを発揮する。組み合わせるトランスミッションはコラムシフトの3速オートマチック。ちなみにこの時代、トランスミッションは他に3速マニュアルと、2速オートマチックも用意されていた。またエンジンも、3代目モデルについては'70年まで続いたが、最終モデルでは360hpの455(7.5ℓ)も用意されることになった。



サスペンションはフロントが独立式、リヤがコイルリジッド。基本はコイルスプリングが採用されるが、撮影車両はエアスプリング仕様、いわゆるローライダー風にカスタムされていた。リアトランクにエアタンクを備え、スイッチで車高を上げ下げできる。タイヤはP185/75R14サイズのホワイトリボン、ホイールはアメ車にはオーソドックスなデザイン。


1965y PONTIAC CATALINA

C3コルベットをメインに、質のいいアメリカン・ビンテージやマッスルカーをデリバリーしてくれる横浜のプロショップ。お店には常時、20台以上の車両を確保。納車時までには新車同様に仕上げてくれる信頼感は随一だ。


取材協力:マルセロ
http://www.marcelo.co.jp


Text & Photos|アメ車MAGAZINE


最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]