愛車はサバーバンと同じ顔を持つC-1500。当てては直しを繰り返す波乱万丈なアメ車ライフとは!?

ピックアップトラック

アメマガガールズ

シボレー

アメマガ2018年10月号

アメマガガール

アメ車女子

C1500

幼少期から受け続ける、父のアメ車教育が遂に開花!


[vc_row][vc_column][vc_column_text]アメマガではアメ車に乗る『#アメ車女子』たちを事あるごとに応援しているが、今回も2017年に引き続いてアメマガガールスペシャルを展開。アメ車に乗るステキな女性たちをドど~んと紹介しちゃいます!![/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]AMEMAG GIRL Beauty Ridez 彼女たち流のアメ車との付き合い方 #アメ車女子のライフスタイル 12 CHEVROLET C-1500 YUUKA[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]長年サバーバンを愛用し、現在はGMC・バンデューラに乗る生粋のアメ車乗りを父に持つ優香ちゃん。物心ついた頃から当たり前にアメ車と触れ合ってきた彼女が選んだのはサバーバンと同じ顔を持つC-1500。当てては直しを繰り返す波乱万丈なアメ車ライフとは!? DSC_1743[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]

幼少期から受け続ける父のアメ車教育が遂に開花!

どんなに傷をつけても直してくれる父を尊敬 DSC_1616 三重県在住ながら遠方のミーティングにも果敢に遠征する優香ちゃん。以前C/Kだけのミーティングでフロントに大きな傷を負って参加していたのが記憶に新しいが、その名残りでボンネットに差し色を加えているところはご愛嬌。その他にも琵琶湖でのミーティングや2017年に開催された岐阜のガールズオーナーミーティングなど、何気に本誌バックナンバーを見返せば様々なところに出没していた隠れアメマガガールだった。 そんな彼女をようやく取材できたのだが、同行してくれたバンデューラに乗る父がキーマン。彼女がC‐1500に乗り出したのはまだ10代だった3年前。自宅のクルマが常にアメ車だったこともありなるべくしてアメ車に辿り着いたと言えるけれど、初心者にフルサイズはなかなか無謀。それが小柄な女の子となればなおさら。そんな心配をよそに「絶対にサバーと同じ顔のトラックに乗る!」と譲らなかった娘に父は快諾したけれど、乗ってからというもの綺麗にカスタムするどころか、あっちこっち傷が増えて補修を繰り返す日々。あまりの多さにコレも味として楽しむかと成長。 アメリカのトラック事情を見てみれば、部品取りから色違いのドアやリアゲートを移植したまま颯爽と駆け抜けるドライバーも多く、これもある意味本国流の乗り方である。それを意識したわけではないが、結果的にラットな雰囲気を楽しむトラッキンライフとなった優香ちゃんではあるが、見た目はラットでも中身はグッドコンディション! とにかく何があっても自走で自宅に帰れる様にと整備を怠らない父の甲斐もあって、彼女のアメ車ライフは安泰だ。 DSC_1722 DSC_1704 DSC_1626 DSC_1736[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]前日に届くはずだったビレットグリルが間に合わずス、メッシュのスポーティーなフェイス回りでの撮影となったが、フォグのないフロントバンパーや色違いのボンネットなど、負傷しては直しを繰り返す勲章を各所に散りばめるナイスなトラッキンスタイル。 DSC_1658 DSC_1669 DSC_1671   センターキャップの無いビレットホイールも、当時らしいデザインである意味好印象。95年型ということで搭載するエンジンはTBI。ボーテックよりも整備しやすいと父も絶賛のエンジンである。 DSC_1664 DSC_1674   モケットのベンチシートにビレットステアリングとゴージャスに彩るというよりは、むしろ肩肘張らずにラフに乗りこなす感覚のインテリア。助手席のスヌーピーと共に、全国各地ミーティングやツーリングに遠征するのが週末の楽しみ? DSC_1709 DSC_1716[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]自作のGMCエンブレムなどDIYカスタムを中心に自身でできる整備は何でもこなす器用な父を持つ優香ちゃん。実は兄もサバーバンに乗っているそうで、近々家族ぐるみでの取材を構想中。 DSC_1653[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]■Photo &Text:石井秋良[/vc_column_text][vc_separator][vc_column_text]アメ車マガジン 2018年 10月号掲載[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連記事

RELATED


愛車はカスタムトラックのシルバラード。「アイランドスタイルを極めたい」と、目を輝かせる。

アメマガではアメ車に乗る『#アメ車女子』たちを事あるごとに応援しているが、今回も2017年に引き続いてアメマガガールスペシャルを展開。アメ車に乗るステキな女性たちをドど~んと紹介しちゃいます!!

#アメ車女子のライフスタイル 06
ハワイに寄せていきたいアイランドスタイル

愛車のブレイザーはマットブラックで男勝りなワイルドなフォルム

1982y CHEVROLET BLAZER

様々なアメ車を乗り継ぎ、シェビーバンでラットスタイルに到達!

宏実さんはフロアマットの配達からサーキット走行まで、シェビーバンで楽しんでいる。アメマガではアメ車に乗る『#アメ車女子』たちを事あるごとに応援しているが、今回も2017年に引き続いてアメマガガールスペシャルを展開。アメ車に乗るステキな女性たちをドど~んと紹介しちゃいます!!

ホイールはRPBの22インチで、オフセットがマイナス70という圧巻スタイル。シボレーシルバラード CHOSU ☆ アメマガガール

どう見てもこのハイリフトの07年型シルバラードは、筋骨隆々の男子が乗るスタイルだ。にも関わらず、運転席から飛び降りるように出てきたのは、超ミニのワンピースを着るアメマガガール。

憧れ続けたアメ車を購入 シボレーアストロ AKI ☆ アメマガガール

免許を所得してすぐの頃に街中を走っているアストロを見掛けた彼女。当時は名前も分からなかったけれど、その姿を決して忘れることはなく、二年前にようやく手に入れ、いずれは子供たちともその魅力を分かち合いたいと、家族全員がアメ車に乗ることを目論む。

 

最新記事


2023/12/04

-アメカルにまつわるエトセトラ- #33 NICE BUDDY

コラム

2023/12/04

色のコダワリは無いが、何故か黄色のチャレンジャーを3台乗り継ぐ

クーペ

ダッジ

走れるチャレンジャーカスタムを提案するCARBOX。ヘルキャットオーナーの竹林さんは、実はこの車両が3台目のチャレンジャーだったりする。

2023/12/01

道なき道の先の目的地へ、クルマ選びは走破性最優先!ラングラーアンリミテッドサハラ

SUV

ジープ

「Jeepとアウトドアは相性が良い」。そんな生温い話ではなく、一歩間違えれば死を覚悟して挑む過酷なクライミングに挑戦し続ける週末冒険家の藤本さん。そんな彼が愛用するラングラーが生々しくてカッコいい!

2023/11/30

半世紀を超えてもなお、ファンを魅了し続けるベビカマ

クーペ

ビンテージ

シボレー

2ℓ搭載がスタンダードになった現代版のシボレー・カマロ。決して現行モデルが物足りない訳じゃない。扱いやすさに快適性、燃費にパフォーマンスと、何を比較しても半世紀前のモデルの比じゃない。それでも魅力的に映えるカマロのファーストモデル。通称「ベビカマ」。その魅力に迫る。

ランキング


2022/05/31

知名度が抜群に高いのがファースト・ジェネレーションのダッジ・チャレンジャー

クーペ

ビンテージ

1973 DODGE CHALLENGER

2019/03/27

漆黒のごとく深い艶を放つシェベル。そのコンセプトはマイアミから生まれたNEW STYLE。

クーペ

ビンテージ

シボレー

アメリカン・ヴィンテージカーの金字塔、シボレー・シェベルについてご紹介。1970年にカスタムされたシボレー・シェベルSSに焦点を当て、その特徴やアップグレードを詳細に解説する。深みのあるブラックボディ、モダンなカスタム、LS1エンジン、大型ホイール、強化ブレーキ、高度なサスペンションなど見どころ満載。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]