憧れ続けたアメ車を購入 シボレーアストロ AKI ☆ アメマガガール

バン

アメマガガールズ

シボレー

アメマガガール

アストロ

シボレー

アメ車女子

CHEVROLET

免許を所得してすぐの頃に街中を走っているアストロを見掛けた彼女。当時は名前も分からなかったけれど、その姿を決して忘れることはなく、二年前にようやく手に入れ、いずれは子供たちともその魅力を分かち合いたいと、家族全員がアメ車に乗ることを目論む。


いずれは子供三人もアメ車乗りにそして家族で5台所有が目標

DSC_8162

18歳で免許を取れば、次は何に乗ろうかと考えるのは自然な流れ。そんな時に街中で見掛けたのがアストロだったというアキさんだけど、その時はアストロという名前を知らなかったのでステップワゴンと勘違いしていたことは、今となっては笑い話。

DSC_8110

アストロに対する憧れはありつつも最初は軽自動車からスタートした彼女。

DSC_8144

子供ができたことで手狭となりステップワゴンに乗り換えたというのだが、もしかして…と思いきや、この時点ではアストロとステップワゴンの違いをしっかりと把握(笑)。

憧れ続けたアストロ不満がないのが不満(笑)

DSC_8182

ステップワゴンを選んだのは四角いクルマが基本的に好きだからという理由から。それでもいずれはアストロ…という思いは捨てていなかった。そんなアキさんに転機が訪れたのが二年前。

DSC_8153

真っ白なボディの1997年モデルのアストロと出会い、憧れ続けたクルマを購入。そんな彼女の愛車は今年で20年が経過するが「まだまだピチピチ?」と。しかし、細部をよく見れば塗装のクリアが剥げていたりと、時間の経過を感じさせるところがあちらこちらに。

DSC_8170

というわけで、ボディをリフレッシュさせたいということなのだが、アレもいいなぁ、コレもいいなぁと迷い中で「アイデア募集中!!」と。でも、こうして考えている時が楽しかったりするわけだけど♪そしてアキさんには12歳と10歳と5歳の三人の子供がいる。子供と趣味を共有したいという思いは親であれば当然描くもの。

DSC_8176

彼女としては子供たちにもアメ車(アストロもしくはシボレーのいずれか)に乗らせ「目指せ家族で5台!!」というのが夢だったりする。全員が免許を取得するとなると13年後だけど、この決意は相当固い。実現した日には5台が並ぶ光景を収めさせてほしいなぁ。

DSC_8129

購入して二年が経過するけれど、モニターや室内灯をピンクにした以外は購入時のまま。しかし、そろそろ手を掛けてあげないとボディが可愛そうってことでオールペンを目論んでいるが、何色にするかを悩み中。

DSC_8127 DSC_8147 DSC_8150


■ Thanks:タカヤマ自動車
TEL 076-249-6155 
http://takayama-apt.com


■Text & Photos|アメ車MAGAZINE
アメ車マガジン 2017年10月号掲載


関連記事

RELATED


男子にも負けたくないから,最先端カスタムを取り入れる!【アズールモータリング】

カスタムで世界進出も果たす愛知県のアズールモータリング。そんな同ショップが「凄い気合の入ったオーナーがいる」とまで言わしめるのが、16年型カマロに乗るまゆみんさんだ。

絶妙なクビレを持つシボレーコルベットC5のグラマラスボディ SAKI(@Acat) ☆ アメマガガール

誰よりもセクシーに♡ 絶妙なクビレを持つコルベットC5のグラマラスボディを、更にセクシーに磨きをあげるSAKIさん。女性オーナーならではの絶妙な色気を放つセクシーカスタムの魅力とは!?

ホイールはRPBの22インチで、オフセットがマイナス70という圧巻スタイル。シボレーシルバラード CHOSU ☆ アメマガガール

どう見てもこのハイリフトの07年型シルバラードは、筋骨隆々の男子が乗るスタイルだ。にも関わらず、運転席から飛び降りるように出てきたのは、超ミニのワンピースを着るアメマガガール。

様々なアメ車を乗り継ぎ、シェビーバンでラットスタイルに到達!

宏実さんはフロアマットの配達からサーキット走行まで、シェビーバンで楽しんでいる。アメマガではアメ車に乗る『#アメ車女子』たちを事あるごとに応援しているが、今回も2017年に引き続いてアメマガガールスペシャルを展開。アメ車に乗るステキな女性たちをドど~んと紹介しちゃいます!!

トランスポーターとして使い倒す!! シボレーアストロ / クルマも買ってないのに手に入れたパーツ!? シボレーアストロ

やっぱりASTROが好きなんじゃ!! 1994 CHEVROLET ASTRO / OWNER Fuku 1989 CHEVROLET ASTRO / OWNER Satoshi Suzuki

 

最新記事


2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

ランキング


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】