ダッジ チャレンジャー SRT ヘルキャット レッドアイは797hpエンジンを搭載。

クーペ

ダッジ

新車インプレッション

SRTヘルキャット

チャレンジャー

チャレンジャーSRT Hellcat REDEYE

アメマガ2018年10月号

レッドアイ

ヘルキャット

ヘルキャット・レッドアイ

最強のマッスルカー「レッドアイ」
2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye


2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye、2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ

2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye

 

最強のマッスルカー「レッドアイ」


話題の「ヘルキャット」「デーモン」をラインナップして、日本国内でも人気絶頂のダッヂ・チャレンジャーだが、2018年の後半にリリースされる2019年モデルには、 ヘルキャット のパワーアップや新ラインナップの追加など、注目すべき話題が盛りだくさんだ。

「究極のチャレンジャー」ヘルキャット・レッドアイが目指した『究極』とは一体なにか

2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye Widebody - fender badge
モダンマッスルカーによるパワーウォーズが繰り広げられる中、現状で頭ひとつ抜け出しているのがダッジ・チャレンジャーだ。言うまでもなく ヘルキャット デーモンの成果である。パワーウォーズの頂点に立ったチャレンジャーであるが、2019年モデルでもその歩みを休める気配を見せていない。
2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ、2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye
2019年モデルでは、ヘルキャットを707hp→717hpとパワーアップ。さらにヘルキャットの上位モデルとしてヘルキャット・レッドアイを新設、こちらは797hpエンジンを搭載しての登場となった。デーモンは2018年モデル限りの限定車だったので、現状では、最強のマッスルカーはこの 「レッドアイ」 ということになる。
パワーアップしたヘルキャットも ヘルキャット・レッドアイ も、エンジン自体は6.2ℓ V8 HEMIのスーパーチャージャー付きで、トランスミッションは8AT。ピークパワーの差は、スーパーチャージャー容量、ブースト圧、最大許容エンジン回転数、フューエルポンプの違いなどによるもの。
2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ、2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye
ヘルキャット・レッドアイ の場合、フルスロットル状態を11分間続けると燃料タンクが空になるほど燃料充てん効率が高いという。もちろん通常の高速走行では22mpg(9.35km/ℓ)という燃費性能を持っているので極端な浪費家というわけではない。
これら、チャレンジャー2019年モデルのラインナップがディーラーのショールームに到着するのは2018年の10月以降になる。
2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ、2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye
2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ、2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye
2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ、2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye
2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ、2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ、2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye

アイファイブならではの確固たるスタンスは、リニューアルしても変わらず人々を魅了

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE
アメ車マガジン 2018年 10月号掲載

関連記事

RELATED


「究極のチャレンジャー」ヘルキャット・レッドアイが目指した『究極』とは一体なにか

究極のドラッグレーサーを目指した高性能マッスルカーは「レッドアイ」。2019年型ダッジ・チャレンジャーSRTヘルキャット・レッドアイ・ワイドボディには6.2L V型8気筒HEMIエンジンにスーパーチャージャーを搭載。パワーと使い勝手、デザインにもこだわったマッスルカーにフォーカス。
TRAGET THE CHALLENGER
2019 CHALLENGER SRT HELLCAT REDEYE WIDEBODY

アイファイブならではの確固たるスタンスは、リニューアルしても変わらず人々を魅了

TRAGET THE CHALLENGER
I-5 CORPORATION

ネーミングの「1320」はドラッグレースのスタートからゴールまでの距離のこと。

“Angry Bee”に気を付けろ!!

LUXZ(ラグジ)の名を世に知らしめた 孤高の存在感を放つスタイル

ファッションやガジェットなど、世の中のデザインには流行がある。それはカスタムにも言える事で、時間が経過すると廃れてしまう事もある。だが、本当に優れた物は時間を超越し、普遍的な存在となる。

レッドアイをさらにチューンし史上最強807hpを発揮

2023年イヤーモデルで生産が中止となるチャレンジャー&チャージャー。限定のラストコールに注目が集まるなか、ダッジは公道走行最速となる807hpを発揮するレッドアイ・ジェイルブレイクを登場させた。愛知県のカーズスパークに、話題のジェイルブレイクが続々入庫しているぞ!

 

最新記事


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

ランキング


2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger