四駆オヤジたちによる、佐渡島林道ツーリング

イベントレポート

アメマガ2018年10月号

ツーリング

佐渡島

四駆第一世代の先輩方が、仕事が一息ついたこともあり数年前から泊りがけのツーリングを楽しんでいた。


SADOGASHIMA WOODLAND TRAIL TOURING 2018.0702-04

日本で四駆のムーブメントが沸き起こったのは、およそ40年前。その時に、今では老舗と呼ばれる専門店が全国でオープンするが、当時はまだまだ少数派。そんな四駆第一世代の先輩方が、仕事が一息ついたこともあり数年前から泊りがけのツーリングを楽しんでいた。そんな「親父たちのツーリング」が4年ぶりに開催された。

四駆の醍醐味もエンジョイできた佐渡島の旅

_N6I5793

今回の舞台は、新潟県・佐渡島。金山やたらい舟、トキの繁殖など、断片的な情報は知っていても、知らない人がほとんどでは? また佐渡出身のトップロード・伊賀社長が「是非皆さんに、自分の故郷を見て欲しい!」ということで、目的地が決定。行きは直江津港から佐渡に渡り、佐渡島を縦断。

佐渡の中心とも言える両津港から本土に戻るというルートとなった。本来なら、前述した第一世代の方々が中心となるが、鬼籍に入られた方や精密検査という事情で、数名が欠席。結果的には、日本四輪駆動車用品協会(JAFEA)のメンバーが中心となり、第二世代や第三世代のメンバーが参加。オヤジたちと呼ぶには些か若返った顔ぶれとなった。

参加車両はいずれも四駆。アメ車をピックアップすると、タイガーオート山中社長は日本未発売のJLラングラーで参加。ヘッドクォーター秋元社長は初代デュランゴ。他にもプラドや三菱ジープ、レンジローバー・イヴォーグなど、バラエティ豊かなラインアップとなった。乗用車なら走るルートは舗装路だけだが、今回は敢えて林道にもトライ。

通行止めや舗装化が進み、残念ながら短い区間だけであったが、四駆の醍醐味を実感できた。もちろん林道だけでなく、佐渡を代表する観光スポットや酒蔵も巡ったが、その中で何よりも驚かされたのが、海産物の美味しさ! トビウオの刺身など、本州ではなかなかお目にかかれない物でお腹を満たし、一同は3日間のツーリングを終え、帰路についた。

神奈川県・葉山の地で、28年間に渡り四駆やアメ車のカスタムを手がけるヘッドクォーターの秋元社長。今回は、日常の足としても愛用するデュランゴで参加。ランチョのキットで4インチリフトアップを行い、BFGoodrich All-Tellain KO2の285/70R17を装着。

_N6I5306

アメリカでは、すでに発売されている新型ラングラーJL。そのオフロード仕様ともいうべきルビコンをいち早く輸入したタイガーオート山中社長。今回は、同じく発売されたばかりの新タイヤ「BF Goodrich Mud-TellainKM3」を装着し、オン/オフの性能もチェック。

_N6I5276

Day1 初日は基本的に移動日で、メンバーのほとんどは上信越道の横川SAに集合。そこから北上し、直江津港を目指す。ここから、独特な形をした高速カーフェリーで1時間40分かけて小木港に上陸。さらに佐渡島の南半分を縦断し、加茂湖のほとりにある「湖畔の宿吉田屋」に宿泊。

_N6I5254

だが、水先案内人であるはずのトップロード・伊賀社長のランクル60にトラブルが発生。何とか宿には辿り着いたが、安全を考慮してここに置いて行く事に。夜は地元のお店に足を運び、トビウオの刺身や、アワビ尽くしの料理を堪能。亀の手なども実に美味でした。

_N6I5346  

佐渡島へは直江津港と新潟港から毎日佐渡汽船がフェリーを運行中。ホームページからの予約で割引になるほか、60歳以上のシニア割引も設定。今回の直江津港→小木港、両津港→新潟港の回遊ルートで4m以上5m未満の車両の場合、1台35,490円(税込)であった。

_N6I5180 _N6I5166

Day2 1台車両が減ってしまったが、気を取り直してコンボイでドンデン山(正式名タダラ峰)を目指す。山頂近くでは桜や紅葉、時には放牧されている牛に出会えることも。そこからメインイベントの1つである林道を走破。舗装化が進み短区間であったが、大型四駆にはいささか厳しい場面も。その後一行は回転寿司に立ち寄るが、大当たり。

ツインランド生井社長は当初敬遠していたが「旨い旨い」という始末。お腹が満たされたところで、知らない人はいないであろう佐渡金山を探訪。ケースから金塊を取り出すゲームに年甲斐もなくヒートアップ! そこから地元の「真野鶴酒造」を訪れハンドルを握らないメンバーは試飲&お土産を購入。

さらに江戸時代の街並みがいまも残る宿根木を見学。たらい舟や北前船も見学したかったが、盛り沢山のメニューだったため、残念ながらここで時間切れとなった。本日の宿は、日本海が一望できる相川温泉のホテル吾妻。

昼間に一度見学した「北沢浮遊選鉱所」では夜間のライトアップを行っており、シャトルバスも運行中。昼間とは全く異なる妖艶な世界が広がっていた。宿に戻ると、ロビーではちょうど佐渡おけさの演舞中。トキを見られなかったのが少々残念ではあるが、まさに佐渡尽くしの1日であった。 _N6I5635 _N6I6321  

ドンデン山の展望台では、天然水で作ったかき氷が味わえる。広大なパノラマを楽しみながら味わうスイーツは、わざわざここまでして来る甲斐があるというもの。佐渡金山では、金にちなんだ金箔ソフトや金箔コーヒーも販売中。比較的リーズナブルなプライスだが、何となくゴージャスな気分になれるのが不思議だ。 _N6I5519_N6I5979

Day3 前日の晩のことであるが、有志による麻雀大会が深夜まで繰り広げられ、熱いバトルを開催。少々寝不足気味ではあるが、台風が近づいていることもあり、当初の予定を早め朝には佐渡を後にすることに。三菱ジープの佐藤さんとは宿で別れ、一行は両津港を目指す。新潟港へは一般的なカーフェリーで2時間半の船旅。

改めて、行きの高速フェリーの俊足さを実感。港を離岸すると、昨日登ったドンデン山の全容が見え、旅の終わりを実感した。新潟港に上陸したのは12時少し前。3日間、海産物尽くしだったこともあり、誰ともなく「肉が食べたいね(笑)」との声が。ええ、みんなワガママなんですよ。 _N6I6424 _N6I6529  

古い船の材料を再利用した宿根木の家並み。江戸時代から残るものもあり、文化財としても貴重なもの。東日本在住の人にしか分からなくて申し訳ないが、JR東日本のCMで吉永小百合さんと同じポーズを取るのは、ロードハウスの島根社長。ちなみに服の色合いもたまたま一緒という偶然。 _N6I6240  

たらい舟に乗ることはできなかったが、片付けをしているおやっさんとワンコに遭遇。船に乗っても怖がる様子もなく、実に慣れていた。

_N6I6297
Photo◆Takeo Asai 
Report◆Ryo Sorano
アメ車マガジン 2018年 10月号掲載


最新記事


2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。

2024/05/15

SUVが小さく見える、本気のモーターホーム【2022 TIFFIN ALLEGRO BREEZE 33BR】

キャンピング

OTHER

アウトドア

アメ車の専門店は全国にあるが、バスの様なモーターホームを扱うのは、熊本のワッツ以外にないのでは?代表の村上さんは「他店にはない個性」を追求した結果と語るが、全国から問い合わせが後を絶たないそうだ。

ランキング


2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2020/07/28

【パワーと贅沢の融合】一度は乗ってみたいGMCシエラ・デナリの魅力

ピックアップトラック

GMCシエラ・デナリについて解説。シボレーよりもGMC派にとっては、ヘビーデューティ性能とラグジュアリーが融合した魅力的な選択肢として人気の車種。豪華な装備やオフロード性能、EcoTec3 5.3L V8エンジンなど、ユニークな特徴をご紹介しよう!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。