今こそゲットしたいハマーH2。派手過ぎないのがスタイリッシュ。

SUV

ハマー

H2

ワッツ

アメマガ2018年10月号

28インチ

ジェネリー

ゼノン

熊本県

カスタムのコンセプトに掲げたのは「やり過ぎないこと」。60年代のビンテージカーから巨大なモーターホームまで、あらゆるジャンルのアメ車を幅広く取り扱う、熊本の「ワッツ」。特にディーゼルエンジン搭載車には力を入れているが、エスカレードや今回紹介するH2のカスタムも積極的に行なっている。


2004 HUMMER H2

やり過ぎないレベルがキモとなるハマーカスタム

_N6I6665

かつて、一世を風靡したハマーシリーズ。とりわけ「H2」は、ラグジュアリーカーとしての人気が高く、2010年の生産終了から8年が経過するが、今なお根強い人気を保ち続けている。最近は比較的手頃な価格になり始めたこともあり、夢だったクルマがようやく手が届くようになった人も多いのではないだろうか?

そんなH2をカスタムするのは、ビンテージカーからキャンピングトレーラーまで、オールジャンルのアメ車を取り扱うワッツ。カスタムのコンセプトに掲げたのは「やり過ぎないこと」。ノーマルのままでは樹脂むき出しのバンパーなどは、XENONのエアロバンパーに交換し、各部をボディと同色のホワイトにペイント。

_N6I6699

H2のカスタムでは定番メニューとされるメッキアイテムを追加するが、ドアノブやガスキャップなどピンポイントに留めることで、ブラック×ホワイトのボディのアクセントとして効果的な役割を果たしていると言えよう。 インテリアに目を移すと、インパネやドアハンドル部分はウッド調に変更。

また、純正のエアコンパネルや4WDの切り替えスイッチをセンターコンソール内に移設することで、インパネ中央にはカーナビに加え、11インチのモニターをインストール。ナビを起動させつつDVDも楽しめるシステムを構築している。 ヘッドライトなどはLEDに変更し、スタイルだけでなく夜間の視認性も向上。見た目だけでなく機能もアップデートしている。

 

_N6I6683

H2のノーマルでは樹脂パーツがむき出しになっている部分が非常に多く、そのままではオフロード色が強くなってしまう。そこで各部をボディ同色にマッチペイント。前後のバンパーはXENONに変更。

足元やサイドモール、テールランプ、Aピラー&ルーフレールをブラックに変更し、更にはピンポイントでメッキパーツを追加。これらの変更により、スッキリとしつつも引き締まった印象を受ける。

_N6I6680  

H2が新車で販売されていた頃は、まだまだHIDの全盛期。だが、近年ではLEDヘッドランプが主流になってきたこともあり、ランプユニットごとアッセンブリーで交換。フロントマスクのイメージを一新し、機能性や安全性も向上させている。

_N6I6720  

ホイールは、ジオバンナファミリーの中でもSUVをメインターゲットにしたGianelle designsの28インチをチョイス。タイヤはハイパフォーマンスな雰囲気を漂わせる、ライオンハートの325/35R28を組み合わせる。

_N6I6764  

エアコンや駆動システムのスイッチを、センターコンソールの中に移設。大胆な変更を行なったことでインパネ部分の自由度が高まり、11インチのモニターや7インチナビのインストールを実現。ウッド調のペイントを施すことで、外観に劣らぬラグジュアリー感を醸し出している。

_N6I6825 _N6I6824 _N6I6810

WOT'S【ワッツ】
◆Location 熊本県熊本市南区砂原町329-1
◆tel:096-228-1666 http://www.wots.co.jp/


熊本の中心地から西に走ること約15分。熊本港に向かう県道51号線の北側に、ワッツはある。アメ車だけでなく、バスのように大きなキャンピングカーが店頭に置いてあるので、それを目印にすればまず迷わないだろう。 _B0V0202

Photo ◆ Takeo Asai Text ◆ Ryo Sorano
アメ車マガジン 2018年 10月号掲載


関連記事

RELATED


ゴリゴリのカスタムするも良し ノーマルで小粋に乗るのもナイスなH2【LOOK'S】

数多くのアメ車のカスタマイズ、ならびに販売を手掛けてきたLOOK'S。ハマーH2の取り扱い実績も豊富で、取材時にも複数のハマーH2の姿があった。中にはノーマルのスタイルを維持したH2もあって、そちらにも大いに注目したい。

爽やかなヤングファミリーが乗る、コワモテオーラ全開のハマーH2

2006 HUMMER H2

今でも「いつかはハマーH2に乗りたい!」と思う人は後を絶たない。

2002年から2010年まで販売されたH2。ハマーを名乗るがH1とはまったく別物で懐疑的に見る人も少なくなかったが、セールス的には大ヒット。瞬く間にスターダムにのし上がって、不動の地位を確立した。

正規ディーラーのカスタムハマー ノウハウをたっぷり注いだハマーH2&H3【ウイングオート】

GM正規ディーラー「シボレー名岐」を運営する愛知県のウイングオートは、ハマーの正規輸入があった時代には、その正規ディーラーとしても活躍していた。そのノウハウをたっぷり注いだ2台の在庫車は、どちらも必見だ。

VIPスタイルの雄がデザインする類まれなラグジュアリーのカタチ ハマーH2【アレスインターナショナル】

岐阜県を拠点として、大規模な展開で様々なドレスアップカーを展開するアレスグループ。そのインターナショナル部門が手掛けたハマーH2は、ワンランク上のVIP路線を実現する。

 

最新記事


2024/06/25

錆の悩みを解消。効果絶大防錆ペイント!防振・防音・密封・耐熱の効果も高い

メンテナンス

普段あまり見る機会がないボディ下回り。アナタの愛車は、もしかしたら錆で腐食が進行しているかもしれない。そのまま対策を取らずに放置していくと… 。愛車のために、簡易的ではなく本格的な錆対策をオススメする。千葉県のガレージジョーカーでは、効果絶大な防錆ペイントの施工を行なっているぞ!

2024/06/24

走りを楽しむジョイベース、オリジナルマフラー販売開始!

フォード

チューニング

マスタングで本気のドリフトを楽しむジョイベースは、ドリフトやサーキット走行での経験を元にサスペンションなどのオリジナルパーツを開発中。そして新たに開発したのがオリジナルマフラーだ。

2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

ランキング


2024/06/24

走りを楽しむジョイベース、オリジナルマフラー販売開始!

フォード

チューニング

マスタングで本気のドリフトを楽しむジョイベースは、ドリフトやサーキット走行での経験を元にサスペンションなどのオリジナルパーツを開発中。そして新たに開発したのがオリジナルマフラーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。