【ホイール】北米発のタフさが魅力なブランド『GRID OFF-ROAD』を紹介

ホイール

アメマガ2018年12月号

グリッド

AMERICAN 4×4

ホイールを選ぶ際に純正ライクを選ぶか、それとも「わかってるね!」と言わせるディープなサイズやデザインを選ぶか迷うところ。今回はそんなホイールでお悩みのあなたに近年のホイール傾向と、今おすすめしたいタフな北米ブランドをご紹介しよう。

Photo &Text:アメ車MAGAZINE編集部

AMERICAN 4×4 タフでパワフルなアメリカン4×4


GRID OFF-ROAD

大きなエンジンに大きなボディ、タフでワイルド。「たくさんの人と荷物を乗せての移動も快適」これらがアメリカンな4駆の最大の長所。まさにアメリカらしい世界観だ。今回はそんな4駆を4駆たらしめている縁の下の力持ち、ホイールについてご紹介。知っておくべき北米のタフギアブランド「GRID OFF-ROAD」を特集。

この記事で紹介するホイールの情報

GRID OFF-ROAD JAPAN

TEL:054-277-0551
URL:http://grid-offroad.jp

ディー プか純正ライクなホ イールどっちを選ぶ? 

オフロードスタイルへとメイクする際に悩むのがサイズ選択。しかし、グリッドオフロードはサイズバリエーションが豊富。もちろんデザインも。悩んでいるアナタにオススメな22インチ&20インチを紹介していこう。


アメリカンSUV&ピックアップトラックに向けたホイールブランドが乱立するなか、その戦線に名乗りを挙げたグリッドオフロード。

 
スタイリッシュなデザイン性に優れ、さらに豊富なラインナップを誇るサヴィーニの流れを汲むとあって、グリッドオフロードもバラエティ豊か。しかしどのモデルにも共通しているのは、タフに使えるのに、街中ではしっかりと映えるといった、ボトムだけで車自体の印象を大きく変えるほどの存在感がハンパないことだ。

グリッドオフロードのラインナップ

グリッドオフロードのラインナップは1ピース&2ピースの鍛造モデルと1ピースの鋳造モデルの3タイプ。やはりフルオーダー可能な鍛造モデルは値が張るため、オススメは17インチであれば1本7万円台から手に入る鋳造モデルだ。

一層際立つワイルドなホイールなら22&20インチを

GRID OFF-ROAD

 撮影したモデルのサイズは22&20インチ。22インチはリム幅が12Jということで、GD3の様なディッシュタイプであればそのディープさが一層際立つだけでなく、リフトアップして組み合せるのがイマドキの組み合わせ。

[右ホイール]GD1
サイズ:22×12
カラー:Matte Black with Color Inserts

 
[中央ホイール]GD4
サイズ:22×12
カラー:Gloss Graphite Milled

 
[左ホイール]GD3
サイズ:22×12
カラー:Gloss Black 
 

サイズ変化はさせず20インチでワイルドメイク

GRID OFF-ROAD

そこまでサイズアップはしなくても、しかしワイルドにメイクをしたいという人には20インチがベスト。純正ホイールでは20インチがもはや主流だけに違和感なくフィットさせることが可能。どちらもアグレッシブな車両の演出には打ってつけだ。

[右ホイール]GD9
サイズ:20×9 / 20×10
カラー:Matte Black Milled

 
[中右ホイール]GD8
サイズ:20×9 / 20×10
カラー:Metallic Dust Matte Black

 
[中左ホイール]GD10
サイズ:20×9 / 20×10
カラー:Matte Anthracite Milled w/ Black

 
[左ホイール]GD3
サイズSizes:20×9 / 20×10
カラー:Gloss Black with Milled


GRID OFF-ROAD

TEL:054-277-0551 http://grid-offroad.jp

関連記事

RELATED


ありそうでなかった「欲しい」が カタチになったJK用ホイール ASH WHEEL TTR244

JKラングラー用に開発された、THEESのオリジナルAW「TTR244」。大きなエンジンに大きなボディ、タフでワイルド、たくさんの人と荷物を乗せての移動も快適、これからがアメリカン4×4最大の長所。まさにアメリカらしい世界観。今一度戯れたいアナタに贈る大特集。

もっともアメリカンスピリットを踏襲するアメ車 AMERICAN 4×4
タフでパワフルなアメリカン4×4 真の魅力を味わう時は今しかない!!

実は根強い人気を誇る「シャイアンフェイス」に注目!

クラシックな雰囲気に仕上げるカスタムがブーム到来!?

北米発の「グリッドオフロード」がJKラングラーをメイクし、ストリートシーンに殴り込みをかける。

超絶クールなホイールがオフロードの本場で誕生

DIYで仕上げたハイリフトのハマーH2に14.0Jの刺激的なボトムスで攻める!!

ハイリフトの定番とは異なるエッセンスに注目

【WORK ZEAST ST2】研ぎ澄まされた刃の様な妖艶な魅力を漂わせる

アメ車を始め、様々な輸入車を扱うオールインポート。スタイルだけでなく性能も追求したカスタムに定評があるが、同社が絶大な信頼を置くのは、メイド・イン・ジャパンが誇るWORKだ。

 

最新記事


2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2024/04/11

圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

メンテナンス

ショップ

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

2024/04/10

カスタム済みの中古車なら購入時からスタイリッシュ!【トップスピード】

SUV

ジープ

最近、JEEPが気になる人が増加中!でも、今からディーラーに新車を買いに行っても数年待ちは当たり前。「今すぐ乗りたいし、カスタムしたい!」という人に、TOPSPEEDのラングラーをお勧めしよう!

ランキング


2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】