ライバルである兄にはコルベットの購入をずっと秘密にしていた

クーペ

シボレー

コルベット

ジェットシティ

アメマガ2019年1月号

C6コルベット

American Car Life of Young Guys

「速いクルマが一番」という考えから、コルベットを手にすることを決意


American Car Life of YOUNG GUYS

若い僕たちがアメ車を選んだ理由とは…

ここ最近よく言われる言葉として「若者のクルマ離れ」がある。果たして本当に若者たちはクルマに興味がないのだろうか?もちろんそういった一面があるのは事実かもしれないが、ここで紹介するのはクルマが好きで、アメ車が好きな若者たちばかり。そんな彼らが何故アメ車を選んだのかをじっくりと聞いてみることにしよう。

父の影響はやはり絶大だった、父、兄に続いてアメ車乗りへ!

ライバルである兄には購入をずっと秘密にしていた

2007 Chevrolet Corvette C6
橘ちあきさん

父が乗っていた4thカマロは、同級生の父が持つクルマのなかでもダントツにカッコよかった。「いつかは俺も」。日本車などには目もくれず、アメ車に乗ることを心に決め、それを実現した弱冠19歳の橘さん。

兄もアメ車乗りで負けたくないライバル

とにかく若い世代のオーナーが多く集まる広島県のジェットシティのなかでも、最年少アメ車乗りが、07年型コルベットC6に乗る橘さん。弱冠19歳。初めてのアメ車というばかりか、初めて所有するクルマがこのコルベット。クルマ離れが進み「近頃の若い子は」なんて言っているオジサマ達も、アメリカンスポーツの王道コルベットを19歳で買う大胆な行動には驚くばかりだろう。


この若さでコルベットを選ぶということは、橘さんのアメ車熱が相当なのが分かるが、彼をそこまで熱中させたのがお父さんだ。以前お父さんは4thカマロを所有し、学校の送り迎えもカマロでやっていた。同級生のお父さんが乗っているクルマとは明らかに違う存在感。

「とにかくカッコよかったですね。友達からも『お前のお父さんスゲーな』って言われて嬉しかったのを覚えてます」。その喜びがいつしか「俺もアメ車に乗る」と思うようになり、「速いクルマが一番」という考えから、コルベットを手にすることを決意したという。


2007 CHEVROLET CORVETTE、2007 シボレーコルベット
撮影日当日の時点で、厳密に言えばコルベットはまだ納車前の整備中。カスタムも購入時に装着されているままのようだ。いずれはホイールやマフラーなどを交換して、オリジナルのスタイルに仕上げていく予定。


2007 CHEVROLET CORVETTE、2007 シボレーコルベット
橘さんには、3歳上の兄がいる。その兄もまたアメ車乗りで、07年型チャージャーを所有する若きオーナーなのだが、兄にコルベットを購入することをずっと秘密にしていて、今回の撮影2日前に報告したという。「やっぱり兄はライバルですから。

2007 DODGE CHARGER

負けたくないし、驚く顔が見たかったんです」。一方、その兄(なつきさん)は「メチャクチャ驚きましたよ。何コルベットって? 何アメマガの撮影って? とにかく色々驚きました(笑)」。

チャージャー、コルベット
撮影日2日前に、弟のちあきさんから「コルベットを買った。アメマガの撮影がある」ことを知らされた、兄のなつきさん。2年前に07年型チャージャーを購入したアメ車の先輩でもある。「驚きました。悔しいやら嬉しいやら…」。

兄弟揃って、負けじとカスタムに走りそうだ。アメ車に対する不安も、父と兄がいるから問題ない。「壊れたら直せばいい」。それが父から言われた金言だそうだ。


■取材協力/JETCITY
TEL:082-820-0377
HP:http://carshop-jetcity.com/


■写真/高原義卓
アメ車マガジン 2019年 1月号掲載


最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】