MSTに集う若きアメ車オーナーたち コルベット&H2

クーペ

SUV

シボレー

ハマー

コルベット

H2

アメマガ2019年1月号

MSTオートモーティブ

東京都

American Car Life of Young Guys

「クルマがないと人生つまらない
American Car Life of YOUNG GUYS


アメ車を愛する若者たち

若い僕たちがアメ車を選んだ理由とは…

ここ最近よく言われる言葉として「若者のクルマ離れ」がある。果たして本当に若者たちはクルマに興味がないのだろうか?

もちろんそういった一面があるのは事実かもしれないが、ここで紹介するのはクルマが好きで、アメ車が好きな若者たちばかり。そんな彼らが何故アメ車を選んだのかをじっくりと聞いてみることにしよう。

Chevrolet Corvette&Hummer H2

クルマなしの生活は考えられないと力説
Chevrolet Corvette、Hummer H2

Chevrolet Corvette owner:翔太さん @boil0521
Hummer H2 owner:永遠さん @towa_nc42

コルベットのオーナーである翔太さんと、H2のオーナーである永遠さん。二人は元々知り合いだったわけではないけれど、MSTでアメ車を購入したことをキッカケに年も近いことで意気投合。話題はもっぱら愛車談義。

人生を楽しくするにはアメ車が欠かせない

東京都足立区のMSTオートモーティブ。新車・中古車の販売をメインに、カスタムから修理まで幅広く業務を行なっている同ショップを訪れるユーザーは数多いが、ここ最近とくに多いのが20代前半の若年層だというのだ。またいつもの軽いノリで言ってんじゃないの~なんて冗談を言いつつ、それを検証するために二人のオーナーさんに集まってもらった。


まずはコルベットC5のオーナーである翔太さんは21歳。それにH2のオーナーである永遠さんはさらに若く19歳。「この二人以外にも若い子がもっといるよ」とはMSTオートモーティブの日向さん談。


シボレーコルベット
ハマーH2

まずは翔太さん。愛車を購入したのは2018年の5月。それまではローライダーが好きだったこともあって1993年型のブロアムを所有。しかし調子が悪くなって乗り換えを決意。

当初はピックアップ(C‐1500)かコンバーチブル(カマロZ28)かで迷っていたが、決めきれないため友達とじゃんけんしてどちらにするかを決めたとか。結論からいくとコンバーチブルでカマロZ28のハズが、ショップにコルベットが在庫車両として置いてあり、これもコンバーチブルだからと選んだという。


シボレーコルベット
シボレーコルベット
夜でもひと際主張するボトムスはサヴィーニホイールのブラックディフォルツア・BM12。カラーにはハイポリッシュゴールドを取り入れて個性的なフォルムを演出。ルーフはベージュカラーへと張り替えられている。


サヴィーニホイールのブラックディフォルツア・BM12

そして永遠さんはというと、H2を撮影日の数日前に納車したばかり。H2が初のアメ車なのかと思いきや、その前には300Cを所有していたとか。結局300Cはもらい事故やミッション不調もあったことで今回乗り換えるに至っている。

ちなみに永遠さんがアメ車に興味を抱く様になったキッカケは、高校時代に友人の親が300Cで送り迎えしているのを見て。そして、それまでとは一転してゴツいSUVの代表格であるH2を選んだのは、もちろん好きという理由のほかに、サバイバルゲームを趣味としていることも要因。


ハマーH2
ハマーH2
ヘッドライト&フォグライトが消耗していたこともあって納車に合わせてLEDタイプへと交換。ボトムスはフューエルオフロード・オクタンにニットー・マッドグラップラーの組み合わせでオフロードテイストを演出。



フューエルオフロード・オクタンにニットー・マッドグラップラーの組み合わせ

撮影後に何気なく会話をしていた時に二人が発した「クルマがないと人生つまらない」という言葉を聞いた時に、まだまだ捨てたもんじゃないと実感したのだった。


シボレーコルベット、ハマーH2

取材協力:M・S・T AUTOMOTIVE
TEL:03-5851-8701
HP:http://www.mst-automotive.com


■Photo&Text:編集部
アメ車マガジン 2019年 1月号掲載


最新記事


2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ランキング


2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!