一体どうした 東海カーズ!クルマがキレイで新しいゾ

クーペ

シボレー

アメマガ2023年1月号

東海カーズ

愛知県

コルベット

コルベット Z51

コルベットZ06

C5コルベット

C6コルベット

「新しいクルマは興味ないし、ノーマル車はビンテージでも好みじゃない! やっぱりクルマは自分の色に染めて走ってナンボでしょ!」と言ってきた東海カーズ細井さん。初めてC5&C6が誌面に登場だ!


乗りやすいクルマよりも、クセのある方が面白い!

'07 CHEVROLET CORVETTE Z06
'00 CHEVROLET CORVETTE Z51

カマロが好きなのは重々知っているけど、コルベットとは珍しい。しかもC5とC6って、カーズのラインナップから見ればこんなに新しくていいの? と言うのが正直な気持ち。

 

そこで細井さんに「コルベットってどうなんですか?」と直球な質問を投げたら「速ければ楽しいけど、最近は快適性能ばかり追求されてるね。一度乗って見たいと思ってこのZ06を買ったけど、すごく乗りやすくて●※★&だから、今絶賛販売中だよ!(編集部自主規制)」と回答。確かに大きい割には見切りも良く、ある意味フツー。高速を流すのが気持ち良さそうだ。

それに対してシルバーのC5はユーザーカー。ハイカムが組まれており、正直普通の人には動かせません(絶賛調整整備中)。エンジンが辛うじて掛かっても高度すぎるペダルワークが必要で(現在)、2速にさえシフトできないほど。

細井さんは「これぐらい個性があるといいよね〜♪ しかもこれならセキュリティも不要。乗りやすいクルマは便利で快適だけど、すぐに飽きちゃうよ。このC5は確かにジャジャ馬だけど、誰にでも簡単には乗りこなせないクルマだから、絶対に楽しいと思うよ」とも。さて、あなたは正統派とじゃじゃ馬、どちらが好みかな?

'07 CHEVROLET CORVETTE Z06


ベースモデルよりもハイパフォーマンスな性能を与えられたZ06。エンジンは7ℓV8のLS7を搭載しており、フロントフェンダーの上部はクーリング性能を高めるために、惜しげもなくダクトを新設。

ドア直前のダクトはオリジナルにも設けられているがその上にも追加し、さながらエイを下から覗いたかのよう。フロントリップやサイドスカートにはカーボン調のラッピングを施す。6MTだがトルクフルで扱い易い。

デビュー当時は非常にスパルタンな印象を受けたが、C7やC8と比べるとまだ乗用車ライクなインテリアデザイン。あまり凝ったデザインだと運転していて疲れてしまうし、クルーズを楽しむならこれぐらい肩肘を張らない、ややルーズな雰囲気の方が良いかも知れない。

'00 CHEVROLET CORVETTE Z51


5.7ℓのLTエンジンにハイカムを組み込み、サーキット走行を楽しめる仕様にカスタム。大型のリアスポイラーを追加し、ダウンフォースを増加。マフラーは4本出しだが、オリジナルのエンドに変更。

エアロパーツやフロントフェンダーにダクトを追加するが、決して見た目のためではなく、空力性能や冷却性能を高めるための装備。愛車を走らせる場面を考え、最適な姿にアレンジしている。

サーキット走行で重要なことは、体をしっかり支えてくれること。そのため左右シートはBRIDEのフルバケに交換し、4点式シートベルトも装備。実はこちらのオーナーさん、C7も所有しているが、誰にでも簡単に操れないからこそ面白いと語る。これも1つのカスタムスタイルだ。


THANKS:東海カーズ
TEL:0533-86-8890


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野陵
アメ車マガジン 2023年1月号掲載


関連記事

RELATED


やっぱりカマロが大好き!その中でも69カマロが1番かな?

アメ車専門店の中でも、とくにビンテージを豊富に取り揃える東海カーズ。代表の細井さんはプライベートでも複数台所有するほどカマロが大好き。なので今回も、今まで紹介していない個体の登場だ。

レアなビンテージアメリカンだが東海カーズなら選んで購入可能!

アメ車の中でも、とくにビンテージモデルを数多く取り揃える東海カーズ。屋内保管された在庫車は、常時始動できることをモットーとしている。今回はノーマル然としたカマロとチャージャーを採り上げてみよう。

ボロを纏えど中身は錦、まだまだ理想を追求し続ける【東海カーズ】

古いマンションをリノベーションするのが流行りだが、ビンテージカーにも同じことが言えるのでは? 中身をアップデートすることで、最新モデルにはないオリジナリティを追求できるが、カーズの場合はもう一歩先の独自の路線を貫く。

アメ車が繋いだ深い親子の絆、親子と言うよりむしろ共通の趣味人

2019 CHEVROLET CAMARO SS STYLING SPORT EDITION
2017 CHEVROLET CORVETTE Z06

幼稚園から追い続けるコルベット、夢は必ず実現させる

2006 CHEVROLET CORVETTE Z06

 

最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/01/23

クアートFABでキャデラックATSを見た瞬間、奥様が一目惚れをして乗り換え

セダン

キャデラック

クルマを購入する時、一番重視するのは何か? もちろん欲しいクルマがあるかは当然だが、その次に価格ばかり見てはいないだろうか? でも、結局はお店とお客さんとの信頼関係で、人と人との縁が重要と言える。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】