選んだ相棒は64年型ノバワゴン。快適装備は何もないけど走るのがとにかく楽しい!

ステーションワゴン

シボレー

American Cars & Garage Life

アメマガ2019年1月号

ノバ

エアコンなしのコラム・マニュアル車というプリミティブな個体


American Car Life of YOUNG GUYS

若い僕たちがアメ車を選んだ理由とは…

アメ車を愛する若者たち

ここ最近よく言われる言葉として「若者のクルマ離れ」がある。果たして本当に若者たちはクルマに興味がないのだろうか?もちろんそういった一面があるのは事実かもしれないが、ここで紹介するのはクルマが好きで、アメ車が好きな若者たちばかり。そんな彼らが何故アメ車を選んだのかをじっくりと聞いてみることにしよう。

Chevy Nova Wagon

Chevy Nova Wagon、シェビーノヴァワゴン

Chevy Nova Wagon、シェビーノヴァワゴン

owner:真壁正裕さん

エアコンなしのコラム・マニュアル車というプリミティブな個体ながら、ドライブするのが楽しくて帰り道はついつい遠回りしてしまうという真壁さんが選んだ相棒は64年型ノバワゴン。
 
ワゴンであることをポイントにしながら、インパラを理想として日本国内の物件を探してみた。しかし、総額200万円という予算では見つけることは厳しく、その後車種の幅を広げて探す中、この64年型ノバに巡り会った。


全体的にストック状態をキープしており、モデルイヤーの割には良い状態。エンジンはV8ながら283ci、トランスミッションは3速コラム・マニュアルという至ってスタンダードな仕様。「スリーオンザツリー」の愛称で呼ばれるコラムの3速の乗り味は、クセがあって決して乗りやすいとは言えないし、エアコンなどの快適装備もないが、真壁さんとしては、とにかく運転が楽しくて仕方がない模様。

所有して約5年経つが、自走によるイベント遠征など、とにかく走ることを目的として、ツーリングなどには積極的に参加し、アメ車ライフを満喫中!


Chevy Nova Wagon、シェビーノヴァワゴン

ロングルーフならではのシャープなスタイリングが魅力でワゴンを入手。特別綺麗というわけでもないが、みすぼらしさもなく、機関は良好で日常使用にも耐えられるコンディション。



ストックをキープしつつ、シート&内張りはツィード調のアメリカンな生地にてリフレッシュされている。中古品ながら充実のオーディオ・システムを搭載する。
 

ホイールはストックのスチール製。ハブキャップと組み合わされるトリムリングは、1つが破損したため、現在は全て取り外した状態。全体の雰囲気にマッチしてか、違和感がないのだ。
 

主力の327ciに対して、この個体はスタンダードな283ci(4.6ℓ)搭載車。それでも規制前のエンジンなだけに、220、hpを発揮し、現在における日常使用でも不満なく乗れる。

スタイリングありきでアメ車の魅力にハマったものの、現在の愛車のノバワゴンを運転することが楽しいという真壁正裕さん(29)。ステアリング&ブレーキのパワーアシストもエアコンもない、コラム・マニュアル車という男らしい仕様ながら、地方への遠征にも積極的に出向いている!


■Photo:能勢博史
■Text:石橋秀樹
アメ車マガジン 2019年 1月号掲載


関連記事

RELATED


スニーカー感覚で乗れるヤレたシェベルがお気に入り

カジュアルに楽しめるビンテージが大好物!
American Car Life of YOUNG GUYS

69年型から、以前はシェビーⅡのサブネームだった「ノバ」に車名統一。1970y シボレー ノバ【ガレージカーカス】

メンテナンスからカスタムまで。新旧アメ車、逆輸入車などをトータルで扱う「ガレージ カーカス」。今回そのピットで見つけたのは1970年型のシボレーノバ、2ドアクーペだった。

イチから仕上げて蘇った超レアなマリブワゴン 1964y マリブワゴン【オレンジカウンティ】

1964y Malibu Wagon

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。

66年からの第二世代シェビーⅡノバは、エッジを効かせたよりモダンなスタイリング

コンパクトでエコノミーなモデルながらも、スタイリッシュなルックスやドラッグレースでの活躍でホットロッドのフィールドでは大人気の第二世代のノバ。超希少とはいえホットな仕様も存在し、マッスルカーとしてのキャラクターも持ち合わせるアイドル的な存在なのだ。

 

最新記事


2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。