イチから仕上げて蘇った超レアなマリブワゴン 1964y マリブワゴン【オレンジカウンティ】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

マリブワゴン

オレンジカウンティ

愛知県

マリブ

アメリカンビンテージvol.01

1964y Malibu Wagon


1964y Malibu Wagon

クラシックカーのレストアでは、手を加える程度によって手間のかからり方がまったく異なるのは言うまでもない。真の意味で現代のクルマと変わらないように乗るためには、クルマをイチから作るのに等しいぐらいの作業が求められることもある。このマリブワゴンは、そんな一例だ。

フレームオフから仕切り直したオレンジカウンティ製という信頼感あるマリブワゴン

シボレーが「Newスタイル、Newサイズ、Newスピリッツ」を掲げ、メーカー初のミッドサイズモデル(と言っても日本の感覚では十分デカい)としてシェベルをリリースしたのが1964年のこと。

 

そして、シェベルの上級グレードとして用意されたのがマリブと呼ぶグレードであり、この年代のマリブは正式名称で言えば〝シェベル・マリブ〟となる。ボディ形状の違いで、セダン・ワゴン・コンバーチブルが用意されたシェベルのうち、写真の1台は上級グレードであるマリブのワゴンモデルということになる。

 

この1台でユニークなところは、当時オプション設定だったパワーウインドウ、パワーシート、チャイルドシートなどが装着されている点。つまり、1964年のマリブというだけでも充分レアな存在なのだが、輪をかけて珍しい1台なのである。

 

オレンジカウンティは約12年前にカリフォルニアからファーストカーを仕入れ、フレームからバラし、すべてを仕切り直した。オリジナルで残しておきたいところは残し、それでいて現代の道路事情でも快適に過ごせるように、ショップの技術力とノウハウを結集してカスタマイズを加えつつ仕上げられたのが、このマリブワゴンだ。

 

写真の1台に施されたレストアとカスタムは挙げればキリがないほどだ。要点をあげていくと、エンジンは数年前にGBグッドレンチへ載せ替えられている上、最近になってガスケットやシールなどの消耗品が交換されたばかり。また、290hpのエンジン性能に合わせるようにブレーキを四輪ともディスクブレーキ化し、動力性能と制動性能のバランスをとってある。

 

そして、ショートタイプのヘダースとエキゾーストシステムに換装して排気系も万全。アルミ製ラジエーターと電動ファンで冷却系も安定させ、さらに点火系にも信頼できるMSD製パーツをふんだんに使用している。詳しい内容はショップのWebサイトに記してあるが、つまるところほとんどの“動く部品”がリフレッシュされていると考えてよい。

 

マリブはシボレー製ではあるが、この1台に限っては“オレンジカウンティ製”と言って差し支えないかもしれない。なお、先ほど紹介した珍しい当時のオプション装備についても、オリジナルを残しつつもパワーシートのモーターを分解して洗浄、オーバーホールを施すなど、備わっている機能がしっかりと動くよう、徹底的に手が加えられている。

1964y マリブワゴン後部座席から見た内装
そしてこのマリブの価値をさらに上げているのが、ビンテージカーでありながらもHDDナビやETC、HIDライトといった現代車にはマストで装備されているような快適アイテムが使われていることだ。通常、ビンテージカーは古いことを正しいこととして、ドライバーに我慢を強いることも多い。しかしこのマリブに限ってはそれが一切ない。

 

ユーザーは現在のクルマと同じように使い、同じように運転を楽しむことができる。しかもモノは極上ともいえるコンディションでしかもレア。どこに出しても自慢できる、とっておきの1台なのであるパシフィック/ミストブルーのボディカラーは今どきのクルマにはない鮮やかな美しさが魅力。街中でも衆目を集める存在である。

 

全長5020mm、全幅1890mm、全高1390mmの3サイズは国産車と比べると大型だが、登場当初はシボレー初のミッドサイズモデルとして生まれた。

1964y マリブワゴンハンドル
内装の各部もボディと同色にペイントされており、美しいコンディションが保たれている。違和感のない状態でHDDナビ、ETCも装着されており、現代のクルマと遜色ない使い方ができる。オレンジカウンティのこだわりが感じられる仕上がりだ。

1964y マリブワゴンシート
内装のコンディションは言うまでもなく上々。外装と同じブルーの配色が美しい。また、マリブの純正オプションだったチャイルドシートが健在。これを装着しているマリブは非常にレアな存在である。

1964y マリブワゴン LM-1型GMグッドレンチ350エンジンを搭載
LM-1型GMグッドレンチ350エンジンを搭載、290HPを発揮する。MSDのディストリビューター、イグニッションコイル、CDI(マルチ点火システム)を装着しており、安定した点火性能を得られるよう仕上げられた。エンジンは載せかえられているが、最近になってガスケットとシールは交換されている。エンジンブロックとヘッドもペイント済みだ。

1964y マリブワゴントランクルーム
トランクルームへのアクセスはテールゲートを手前に倒すタイプ。クラシックなアメリカンでは多いスタイルだ。使ってみると荷物を積みやすく、合理的な設計だと感じられるはず。ワゴンモデルだけに、荷室の使い勝手は上々というわけだ。

1964y マリブワゴンオリジナルでは心もとないブレーキを強化
オリジナルでは心もとないブレーキを強化。4輪ともディスクブレーキとし、フロントは4ポット、リアは2ポット、ドリルドローターに変更してある。


お問合せ:オレンジカウンティ
HP:http://www.orange-county4u.com/


Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine
アメリカンビンテージvol.01


関連記事

RELATED


Gボディーが醸し出す独特の存在感に、トレンドカスタムをミックスさせた87yモンテカルロの魅力に迫る!【AZZURE MOTORING】

アメリカンヴィンテージのセカンドジェネレーションとして、現在80年代のアメ車が注目を集めている。大き過ぎず、小さ過ぎずの程よいミドルサイズボディーにスクエアな4灯ヘッドライト。Gボディーが醸し出す独特の存在感に、トレンドカスタムをミックスさせた87yモンテの魅力に迫る!

セミファストバック形状のフォルムへと進化した2代目モデル 1970y シボレー シェベル【アズールモータリング】

ワイルドスピードやアウトローなど、映画ではクールでタフな男の愛車として登場する1970年式シェベル。

〝ヴィンテージカーに安心して乗れる〟その楽しさをしっかり教えてくれるお店。【東海Car's】

1968y Chevrolet CAMARO 1969y Chevrolet CAMARO Z28 大事なコレクションとして扱うのもアリ。敢えてガンガン乗りこなすのもアリ。どちらのカーライフにも対応できる姿勢。

フォードFシリーズの初代モデル 1951y フォードトラック / 2代目モデルのコンバーチブル仕様 1956y シェビーベルエアコンバーチブル【フルスロットル】

これしかない、と自然に感じる極上ピックアップ 1969y Chevrolet C-10 【BAYKER’S】

シンプルに伸びたロングボディに、その大半を占める荷台部分。アメリカンピックアップの魅力は、他のどのクルマとも似ていない、独特の存在感にある。しかも美しくレストアされ、街中から遠出までマルチに使える1台ともなれば、なかなか見つけることはできない。

 

最新記事


2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ランキング


2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!