シンプルなシェベルとアメリカンなリフトアップサバーバン

ステーションワゴン

SUV

シボレー

リフトアップ

アメマガ2020年3月号

ラフカントリー

グリッドオフロード

シェベルノマド

EXTREME AMERICAN

静岡県

スリーエスモーター

SAVINI

ワンオフ

トゥルースパイク・ラグナット

サバーバン

ローダウン

シェベル

フォージアート

CHEVROLET CHEVELLE NOMAD
CHEVROLET SUBURBAN

EXTREME AMERICAN


CHEVROLET CHEVELLE NOMAD
CHEVROLET SUBURBAN

スタイルを追求するためにジャンルや仕様は選ばない

静岡県・焼津の地で5年前からアメ車を手掛ける「スリーエスモーター」。ローダウンからリフトアップまで、クルマのキャラを活かせるなら敢えて手法を選ばないのが最大のウリ。そんなスリーエスモーターのスタンスを反映したシンプルなシェベルとアメリカンなリフトアップサバーバンを紹介しよう。

大胆なカスタムをしても普通に乗れる仕様を目指す

5年前にアメ車をメインに手掛けるスリーエスモーターを立ち上げた森氏は、そもそも大のアメ車好き。以前勤めていたショップでもアメ車を積極的に扱っており、キャリアは合計で14年。これまで4回ほどSEMAショーにも足を運び、現地の最新カスタムをその肌で感じている。そんな森氏が手掛けた、異なる方向性の2台を紹介しよう。

CHEVROLET CHEVELLE NOMAD

まずは1968年型のシェベルノマド。実はカスタムを開始したのはわずか半年前で、オリジナルのエアサスを組みローダウン。グリルや灯火類をマットブラックでペイントしてオールディーズ臭を完全に払拭し、どことなくラット的な雰囲気を演出。そんなマットカラーの中に、敢えてグロッシーなフォージアートのリムを組み込むことで、その存在感をフルに引き出している。今後のプロジェクトとしてはラグトップの装着や内装の張り替え、ミッションコンバージョン、ブレーキ強化などを予定しているそうで、まだまだ発展途上にあると言えそうだ。

CHEVROLET SUBURBAN

対する2007年型のサバーバンは、ラフカントリーのキットを組み込み7.5インチのリフトアップを実施。最近アメリカで沸騰中のリフトアップスタイルをいち早く採り入れつつも、日本の道路事情を考慮したサイズに設定。35インチタイヤに24インチのリムを組みわせるあたりは、まさに最先端のUSスタイル。足回りも魅せることを重視し、メタリックブルーでフルペイント。ワンオフマフラーやリアコンビのペイントなど、小技を効かせることでトータルバランスの良さも追求している。ちなみにこちらのサバーバンは毎日通勤で使用中とのこと。見た目はもちろんだが、乗り心地も追求したベストバランスな仕様だ。

CHEVROLET CHEVELLE NOMAD

シボレーシェベルノマドシボレーシェベルノマドシボレーシェベルノマドシボレーシェベルノマド

オリジナルのエアサスシステムを構築するが、タンクユニットなどはサードシートを取り外し、床下にビルトイン。エンジンは305で、エーデルブロックのキャブを装着。タコメーターをコラム部分に追加し、電圧/油温/水温計を装着するが、森氏的にはダコタに仕様変更したいと計画中。前後バンパーや灯火類をブラックにペイントすることで、オールディーズ風でなく、マッドマックス的な佇まいを見せる。

フォージアートのITO-FFフォージアートのITO-FF、トゥルースパイク

フォージアートのITO-FFで、フロントは20インチで、リアは22インチをセット。インナーはグロスブラックで、リムはブラッシュドをチョイスし、ホイールがスリムに見えるように演出。エアバルブは、トゥルースパイクをセット。

CHEVROLET SUBURBAN

シボレーサバーバンシボレーサバーバン_N6I0538

ヘッドライトはLEDとプロジェクターのコンビに変更。リフトアップするとマフラーとボディの間が広がるが、ワンオフマフラーで自然なスタイルに修正済み。カスタムしても違和感がなく、毎日乗れるように仕上げるあたりはスリーエスモーターの技術力の高さと言えるだろう。

SAVINIのオフロードチャンネル「GRID OFF ROAD」の鍛造2ピーストゥルースパイク_N6I0568

SAVINIのオフロードチャンネル「GRID OFF ROAD」の鍛造2ピースをセット。サイズは14J×24、-108。これにトゥルースパイクのポセイドンを組み合わせる。タイヤがガッツリはみ出しているが、公道走行時は脱着式フェンダーを装着するので、心配ご無用。

_N6I0512_N6I0606_N6I0506

サスペンションはラフカントリーのフルキットを装着し、7.5インチのリフトアップを実施。キットにはロングショックやスプリングも含まれており、併せて交換することで、スタイルだけでなく、安定した走りも実現する。サブフレームや各部のアームをメタリックブルーにペイントするあたりは、リフトアップ車ならでは手法だ。


Thanks:SSS MOTOR

TEL:054-631-7856
HP:https://www.sss-motor.com


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2020年 3月号掲載


最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。