スニーカー感覚で乗れるヤレたシェベルがお気に入り

クーペ

ビンテージ

シボレー

American Cars & Garage Life

アメマガ2019年1月号

シェベル

カジュアルに楽しめるビンテージが大好物!
American Car Life of YOUNG GUYS


若い僕たちがアメ車を選んだ理由とは…

アメ車を愛する若者たち

ここ最近よく言われる言葉として「若者のクルマ離れ」がある。果たして本当に若者たちはクルマに興味がないのだろうか?もちろんそういった一面があるのは事実かもしれないが、ここで紹介するのはクルマが好きで、アメ車が好きな若者たちばかり。そんな彼らが何故アメ車を選んだのかをじっくりと聞いてみることにしよう。

Chevy Chevelle

背伸びをせずに気楽なのがイイ!
Chevy Chevelle、シェビーシェベル

owner:慧大さん

一般的にも人気の69シェベルだが、この個体はカサカサでヤレた状態だっただけに、アメリカからの輸入から新規登録までの乗り出し価格が200万円以内で成立! エアコンもなければハイパフォーマンスでもないけれど、本人の満足度はお値段以上なのだ!
 

カジュアルに楽しめるビンテージが大好物!

シェベルの中でも人気の高い69年型は、日本でも目にする機会は少なくないが、この個体ほどやさぐれた状態の実働車は他にはないかも?!マッスルカーとしてもお馴染みのモデルだが、この個体は307ciを搭載するエコノミーかつスタンダードな仕様。


オーナーの清水さんの理想のモデルである70年型バラクーダは極めて希少なうえ、そのバリューの高さからしても現実的には手が届かない…。200万円という低予算の中でビンテージアメリカンを入手するとなると、よほどの不人気車でもないと成立しない。それでも好みのモデルの69シェベルに絞り込み、予算内で収まるこの個体を入手。


以前は64年型ノバを所有しており、マッシブかつクリーンなロッダー仕立ての個体だった。にもかかわらず破格値だったため、無理なく入手できたのだが、初めての愛車としては、いろんな意味で気を使うクルマでありカジュアルに乗ることができなかった。

それに対してこのシェベルは、見た目もポテンシャルも正直だらしない状態ではあるが、スニーカー感覚で気軽に付き合えている。エアコンなしで快適とはいえない状態だがアメ車ライフを満喫中! 

近年では、年式相応にやれた状態も、ビンテージならではの持ち味としてポジティブに受止める傾向があるだけに、まわりからの評価も意外なほど良かったりするそうだ。


Chevy Chevelle、シェビーシェベル

ノーズ先端のパネルは、エルカミーノから移植した痕跡が残っている。何所から見てもカサカサでツッコミどころ満載な状態ながら、一昔前のアメリカで現役使用されていたリアルな風合いで何ともイイ感じ!



クロームの5スポーク・リムは王道のCragarが3本と、B級ブランドのAppliance1本という組み合せ。デザイン的に好みのAppliancで揃えたいが、絶版ゆえに入手難。サスペンションはノーマルだ。





69年型シェベルに設定されたV8エンジンのなかでは最もスタンダードでポピュラーな307ci(5ℓ)を搭載。日本国内では馴染みが薄いが、マイルドパフォーマンスながらも軽快で、現在でも日常使用においては何ら不満のないポテンシャルを持つ。



シートは輸入前にアメリカにて張り替え済み。ダッシュ、ドアパネル、カーペット、ヘッドライナーも新調したが、現在雨漏り対策に向けて一部外した状態。トランクキーが欠損しているため、現状ではマイナスドライバーで対応!



BMXやスケートボード、古着など、車以外でもアメリカンな趣向の持ち主の清水慧大さん(26)。以前所有していたノバは、ロッダー仕立てのエクセレントな個体だったが、それよりもこのやさぐれたシェベルの方が、本人的にはマッチしている。お父さんは4thカプリスワゴンが愛車で、アンチエイジングをキープしたクリーンな個体だったりする。


■Photo:能勢博史
■Text:石橋秀樹
アメ車マガジン 2019年 1月号掲載


関連記事

RELATED


漆黒のごとく深い艶を放つシェベル。そのコンセプトはマイアミから生まれたNEW STYLE。

アメリカン・ヴィンテージカーの金字塔、シボレー・シェベルについてご紹介。1970年にカスタムされたシボレー・シェベルSSに焦点を当て、その特徴やアップグレードを詳細に解説する。深みのあるブラックボディ、モダンなカスタム、LS1エンジン、大型ホイール、強化ブレーキ、高度なサスペンションなど見どころ満載。

ローライダーとは一味異なる 大人の嗜みが、そこにある【1969y シボレーシェベル】

1964インパラコンバーを所有してローライダーライフを謳歌してきたHIDE1969さん。そんな彼が40代半ばで大人のアメ車道楽として選んだのが、紹介する69年型シェベル。ガレージに保管して眺めるよりも乗って楽しむマッスルカーライフに迫る!

セミファストバック形状のフォルムへと進化した2代目モデル 1970y シボレー シェベル【アズールモータリング】

ワイルドスピードやアウトローなど、映画ではクールでタフな男の愛車として登場する1970年式シェベル。

1970年型シボレー・シェベルSSのクラシックカー改造術!快適性とパフォーマンスを追求

1970年型シボレー・シェベルSSの記事では、アイコーポレーションがレストア・カスタマイズしたクラシック・アメリカン・カーを紹介。この車は日本の高温多湿な夏のコンディションに合わせて改造され、快適性とパフォーマンスが向上した優れもの。大規模なカスタマイズにおいてベース車の選択の重要性にも触れる!

ミドルサイズの大衆車「シボレー・シェベル」。普段乗りもできる! 伝説のマッスルカー

おとなしいボディに大排気量エンジンを搭載

 

最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】