グランドチェロキーをオトナの雰囲気で仕上げるBCDエアロ

SUV

ジープ

グランドチェロキー

EXCITING CUSTOM

SENS

アメマガ2019年2月号

愛知県

センス

BCD

落ち着いた雰囲気がグラチェロにピッタリ
EXCITING CUSTOM
“ 個性”と“ こだわり”がCUSTOM をENJOY させる


オーナーの個性を発揮できるアレンジ可能なBCDカスタム

グラチェロをオトナの雰囲気で仕上げるBCDエアロ

愛知県のアメ車ショップ、SENS(センス)が展開するカスタムエアロブランド「BCD(ビーシーディー)」。グランドチェロキーのスタイルを刷新する、そのカスタム例を見る。

落ち着いた雰囲気がグラチェロにピッタリ

JEEP GRAND CHEROKEE、ジープグランドチェロキー、センスカスタムブランド

ホイールを探そうとアメマガを読んでいたら、SENSからグランドチェロキー用・BCDエアロが登場という記事に目が止まり、ショップを訪問することになった、グランドチェロキー所有歴4年の中埜さん。BCDエアロを採用してのカスタムを検討していくなかで、ショップの土本さんと一緒に検討を重ね、現在の仕様に辿り着いた。中埜さんが求めたのは「派手派手しくない、街乗りでさりげなく映えるカスタム」。

検討の経緯を説明しながら中埜さんは「いろいろと相談に乗ってもらって、頼りになると感じました」と振り返る。エアロ以外ではレクサーニホイールもそう。本国受注生産となる特別なモデルだが、その背中を押し、サポートしたのもSENSの土本さん。また、JAOSのマフラーは、そのままではエアロに干渉してしまうが、ワンオフ加工でマッチングしたのもSENSだ。


かくしてオーナーの理想どおりに仕上がったグラチェロ。しかし「ゲートスポイラーも検討中」と中埜さんは打ち明ける。ここで言うゲートスポイラーとは、BCDエアロのシリーズに間もなく追加される新パーツのこと。2018年内には正式にリリースされる見込み(取材時点)らしく、そのゲートスポイラーの情報を聞いて、はやくも興味津々というわけである。なお、新パーツの詳細はウェブサイトで確認できるだろう。

SENSが展開するグランドチェロキー用BCDエアロのうち、フロントバンパー、サイドスカート、リアバンパーを装着している(前後オーバーフェンダーを加えれば「フルボディキット」)。パーツの詳細はSENSのウェブサイトか、そこからもリンクしているBCDブランドサイト(bcd.co.jp)で公開されている。



BCDエアロには前後オーバーフェンダーの設定もあるが、中埜さんは敢えてレス。そして樹脂部分にボディ同色のカラーリングを施した。街乗りメインで「さりげなさ」を重視し、シンプルイズベストを追求。ホイールはレクサーニの22インチ。



エアロ以外のカスタムでは、アイバッハのローダウンキット、JAOSのBATTLEZマフラー。マフラーはBCDリアバンパーに適合するようワンオフ加工が施されており、その加工もSENSで実施した。

ここに注目!! "HOT" CUSTOM

塗り分けアレンジで映える、絶妙デザインのエアロパーツ

BCDエアロは各部に装飾が施されており、塗り分けによってアレンジが自在となる。中埜さんのグランドチェロキーはボディ同色と明るめのガンメタで塗り分けており、クールな印象にまとまっている。BCDブランドサイトに掲載されている1台は、同じ部分が黒×白になっており、カスタムの印象がまた変わって見える。

JEEP GRAND CHEROKEE【SENS CUSTOM BRAND BCD】

JEEP GRAND CHEROKEE、ジープグランドチェロキー、センスカスタムブランド
JEEP GRAND CHEROKEE、ジープグランドチェロキー、センスカスタムブランド
JEEP GRAND CHEROKEE、ジープグランドチェロキー、センスカスタムブランド

OWNER/中埜誠二さん


■Produce:SENS
■TEL:052-363-1100
■URL:http://sens.centurionworld.jp/


■Photo&Text/TAKAYOSI KATO(ハチメガプロダクション)
アメ車マガジン 2019年 2月号掲載


最新記事


2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。