高級SUVをメインとしたカスタムブランド「BCD」ブランド第1弾のエアロはグランドチェロキー用

SUV

ジープ

ボディワーク

アメマガ2018年9月号

センス

BCD

グランドチェロキー

SENS

愛知県

高級SUVをメインとしたカスタムブランド「BCD(ビー・シー・ディー)」が誕生した。プロデュースするのは名古屋市にあるアメ車プロショップ「SENS(センス)」。

Hot New PARTS SENS CUSTOM BRAND『BCD』


JEEP Grand Cherokee

新ブランド「BCD」第1弾 グランドチェロキー用エアロが完成

_HMP8370

ずっと飽きのこない普遍的な「カッコよさ」

今夏、カスタムパーツ業界に新しく「BCD(ビー・シー・ディー)」というブランドが誕生した。名称の由来は「ビルト&カスタムデザイン」の頭文字から。またアルファベットの「A」をユーザーに見立てて、それに続き、支える存在としての意味合いもあるという。BCDがテーマとしたのは、オリジナリティだ。

_HMP8346

他の人とは違うクルマに乗りたくてアメ車に乗る層のうち、やはりノーマルでは物足りなく感じる人もいる。近年は大柄なオーバーフェンダーや、装飾の多い凝ったデザインのパーツが多く登場しているが、それらとはまた違う選択肢を提案する。流行りものではなく、いつまでも飽きのこない、普遍的なカスタムを提案したい。

_HMP8352

そうして検討を重ねて、ついに完成したのがこのBCD第一弾、グランドチェロキー用パーツというわけだ。パーツ構成は、前後左右にオーバーフェンダーというフル展開で、セットで装着した際のパッケージ感と、さりげない個性の主張が他に類を見ない。

パーツを細かく見ていけば、オーバーフェンダーにはそれぞれスリットが刻まれるなど、細部に工夫を凝らしていることが感じられる反面、しかし、それを主張しすぎない、ジェントルな印象を受ける。

_HMP8347

言わば、グランドチェロキーというクルマに合ったデザインと表現することもできる。BCDは今後、高級SUVをメインとしながらも、しかしアメ車を中心に展開していくという。このグラチェロ用はもちろん、さらなる展開にも注目したい。  

_HMP8394

前後左右+オーバーフェンダーの全方位構成ながら、グランドチェロキーのイメージを大きく変えることなく、しかしハッキリと個性を主張できるデザイン。オトナに相応しいパーツブランドだ。

_HMP8400 _HMP8395 _HMP8404

グランドチェロキー用BCDエアロパーツは、フロントバンパー(179,000円)、前後オーバーフェンダー(83,000円)、サイドスカート(75,000円)、リアバンパー(153,000円)の4種類。セット価格は490,000円となる。なお、デモカーはさらに4本出しのワンオフマフラー(150,000円)を装着。

また、ホイールにはWORKのPARAGONをインストール。サイズは22インチの11.5Jで、カラーはカスタムオーダーによるものだ。価格はすべて税別・未塗装。

今回の車両はフルコンプリートタイプだが、ユーザーの選択肢となるように、オーバーフェンダーなし、オーバーフェンダーのみというスタイルにも合うようにデザインされているのも、BCDエアロパーツの特徴だ。 _HMP8349

SENS [センス]
所在地:愛知県名古屋市中川区荒子2-14-1
TEL:052-363-1100
URL:http://sens.centurionworld.jp/
営業時間/定休日:10:00~19:00/水曜日
整備士の国家資格を有するSENSの土本真也さんは「派手すぎず、シンプルすぎず。街並みに自然と溶け込むデザインです」とBCDを紹介する。SENSはグランドチェロキーのカスタムを相談されることが多いらしく、今回の新パーツは、ユーザーへの嬉しい提案になりそうだ。 _HMP8429
■写真&文/加藤山往(ハチメガプロダクション)
アメ車マガジン 2018年 9月号掲載


最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]