どんな場面にも映えるスタイリッシュなラングラー!

SUV

ジープ

EXCITING CUSTOM

アメマガ2019年2月号

JKラングラー

SPORT名古屋アメ車専門店

愛知県

ラングラー

ポイントを押さえたカスタムで存在感を増す
EXCITING CUSTOM
“ 個性”と“ こだわり”がCUSTOM をENJOY させる


やり過ぎずにポイントを押さえたカスタム

それがスタイリッシュなJeepのトレンド

東海地区最大級の中古車専門店グループのアメ車専門店「SPORT名古屋アメ車専門店」は多くのSUVを取り扱うが、中でもJeepには力を入れており、今回紹介するJKラングラーは、どのようなシーンにも映えるスタイリッシュなものとなっている。
 

ポイントを押さえたカスタムで存在感を増す

ジープラングラー、JKラングラー
SUVを筆頭に、フォード、ジープ、クライスラー、キャデラック、ダッジ、シボレーなどのディーラー車を中心に幅広いラインアップで展開する「SPORT(シュポルト)名古屋アメ車専門店」。総在庫数はなんと1500台を誇り、東海地区では最大級のアメ車専門店としてお馴染みの存在である。在庫車の中では、近年なにかと注目度の高いJeepの中でも、マルチなフィールドで活躍する「ラングラー」はとりわけ人気が高い。


そもそもJeepブランドはクロスカントリー車のアイコンとしてのペディグリーが高いうえに、ラングラーの中でもJK型は、SUVとしての総合的な性能面でそれまでとは格段に向上している点で人気が高く、都会にもマッチするスタイリッシュなデザインも大きな魅力だ。

ジープラングラー、JKラングラー
そんなJKラングラーをベースに同等のアプローチでカスタマイズし、より魅力を高めた2台をフィーチャーしよう。往年のJeepを思わせるアイデンティティーを備えながらも、都会的でモダンなスタイリングをよりアピールすべく、社外のオフロードバンパーや、ルビコン・タイプのフードを投入。

サイドステップの導入も相まって、クロスカントリー車としてのハードなイメージを高めつつも、バンパーおよびフェンダーをボディ色でコーディネートすることで、一体感のある都会的なイメージも確保している!前後にGIギア製の独特のデザインのバンパーを導入。ボディカラーと統一しているため、ハードなイメージの中にも洗練されたまとまり感があり、都会の街並にも馴染むスタイリッシュなルックス!

ジープラングラー、JKラングラー
ホイールはJEEPラングラーの純正品のマットブラックに変更済み。装着タイヤは、ストリートから本格的なオフロード走行まで対応するBFGoodrichマッドテレーンT/AKM2(LT285/70R17)。
 

シートはカモフラージュパターンがアクセントのマーヴィン製カバーを装着。
 

レッドのラングラーのホイールはMKWオフロードシリーズのMK-26を装着。ステアリングダンパーはプロコンプ製、ショックはラフカントリー製でアップグレード。機能向上と同時に、チラリと見える足元のお洒落としても貢献している。
 

レッドのインテリアはブラックの仕様だが、シートはマーヴィン製のカバーを装着している。フルセグSDナビ、ミュージックサーバーやDVD、Bluetooth等充実装備。

ここに注目!! ”HOT” CUSTOM

純正らしさを残す形状変更とフローティング技術


バンパーは前後共にゴッチインターナショナル・GIギアによるワイルドタイプに変更。ストックでは得られないインパクトのあるルックスを確保。フックを備えるなどクロスカントリー走行にも対応する本格的なパーツながら、スタイリングに優れており、JKラングラーとの相性も良い。フェンダーを含めて車体色と同色にペイントしていることで、一体感ががあり純正品の様に馴染んでいる。


■Photo & Text:Hideki Ishibashi
アメ車マガジン 2019年 2月号掲載


最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。