JKラングラーが欲しいなら まずはSPORT名古屋に行け!

SUV

ジープ

愛知県

JK WRANGLER CUSTOM

ラングラー

SPORT名古屋アメ車専門店

アメマガ2019年3月号

JKラングラー

ALL-NEW Jeep WRANGLER

JEEP WRANGLER UNLIMITED


[vc_row][vc_column][vc_column_text]JEEP WRANGLER UNLIMITED、ジープラングラーアンリミテッド

JEEP WRANGLER UNLIMITED


JK WRANGLER CUSTOMS まだまだ熱いJKラングラーカスタム
全国で新車・中古車を販売するお店は多々あるが、アメ車だけを取り扱う個性的なお店と言えるのが、SPORT名古屋。特にJKラングラーを積極的に取り扱っており、豊富な在庫はもちろん、ノーマルからカスタムまで様々なスタイルを取り揃えている。
 

SPORT名古屋なら豊富なストックから自分好みの1台をゲットできる!


新型JLラングラーがついに日本に投入されたが、まだまだアフターパーツが出揃いカスタムを楽しむまでには時間が掛かりそう。となると、ジープを買ってカスタムを楽しみたいというユーザーには、断然JKラングラーをお勧めしたい。日本では11年間に渡り販売されてきたのでバリエーションも非常に豊富だが、中でもインパネや搭載エンジンが変更された、2011年型以降が狙い目だ。
常時アメ車を100台以上在庫する「SPORT名古屋 アメ車専門店」が今回ピックアップするのは、日本で100台限定販売されたトレイルエディションⅡと、2015年型のスポーツだ。どちらもボディ形状は5ドアのアンリミテッド。レアな限定車からライトなカスタムまで、幅広い仕様を取り揃えているのが特徴だ。
JKラングラーが登場した当初は「ラングラーに5ドアなんて…」という声もマニアからは聞かれたが、結果的にこのアンリミテッドは世界的に大成功を収めたと言えるだろう。頻繁にオフロード走行を楽しみたい人はともかくとして、居住性や積載能力を考えればアンリミテッドの方が遥かに使いやすく、ファミリーユーザーが多いのも納得だ。
ちなみにSPORT名古屋では、ノーマルからカスタム車両まで豊富に取り揃えているが、他にも「大人カスタム」と銘打ったコンプリートパッケージも展開中。ベース車両に追加するだけで、自分だけの1台に仕上げることが可能だ。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]JEEP WRANGLER UNLIMITED、ジープラングラーアンリミテッド
JEEP WRANGLER UNLIMITED、ジープラングラーアンリミテッド

トレイルエディションIIはその稀少性もあり、敢えてフルノーマル。走行距離は僅か19000kmと、慣らし運転が終わった程度と言っても過言ではないレベル。ベージュの特別色や敢えて無塗装のフェンダーが、トレイルの名を見事に体現。それでいてサハラ同等のレザーシートが奢られており、サハラとSPORTの良いところを組み合わせた仕様なのだ。
 
JEEP WRANGLER UNLIMITED、ジープラングラーアンリミテッド
グリーンのSPORTは、ホイールをエクストリームJに、タイヤをBFグッドリッチのATKO2(265/70R17)に変更。わずかなカスタムではあるが、グッとJEEPの力強さが強調されてくる。ボディカラーが全体的にダーク系ということもあり、その中にホワイトレターのロゴが入ることで、アメ車らしい、スタイルリッシュな雰囲気も引き出されている。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]

SPORT名古屋のオリジナルパッケージにも注目!


LEAP FORWARDパッケージ、ジープラングラー
SPORT名古屋では、現在2種類のコンプリートパッケージを展開中。LEAP FORWARDパッケージには、リフトアップ/アルミホイール/タイヤ/フロントカメラがセットで、45万円。ARROGANCEパッケージは、さらにLEDヘッドライトとテールランプが追加され、54万円。さらに希望すれば68,000円のシートカバーを5万円で装備することができる。車両の購入時からカスタムすることで自分の気に入ったスタイルを楽しめるし、出費を抑えることも可能。ある意味、賢い選択だと言えるだろう。
LEAP FORWARD PKG 販売価格 450,000円
◇タイヤ&ホイールセット
◇フロントカメラ
◇リフトアップ
ARROGANCE PKG 販売価格 540,000円
◇タイヤ&ホイールセット
◇リフトアップ
◇フロントカメラ
◇LEDヘッドライト
◇LEDテール[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]SPORT 名古屋アメ車専門店
Location:愛知県尾張旭市渋川町3-2-3
Phone:0561-51-4092
HP:http://www.sport-inter.com/
JEEPからマッスルカーまで、アメ車を常時100以上在庫する「アメ車専門店」のSPORT名古屋。今回ピックアップした車両はノーマル&ライトカスタムだが、店頭には非常にアグレッシブなスタイルの車両も在庫中。特にJEEPは毎年ボディカラーが異なることもあり、お気に入りの1台があったなら迷うことなく購入をお勧めしたい。もちろん、自分のリクエストを先に出しておき、見つけ出してもらうという方法もアリだ。
SPORT 名古屋アメ車専門店[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]■Photo:浅井岳男 ■ Text:空野稜[/vc_column_text][vc_separator][vc_column_text]アメ車マガジン 2019年 3月号掲載[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×