マットブラックやクロームも良いけれど、カラード&ブラックリムの時代が到来

ホイール

ステージフォー

アメリカンホイール最前線

KMC

アメマガ2019年2月号

MLJ

アメリカンホイール最前線 KMC XD SERIES XD135


KMC XD SERIES XD135 GRENADE OFF-ROAD

KMC XD135 GRENADE OFF-ROAD、Matte Bronze with Matte Black Lip
with BF Goodrich Mud Terrain T/A KM3 [35X12.50R17LT]

近年、アルミホイールのトレンドは目まぐるしく変化し続けている。数年前までは切削仕上げやマットブラックが主流であったが、最近ではカラーを楽しむユーザーも増加中。そんなニーズに対応したのが、このKMC XD135だ。

物理的な立体感に加え、色で視覚的な深さも強調

XD135 GRENADE OFF-ROAD
アメ車をカスタムするなら、やはりアメリカブランドのアイテムをチョイスしたいもの。SEMAショーなどで見られるような本場のスタイルに憧れる人も多いだろう。そんなユーザーのために、最先端のアメリカンホイールを輸入しているのがMLJ。同社の扱うブランドは多岐に渡るが、その中でもJEEPやトラックに最適なのが、KMC・XDシリーズだ。

XD135 GRENADE OFF-ROAD
今回紹介するXD135は鋳造1ピース構造で、非常に複雑な造型を実現しており、リム部にはボルト風のデザインを採用。なおかつ周囲を窪ませることで可能な限り立体感を演出している。

また、マットブラック以外はディスクとリムのカラーを違えることで、本格的なオフロードを走るための「ビードロックホイール」のようなテイストも醸し出している。

XD135 GRENADE OFF-ROAD
ビードロック風のデザインを採用するホイールは近年増殖中だが、リム部分を立体化したのは非常に珍しい。またエンボスでKMCのロゴもあしらわれており、オーナーの所有感を満たしてくれること間違いない。
 
大型のセンターキャップを採用し、ディスクとコントラストをつけることで、立体感を強調。敢えてボルトの穴を見せることで、ワイルドな雰囲気も演出。ホール数に合わせて専用設計のキャップとなり、5穴タイプはスポーティさも感じられる。
XD135 GRENADE OFF-ROAD
サイズバリエーションは17~20インチまで、全5サイズ。5穴6穴だけでなく、ヘビーデューティな8穴も設定。言い換えるならば、重量級のピックアップにも対応できる、高い耐久性も実現。


トレンドの移り変わりが激しい足もとのカスタム。タイヤ交換を検討しているなら思い切ってホイールも含めて、愛車の雰囲気を変えてみてはいかがだろう?

KMC XD135 GRENADE OFF-ROAD

KMC XD135 GRENADE OFF-ROAD、Matte Gray with Matte Black Lip
KMC XD135 GRENADE OFF-ROAD、Matte Black
KMC XD135 GRENADE OFF-ROAD、Matte Bronze with Matte Black Lip
サイズ:17x8.5J/インセット0
17x9.0J/インセット+18
18x8.5J/インセット0
20x9.0J/インセット+18
LUG 5/6/8
カラー:Matte Bronze with Matte Black Lip
Matte Black
Matte Gray with Matte Black Lip
構造:鋳造1ピース構造
規格:SAE-J2530
付属品:センターキャップ、エアバルブ
価 格:65,000円~86,000円(税別)


輸入販売元:MLJ
TEL:03-5473-7588
URL:http://www.mljinc.co.jp
撮影協力:ステージフォー
HP:https://www.stage-four.com


PHOTO■浅井岳男 TEXT■空野稜
アメ車マガジン 2019年 2月号掲載


最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。