KMC XD135 オフロードの本場で鍛えられたタフな装いは「ホンモノ」

ホイール

XD135

MLJ

アメマガ2019年5月号

SOUL OF MOPAR

KMC

Soul of Mopar XD135 GRENADE OFF-ROAD


XD135 GRENADE OFF-ROAD

JLラングラー、KMC XD135 GRENADE OFF-ROAD

with MILESTAR PATAGONIA M/T [37X12.50R17LT]

クライスラー系モダンアメリカンがスバラシイ理由

Soul of Mopar
矢継ぎ早に各ブランドからオフロード系ホイールの新作が登場しているが、ホンモノを求めたいならば、やはりKMC ・XDシリーズに太刀打ちできるものはない。今回ピックアップしたXD135もまた、タフでワイルドなボトムスを形成するのに最適な一品だ。
 
SUV&ピックアップトラックをリフトアップしてワイルドに仕立てるカスタムは今に始まったことではない。しかし、ここ最近はリフトアップするだけでなくオフロードのテイストも盛り込むことが絶対条件。その条件を満たすべく誕生したのが、タフでワイルドなオフロード系ホイール。

なかでもKMCホイールズ のXDシリーズはカスタムの本場アメリカで鍛え上げられ、デザインはもちろんのこと性能に関しても文句なし。実際にオフロード競技にも採用されているだけに信頼性の高さは折り紙つきといえるだろう。

KMC XD135 GRENADE OFF-ROAD
そんなXDシリーズを輸入しているのが日本唯一の正規輸入代理店である「MLJ」 。豊富なラインナップの中から今回紹介するのはXD135。マッチングしたのは横須賀のジープマイスターであるクワドロペットが仕立てた4インチアップ・JLラングラー 。

XD135は鋳造1ピース構造で、非常に複雑な造型を実現しており、リム部にはボルト風のデザインを採用。なおかつ周囲を窪ませることで可能な限り立体感を演出しているため、本格的なオフロードを走るための「ビードロックホイール」のようなテイストを醸し出している。

それがJLラングラー にぴったりとマッチ。さらにリフトアップして37インチのマッドタイヤを組み合わせたことで、XDシリーズらしさがより高められている。

KMC XD135 GRENADE OFF-ROAD
ビードロック風のデザインを採用するホイールは近年増殖中だが、リム部分を立体化したのは非常に珍しい。またエンボスでKMCのロゴもあしらわれており、オーナーの所有感を満たしてくれること間違いない。ディスク面は8スポークを基本としながらをそれをさらに分岐させることで軽快さを強調。
 




ジープに関して絶対の自信を誇る、横須賀のクワドロペットが早くもJLラングラーをリフトアップしてみせた。上げ幅は4インチとし、37インチのマッドタイヤを履かせた時のバランスも絶妙。

KMC XD135 GRENADE OFF-ROAD


KMC XD135 GRENADE OFF-ROAD Matte Bronze with Matte Black Lip
カラー:Matte Bronze with Matte Black Lip
 
KMC XD135 GRENADE OFF-ROAD Matte Black
カラー:Matte Black
 
KMC XD135 GRENADE OFF-ROAD Matte Gray with Matte Black Lip
カラー:Matte Gray with Matte Black Lip
 
□ サイズ
17x8.5J/インセット0、17x9.0J/インセット+18、18x8.5J/インセット0、20x9.0J/インセット+18
LUG 5/6/8
□ カラー
Matte Bronze with Matte Black Lip、Matte Black、Matte Gray with Matte Black Lip
□ 構造
鋳造1ピース構造
□ 規格
SAE-J2530
□ 付属品
センターキャップ、KMCロゴ付きエアバルブ
□ 価 格
65,000円~86,000円(税別)

★撮影協力/クワドロペット
HP:https://www.quadruped.jp

MLJ
KMC Wheels/XD Series正規輸入総代理店
TEL:03-5473-7588
URL:www.mljinc.co.jp
KMCホイールズ/XDシリーズのサイズ設定や在庫などの詳細は、日本正規・輸入代理店「MLJ」まで問い合わせください。


PHOTO■浅井岳男 TEXT■空野稜
アメ車マガジン 2019年 5月号掲載


最新記事


2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。