長年に渡り、JEEPを始めとする様々な4WDのカスタムを手掛ける名古屋のステージフォー

SUV

アメマガ2019年3月号

ALL-NEW Jeep WRANGLER

ステージフォー

JK WRANGLER CUSTOM

愛知県

JKラングラー

JEEP WRANGLER UNLIMITED


[vc_row][vc_column][vc_column_text]JEEP WRANGLER UNLIMITED、ジープラングラーアンリミテッド

JEEP WRANGLER UNLIMITED


JK WRANGLER CUSTOMS まだまだ熱いJKラングラーカスタム

最先端のUSカスタムをいち早くユーザーに届ける


長年に渡り、JEEPを始めとする様々な4WDのカスタムを手掛ける名古屋のステージフォー。常に最新のアイテムをチェックし続け、NEWアイテムをいち早くユーザーに提案してくれる。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]

実用性重視のリフトアップと機能を向上するパーツを追加


2017年にアメリカでJLラングラーが登場し、日本にも2018年の秋に正規モデルがデビュー。日本で4WD車のカスタムが始まった頃からJEEPを扱い続けるステージフォーは毎年SEMAショーなどを視察しているが、JLのカスタムが本格的に軌道に乗るにはまだ数年は掛かりそうだと語る。言うなれば、11年間販売され熟成を重ねてきた最終型のJKが、今もっともカスタムを楽しめるクルマだと言えるだろう。
これまで、ステージフォーでは様々なスタイルを提案し続けてきたが、見た目だけでなく日常の使いやすさや乗りやすさを重視し、リフトアップはフロント3インチ/リア2.5インチをセット。タイヤサイズ は定番と言うべき35インチを組み込み、大人が乗っても似合うジェントルな雰囲気を醸し出している。
ベースとなるのはサハラだが、ボディ同色の純正フェンダーを惜しげもなく交換。前後バンパーはハードなオフロードで使用してもビクともしないスチール製をチョイスし、さらにはウインチも搭載。ヘッドライトやテールランプに加え、各部にLEDランプを追加するが、ポイントは何と言ってもドアミラー一体型のランプ。2017年のSEMAショーで登場したアイテムで、インパクトは絶大! 各部ランプをバンパーに埋め込むスッキリとした雰囲気が最近のアメリカのトレンドで、それをいち早く実現しているのもステージフォーならではだ。
2017 Jeep Wrangler Unlimited Sahara STAGEFOUR-GEN3
ルーフラックも機能的で、ラダーを装着せずに折りたたみ式のステップをドアサイドにさりげなくセット。スタイルだけを追求するのでなく、機能性を高めながらもシンプルさを損なわないカスタムは、JKをファミリーカーとして使う人にも最適だ。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]フロントバンパーはポイズンスパイダー
リアバンパーはADD offroad Venom
ロックスライダーとステップは、スミッティービルトのアトラスシリー ズを装着
マフラーはマグナフロ
フロントバンパーはポイズンスパイダーで、リアバンパーはADD offroadVenomをチョイス。どちらもランプ類をバンパー内に納め、シンプルさを追求。ロックスライダーとステップは、スミッティービルトのアトラスシリーズを装着。マフラーはマグナフローに交換。メッキアイテムを一切装着していないので、全体の雰囲気を統一するためにブラックシリーズをチョイス。後ろ姿が引き締まって見える。
 
サスペンションはステージフォーのオリジナルスプリングに、ビルシュタイン製ショックを組み合わせる。
コントロールアームの位置もオフセットし、アライメントもしっかり補正。
サスペンションはステージフォーのオリジナルスプリングに、ビルシュタイン製ショックを組み合わせる。コントロールアームの位置もオフセットし、アライメントもしっかり補正。
 
XD135にBFGのKM3をセット
フェンダーはThroneをチョイス
インナーパネルもポイズンスパイダーに交換
XD135にBFGのKM3をセット。フェンダーはThroneをチョイス。これにLINE-X塗装を施すことで、ワイルドさと強度をアップ。インナーパネルもポイズンスパイダーに交換済み。
 

_N6I3795
ノーマルでも前席のルーフは着脱可能だが、それよりも簡単にオープンエアーが楽しめるベストップのサンライダーを装着。完全なソフトトップよりも手軽だ
 




ヘッドランプやリアコンビを始め、各部をLEDに交換し古臭さを一蹴。RIGIDのドアミラーランプは非常に明るく、暗い林道などで効果を発揮しそう。テールゲートの上にはハイマウントストップランプなどを追加し、安全性への対策も抜かりない。
 




前方と両サイドにテラフレックスの半透明バイザーを追加。各部に装着したLEDのスイッチは、Aピラー部にシンプルにまとめる。乗降に役立つグラブハンドルも追加。シフト&トランスファーノブは、B&Mをチョイス。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]

2017 Jeep Wrangler Unlimited Sahara STAGEFOUR-GEN3


SUSPENSION
●SFC2.5″コイルスプリング(F3″/R2.5″)
●Rancho RS7000MTショック
●コントロールアームブラケット
●SFCラテラルロッド
●EVO mfgバキュームポンプリロケーションKit
TIRE & WHEEL
●XD135 Grenade OR 17X8.5(±0)
●BFG MT/KM3 35X12.50R17
INTERIOR
●Teraflex Axisサンバイザーシステム
●Fab Fours JKグラブハンドルSet
●B&Mマグナムグリップシフトノブ
●B&Mローズウッドシフトハンドルカバー
SOUP-UP
●Magnaflow "Black Series"マフラー
EXTERIOR
●Poison Spyder Bruiserフロントバンパー
●Poison Spyder Bruiserフロントスキッドプレート
●RT Offroad LEDブロックランプKit
●WARN ZEON10-s
●Smittybilt Atlasロックスライダー
●ADD Offroad Venomリアバンパー
●Rigid Industries Radianceポッド
●Bestopサンライダー(Black Diamond)
●Bestopリトラクタブルサンシェード
●Rigid Industries Reflectサイドミラー
●Throneフェンダーフレア(LINE-X塗装)
●Poison SpyderインナーフェンダーKIT
●RT Offroad LEDヘッドライト
●Morimoto XB LEDカーボンテールライト
●Smittybiltディフェンダールーフラック
●Warrior Productsスペアタイヤライセンスブラケット
●Poison Spyder LEDナンバー灯/3rdブレーキライト
●Drake Offroad XTドアハンドルインサート
●Smittybilt Atlasドアステップ
●Rugged Ridgeエリートフューエルドア[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]Thanks:STAGE FOUR
TEL:052-774-3100
HP:https://www.stage-four.com[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]■Photo:浅井岳男 ■ Text:空野稜[/vc_column_text][vc_separator][vc_column_text]アメ車マガジン 2019年 3月号掲載[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×