都会的なUSスタイルから本格的なオフ仕様まで製作可能!

SUV

ジープ

アメマガ2019年3月号

JK WRANGLER CUSTOM

ラングラー

福岡県

JKラングラー

SCT-XWD

ALL-NEW Jeep WRANGLER

JEEP WRANGLER UNLIMITED


JEEP WRANGLER UNLIMITED

JEEP WRANGLER UNLIMITED

共に37インチを装着するがまったく異なるテイストを提案

様々な4WDがある中で、とくにアメ車や逆輸入車などを積極的に手掛けている福岡のSCT-XWD。同社にとって、JEEPは非常に重要なポジションを占めておりユーザーの使い方に合わせた、様々な仕様を創り上げてくれる。


アメ車に乗るなら、やはり現地で実際に走っているようなカスタムをしたいし、アメリカ製のパーツでカスタムしたい! という人は多い。確かにJEEP、とりわけJKのパーツは非常にラインアップが豊富で、良い意味でどれを選ぼうか悩んでしまう。また、いくらインターネットが発達しても個人でパーツを輸入するのは正直言ってリスクがある。そんな時、やはり頼りになるのはプロショップの存在。

しかも、長年に渡り様々なパーツメーカーのアイテムを扱ってきたSCT‐XWDなら、クオリティ面も熟知しているので、個々のユーザーにベストなアイテムを提案してくれる。 今回紹介する2台のJKは、ベースやタイヤサイズが同じでありながら、まったく異なるテイストでカスタムを実施。

ブラックのアンリミテッドは、クローラーコンセプト製のバンパーやサイドステップなどに交換。SYNERGYのサスペンションキットでリフトアップし、ハイフェンダー化することで、前述したように37インチタイヤを難なく納めている。

バンパーはクローラーコンセプトで統一。背面のタイヤキャリアも非常に頑丈で、37インチを装着してもブレない。可動式サイドステップはルックスと利便性を両立したパーツだ。

定番と言える、ブッシュワーカーフレアに交換。ハイフェンダー化することで37インチのKM2が装着可能となる。

サスペンションはSynergyのキットを使用。ショックはFOXの2.0IFPを組み合わせており、これによりノーマルよりも2インチのリフトアップとスムーズな乗り心地を実現。これぞジープといった感じだ。

対するブルーのアンリミテッドは、まさにアメリカのオフロードシーンから飛び出してきたようなバギー風のスタイルが特徴。前後バンパーやフェンダーはクローラーコンセプトで統一。その名のとおり、本格的なオフロード走行で使用できる形状・強度を実現しており、スタイルというよりもむしろ機能美と言ったほうが相応しい。

四輪ともコイルオーバーのサスペンションに変更されており、その見た目とは裏腹に走りは非常にしなやか。暴れ馬の様に見えるが、SCT‐XWDの手によってしっかりと調教されている。

オフロードでの視認性を向上させるために、アルミ製のハーフドアに交換。前後シートはホールド性を高めるためにPRPのバケットタイプをチョイスしている。

フラットダートなどをターゲットにした仕様なので、37インチのAT KO2をチョイス。公道走行時はもちろんフェンダーを追加する。

バンパーやフェンダー一体のコーナーガードは、クローラーコンセプト。ヘッドライトやLEDバーはKCをチョイス。USブランドで統一することで世界観が生まれる。

アイバッハのスプリングにFOXのコイルオーバーをセット。コントロールアームはSynergyの最高峰モデルを組み合わせ、まさにノーマルとは格段の違いを見せつける。 ちなみにSCT‐XWDでは、早くもJL用パーツのオーダーを開始。次の10年に向けて、早くも始動を開始しているという訳だ。


Thanks:SCT-XWD
TEL:092-503-0009
HP:http://www.sct-xwd.com


■Photo:浅井岳男 ■ Text:空野稜
アメ車マガジン 2019年 3月号掲載


最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger