元祖アメリカンSUVとして人気を博すK-5ブレイザー

SUV

シボレー

AMERICAN TRUCK&SUV

ブレイザー

BFグッドリッチ

アメマガ2021年2月号

K5ブレイザー

6インチリフトアップ

バルフォーエス

オールテレーン

大阪府

リフトアップ

ラフカントリー

1985 CHEVROLET K5 BLAZER × LIFT UP

AMERICAN TRUCK & SUV


1985 CHEVROLET K5 BLAZER × LIFT UP Owner:Zさん

子育てが一段落したところで迎え入れたセカンドカーライフの相棒

2ドアのショートトラックの荷台にシェルを乗せてSUVへと進化していった過程を知るうえで、そのシルエットを鮮明に映し出す元祖アメリカンSUVとして人気を博すK-5ブレイザー。しかし子育て世代に2ドアは何かと不便。乗りたいクルマに乗れるのはある意味、人生のご褒美である。

7インチ超えの上げ幅でも快適安心して乗れる!

これまでエクスプレスやサバナなど、主にフルサイズバンを愛車にしてきたというZさん。3人の育ちざかりな子供たちと一緒に旅行をしたり、習い事へ送迎したり、雨の日は迎えに行って自転車を積んで帰宅したりと、フルサイズバンじゃなければならない理由があった。だが、そんな子供たちも成人してそれぞれが愛車を持つ様になると妻と二人で出かけることが多くなり、そろそろ二人で乗ってちょうど良いアメ車に乗り変えても良いのではと選んだのが85年型のK5ブレイザーだった。

 

4年前にフルオリジナルのツートンカラー、しかも純正のルーフレールまで付いた個体を見つけて購入。しばらくはオリジナルを楽しんでいたものの、リフトアップした友人のK10を見る内に上げたい衝動に駆られてバルフォーエスに相談。それなりの年齢なので過剰にリフトアップするのではなく、車検対応の大人なスタイルでとオファー。

1985 CHEVROLET K5 BLAZER × LIFT UP 1985 CHEVROLET K5 BLAZER × LIFT UP

かつて筆者の愛車GMCジミーで散々無理難題を突き付けられてソレをカタチにしてきたバルフォーエスのビルダー岡野氏にとってK5のカスタムはお手の物であり、ラフ&カントリーの6インチアップを軸に各部マウント製作や位置関係の補正パーツを自作して、アメリカ仕立ての大雑把な箇所を日本の職人魂で一寸の狂いもない具合に端整した。

 

また、K5には珍しくAMP電動ステップが装着されている点も特筆物で、ヘッドライトはバンパー下のフォグに移設、リアバンパー下には追突防止バーをナチュラルな造形美で製作するなど、道路交通法を順守した大人のリフトアップスタイルは、子育てを終えて第二のアメ車ライフを歩み始めたZさんにとって最高の相棒である。

DSC_9202 DSC_9213 DSC_9215IMG_4400

ダークブラウン×クリームのエクステリアにマッチするベージュインテリアももちろんフルオリジナル。モデルイヤーの割には綺麗なカーペットに、ヘタリや破れのないシートはまさにグッドコンディション。メーターはダコタデジタルをスマートにインストールしており、オリジナルストックのステアリングとの相性も抜群。

装着するタイヤは37×12.5R17のBF-Goodrichオールテレーン DSC_9154DSC_9219 DSC_9176

ラフ&カントリーの6インチアップキットはそのままポン付けとはいかず、完璧主義の岡野ビルダーがココは補正を加えておくべき、ここはマウントで位置関係を修正しておくべきといった箇所を一つ一つ払拭してインストール。装着するタイヤは37×12.5R17のBF-Goodrichオールテレーンで、ホイールのリム幅は純正フェンダーで収まる様に控えめなサイズを選択。

DSC_9172 IMG_4399 DSC_9199 IMG_4398

タイヤ外径分も含めると8インチにも及ぶリフトアップは死角も凄まじい。その対策としてフロントナンバー下やサイドミラーにカメラを仕込んで常に確認できる様にモニターを追加する。乗降性の確保で電動ステップを追加することも大事だが、走らせている時の死角をクリアすることはもっと重要であり、この辺りの作業がジェントルに乗るリフトアップの醍醐味と言えるだろう。


Thanks:Bal.FOUR S

TEL:072-805-4444
HP:https://www.bal-fours.jp
Photo&Text:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 2月号掲載

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。