女心をつかむ大迫力!2018年シボレー・シルバラード1500ハイカントリーが持つ魅力をレビュー

ピックアップトラック

シボレー

アメマガ2019年4月号

シルバラード1500

アメ車ジャーナル

シルバラード

スカイオート

立花未来

American Car Drive Journal

2018年型シボレー・シルバラード1500ハイカントリーのレビューを紹介。伝統的なアメリカ車のスピリットと現代的な快適性が見事に融合した車両をピックアップ!大きなサイズにもかかわらず、印象的な走行性能とスムーズで快適な乗り心地や内装や先進的な安全装備についても解説。

2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country

アメ車ジャーナル =注目車にフォーカス=


アメ車「らしさ」を存分に味わえるフルサイズピックアップ

2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country
シボレー・シルバラードが猛烈にイイ!!

数あるアメ車のカテゴリーの中で、もっともアメ車「らしさ」を感じることができるのはフルサイズ・ピックアップトラックだろう。中でもシボレー・シルバラード は古き良きアメ車のスピリットと、イマドキの快適性、そして、そのサイズからは想像もできない扱いやすさも兼ね備えた魅力的なクルマだ。ここではシルバラード の魅力にフォーカスする。

見た目はワイルド、走りは緻密で装備も充実のシルバラード

立花未来

アメ車の魅力…それは、何もかも「スケールがデカい!」ってことじゃないだろうか? ボディもそう、エンジンもそう、そしてストリートでのインパクトも。まぁ、最近はアメ車でもエコだ、ターボだと、ヨーロッパ車や日本車のようなパフォーマンスが重宝されていたりするが、やっぱり、どうせアメ車に乗るなら、「らしい」クルマに乗りたいものだ。


そんな中、これぞアメ車! なんてクルマもまだまだ存在する。そう、フルサイズ・ピックアップトラックというカテゴリーだ。GMもフォードも、MOPARも、それにトヨタやニッサンだって、魅力的なデッカいトラックをリリースしているが、とりわけ今、注目したいのがGM、シボレーのフルサイズ・ピック『シルバラード』 だ。

2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー

アメリカでの人気は、フォードのFシリーズにややリードを許しているものの、その分、走りに装備に、頑張っているのが見てとれる。逆に緻密な走り、装備の完熟度などは、シルバラード に一日の長アリって感じだ。

さて今回は、そんなシボレー・シルバラード にフォーカス! 本誌ではおなじみのアメ車プロショップ「スカイオート」 に、タイミングよくストックありってこともあり、その魅力をあらためて探ってみることにした。レポートしてくれるのは、アメ車マガジンイメージガールの立花未来 クン。免許取得後、初めての愛車がサバーバン 、今はチャレンジャー を所有する未来クンに、さてシルバラード はどんなふうに映るだろう?

2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country

シボレー・シルバラード1500 ハイカントリー

2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー


2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー

2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー
2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー
今回のモデルはクルーキャブ・ショートボックスモデルだが、デッキの広さは十分!撮影には250cc のオフロードバイクを用意し、積載してもらったが、それが2台は積めるだろう。リヤバンパーのコーナーには爪先がかけられるステップがあり、これがなかなか便利!
2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー
2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー、立花未来
◆グレード:HIGH COUNTRY 4WD CREWCAB SHORTBOX 
◆全長×全幅×全高(inches):230.03 × 80.0 × 73.8 
◆ホイールベース(inches):143.50 
◆車両重量(lb):5461 
◆最低地上高(inches):8.90 
◆乗車定員(名):5 
◆エンジン種類:EcoTec 3 V8 
◆総排気量(ℓ):5.3 
◆最高出力(hp/rpm):355/5600 
◆最大トルク(lb-ft/rpm):383/4100 
◆トランスミッション:8AT 
◆駆動方式:パートタイム4WD 
◆燃費(MPG):16city/22hwy  
◆使用燃料/ タンク容量(gal):ガソリン/ 26 
◆サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン・コイル式 
◆サスペンション 後:リーフ・リジッド 
◆タイヤサイズ:P275/55R20

トラックでありながらプレミアムSUV なみの装備を誇る

2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー

シボレーのフルサイズ・ピックアップトラック「シルバラード」 は、アメリカではすでに'19モデルにモデルチェンジしているが、今回のモデルは'18モデルだ。ラインナップはスタンダードな「シルバラード1500」と、ヘビーデューティな「シルバラードHD」の2タイプがあり、今回は「シルバラード1500」。


シルバラード1500のボディタイプは、レギュラーキャブ(シングルキャブ)、ダブルキャブ、そして後席をさらに広くとったクルーキャブ、これにショートボックス(荷台)、スタンダードボックス、ロングボックスが複雑に組み合わされる。おまけにトリム(グレード)は全8タイプ、それぞれに2WDと4WD、また3タイプのエンジンが選べるなど、実に100車種以上を数える!


もちろん、今回のグレード「ハイカントリー」は最上級車種。設定されるのはクルーキャブのみで、デッキはショートボックスとスタンダードボックスが用意されている。エンジンは4.3ℓV6、5.3ℓV8、6.2ℓV8と揃ううちの中位、5.3ℓV8で、それでも355hp&383lb‐ftを発揮するツワモノぶりだ。


また最上級グレードだけに、プレミアムな装備の数々は高級SUVと肩を並べるほど。シートはブラウンのレザー張り、スマートホンなど連動するエンタメ装備(試乗車はTVにも接続)、先進の安全装備の数々。トラックでありながら、ファーストカーとしても十分満足できるのだ。
 


サスペンションはフロントにダブルウィッシュボーン・コイル式、リヤにリーフ・リジッド式を採用。今どきのピックアップトラックとしてはスタンダードな形式だが、とくにリヤアクスルのペイロードは高く設定され、つまりトレーラーなどの牽引能力重視の設計となっている。乗り心地も引き締まったものだ。
 
立花未来
タイヤサイズは275/80R18のスタッドレスタイヤが装着されていた。ノーマルはP275/55R20のオールシーズンタイヤを装備する。ホイールは純正の18インチ、ノーマルはもちろん20インチ。
 
2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー
2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー
2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー
2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー立花未来
インテリアの造形は高級SUV…いや、高級セダンそのものといったもの。レザー張り・パワー調整式のシートはヒーター付き、クッションも硬めでロングドライブも快適だ。ヘッドレストの“HIGH COUNTRY” の刺繍もイカしている。ドアトリムやセンターコンソールにはウッドもあしらわれるほか、2眼をメインに八角形風の小さなメーターが並ぶ様子も個性的だ。ちなみに乗車定員は5名。
 
2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー、立花未来

立花未来
2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー
“ハイカントリー”のボディタイプは、リヤシートが広いクルーキャブ。リヤのベッドは“ショートボックス” と“スタンダードボックス”が選べるが、ショートボックスでも積載性は十分。また撮影中、気がついたのは、リヤバンパーのコーナー部にステップが用意されていること。リヤゲートを倒していても脚をかけることができて、とても便利だ。さらに囲いの上部には手をかけられるホールも。使い勝手がかなり、考え抜かれているのだ。
 

センターコンソール上に、蛇腹のような飾り(?)が。実はこれ、スマートフォンの充電システム。対応機種によるが、ここにスマホを置いておくだけで充電できるのだ!

Miki's Impression

立花未来
運転免許を取って初めて自分のクルマになったのがサバーバン だったし、今乗ってるチャレンジャー の次はまたサバーバン に乗りたいと思ってるし、だからシルバラード も大好き! 今まで丸っこかったイメージがあったけど、この2018 年モデルは四角くてカッコいい!


立花未来
あと、ステキなのは、なんと言ってもインテリアですね。キャデラックのココアレザーが大好きなんだけど、このシルバラードの内装もブラウンにレザーでしょ。ステアリングまでブラウン、っていうのにやられました! そして、とにかくこの高級感! これはもはやアメ車じゃない!? アメ車の内装はチープ…とか言ってる人に見てもらいたい!

かつてのトラックのイメージを払拭する快適性

2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー

この巨体を忘れてしまうほどのスムーズな走り!!

巨体のわりに小回りが効く、上質な乗り味もスバラシイ!

いつの頃からだろう、ピックアップトラックが「トラックの乗り味」と決別したのは? そう、今回のシルバラードは、かつてのシボレーC/Kシリーズのピックアップモデル。サスペンションは前後リーフで、その頃は牽引能力のみを重視したような実用車だったように思う。

2001年から、C/Kシリーズには「シルバラード」の名が与えられ生まれ変わったが、たぶんその時だったのか?ともあれ、今回のシルバラードに乗って驚いた! エクステリアの存在感は相変わらずだが(時代にキャッチアップしているという意味で)、インテリアのこの完成度の高さはなんだ! 

本革シートや左右独立式エアコン、最新のCONNECTシステムなど、高級セダン…それこそキャデラックとか、もっと言えばメルセデスにでも乗っているようだ。乗り味も剛性感たっぷりで、上質。かつてのガタガタ感や、フラフラした操縦性も一切ない。直進性はよく室内も静か。巨体のわりに小まわりも効くので、街中での取り回しも良好なのだ。


エンジンは、スペックについても隔世の感がある。V8エンジンは昔のようなモリモリトルク感で、クルマを力づくで前に進めていくのではなく、今どきのV8は俊敏に回転が立ち上がり、スマートに巨体をスピードに乗せていく。ある種、「V8に乗っているんだ!」という醍醐味のようなものはなくなったが、未来クンはじめ、女子ウケがいいのは、やっぱりこっちなんだろうな。
 
2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー
5mを超える全長、2mを超える全幅…かなりの巨体だが、四隅の見切りがよく、車両感覚が取りやすい、さらに小まわり自体も意外なほど効くので、よほど狭い道でない限り、運転しにくいということはなさそう。ただしスーパーなどの車庫入れは難儀するかも。

登録はもちろん1ナンバーになるので、車検サイクルは短くとも、この排気量ならかなりお徳感はある。実質、3ナンバー車と変わらないし。あ、高速道路の通行料は多少割高になってしまうか。燃費については、8速ATが効いて、さほど悪いというイメージはないようだ。
 
搭載エンジンは355hp&383lb-ft (53.0kg-m)を発生する5.3ℓ V8
3タイプが用意されたエンジン。今回の搭載エンジンは355hp&383lb-ft(53.0kg-m)を発生する5.3ℓ V8、組み合わせるトランスミッションはコラムシフト式の8速ATで、低速でのトルクフルな走行から、余裕のある高速クルージングまでをカバーする。

スカイオートによれば、燃費は思っている以上に良好で、高速道路なら9~10km/ℓくらいは走る、とのことだ。4WDモデルの四駆システムは、パートタイム式。2WD、4WDハイレンジ、4WDローレンジをダイヤルで切り替える。MAX GVWRは7200lbs。

Miki's Impression

立花未来
助手席に座ってるときは、とにかく眠くなって困った…それだけ快適で気持ちいいんです。で、自分で走らせてみたら、剛性感のカタマリのようでしっかり走る! フラフラしないのがいいですね。大きさ? サバーバン に慣れてる私には、むしろ運転しやすいほどでしたよ。で、なんかシボレーは高級、フォードの方がカジュアルなイメージかな。シボレー最高! シルバラード オーナーと結婚したい♥♥

2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー


Skyauto【スカイオート】

Location:埼玉県越谷市南荻島708-1
Phone:048-976-1235
URL:https://www.skyauto.co.jp/

ハマーのスペシャリストとして知られる「スカイオート」はまた、SUVやトラックに強いアメ車ショップだ。広大な展示スペースには新旧、人気のSUV&トラックが並び、しかもプライスボードを見ると、かなり刺激的! 全車完全整備&保証付きで、思わず買いたくなってしまう。

また車両販売だけでなく、自社整備工場完備で、アフタフォロー体制もカンペキだ。工場には6tリフト1基、5tリフト4基、3.5tリフト2基を配置。アメ車各メーカーのコンピュータ診断機や補修パーツも充実して、ユーザーのアメ車ライフをサポートしてくれるのだ。
スカイオート、SKY AUTO
スカイオート、SKY AUTO

Special Thanks ◆ Skyauto
Tel:048-976-1235
URL:https://www.skyauto.co.jp


Model ◆ Miki Tachibana


Photo ◆ Hiroshi Nose
Text ◆ Yoshinobu Kohsaka

アメ車マガジン 2019年 4月号掲載


関連記事

RELATED


強烈なインパクトを放つシエラとシルバラードをロックオン!

2020 GMC SIERRA
2019 CHEVROLET SILVERADO

【GMC シエラ AT4 / CHEVY シルバラード ハイカントリー】圧倒的な存在感のフルサイズピック

2019 GMC SIERRA AT4
2018 CHEVY SILVERADO 1500 High Country

愛車はカスタムトラックのシルバラード。「アイランドスタイルを極めたい」と、目を輝かせる。

アメマガではアメ車に乗る『#アメ車女子』たちを事あるごとに応援しているが、今回も2017年に引き続いてアメマガガールスペシャルを展開。アメ車に乗るステキな女性たちをドど~んと紹介しちゃいます!!

#アメ車女子のライフスタイル 06
ハワイに寄せていきたいアイランドスタイル

1991年に1年間のみ限定生産された、幻の世界最速のピックアップトラック サイクロン

1991 GMC SYCLONE

Jeepブランドのかつての指揮官「コマンダー」ワイルドだけどフォーマルもイケる

前回からスタートした「アメ車ジャーナル」。本コーナーでは、注目のアメ車を、アメマガガールの立花未来ちゃんの目線で紹介していくもの。今回はMOPAR特集ってことで、SPORT名古屋アメ車専門店のストックのジープ・コマンダーとグランドチェロキーに注目することにした。Jeepのかつてのフラッグシップと現在のフラッグシップの魅力に迫る!

2008 Jeep Commander / 2014 Jeep Grand Cherokee

 

最新記事


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

ランキング


2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger