シェビーのミドルサイズトラック、シボレーコロラドは走りもサイズ感も絶妙

ピックアップトラック

シボレー

埼玉県

AMERICAN 4×4 & TRUCK

アメマガ2019年7月号

コロラド

コロラド ZR2

スカイオート

AMERICAN 4X4 & TRUCK
2019 CHEVROLET COLORADO


[vc_row][vc_column][vc_column_text]

2019シボレーコロラド、2019 CHEVROLET COLORADO


2019 CHEVROLET COLORADO


AMERICAN 4X4 & TRUCK
広大な大地を誇るアメリカで生き抜くためにはタフでなければならない。まさにそれを体現するのが、ビッグでパワフルな4×4とトラック。さらにここ最近のトレンドはオフローダースタイル。益々タフネス度を強め、ワイルド感溢れるスタイルでファンを魅了する。もっともアメリカンスピリッツを踏襲するのは4×4とトラックに間違えない。
ハマーH1のスペシャリストとしておなじみの「スカイオート」だが、ハマーのみならず、Jeepなどの本格4WD、ピックアップトラックなど、ワイルド系なアメヨンたちも得意とするところだ。そんなスカイオートが今、イチオシするのがシェビーのミドルサイズピックなのだ!

シボレーの世界戦略ピック、魅力満載の「コロラド」


トヨタ・ハイラックスのヒートアップ、そして根強い人気を誇るタコマ。ピックアップトラックのトレンドが、今まさにニッポンにやって来ている! こんなチャンスを、本場のアメリカン・トラックが黙って見ていていいのか?
まあ、ニッポンでのトレンドはフルサイズ、ではなくミドルサイズのピックアップなんだけどね。しかし、そう、ちゃんとビッグ3にも、ミドルピックはある!
たとえばハマーH1はじめ、ヘビーデューティな4WD&トラックを得意としている「スカイオート」が、イチオシするのはシボレーのミドルサイズピック『コロラド』だ。
2003年、S‐10ピックアップの後継モデルとしてデビューしたコロラドは、フォード・レンジャーや、それこそトヨタのタコマが最大のターゲット。'12年には現行モデルに移行してからは、東南アジアやオーストラリア、ブラジルなどグローバルに各地の仕様を設定するなど、シボレーの世界戦略車として重要なポジショニングを与えられているのだ。
2019シボレーコロラド、2019 CHEVROLET COLORADO
そして今回、スカイオートが持ち込んだのは'19年型「ZR2」モデル。フロントバンパーの両サイドアンダー部分がえぐれているのが特徴の、オフロード最強モデルだ。しかもクルーキャブ(いわゆるダブルキャブ)、本革シートなど、上級装備は兄貴分のフルサイズピック、「シルバラード」にも匹敵するほどで魅力的なのだ。
2019シボレーコロラド、2019 CHEVROLET COLORADO
コロラド・シリーズの中では最上級、かつ最強のオフロード仕様となる「ZR2」グレード。ホイールベースは128.5インチ、全長212.7インチ、全幅76.7インチと、日本の道路事情にもマッチ。ほぼハイラックスと同じサイズだ。フロントバンパーの両エンドがエグれた形状は対地アングルを稼ぐための、ZR2ならではのカタチ。他グレードはここに補助ランプなどが備えられる。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]2019シボレーコロラド、2019 CHEVROLET COLORADO
チョイ乗りのインプレだが、第一印象は引き締まった乗り味が印象的だ。たとえば同じピックアップでも、ハイラックスは空荷だとポンポン跳ねて乗り心地がけっしてよくないが、コロラドはひたすら快適、かつ懐の深いショックアブソーバーの余裕が感じられる。この特殊なショックアブソーバーのおかげだろうが、この足まわりだけでも「ZR2」を選ぶ理由になりそうなのだ![/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]



インテリア・ギミックのプレミアム感は、兄貴分のシルバラードにも匹敵する。本革パワーシート(ヒーター付き)やオートエアコン、キーレスエントリー、ワイヤレススマートフォン充電器、リヤビューカメラなど、その内容はトラックじゃない! 荷台については、さすがにフルサイズほどの広さはないが、LINE-Xでコートして使いやすいぞ。



サスペンションはフロント、ダブルウィッシュボーン・コイル式、リヤはリーフリジッド。ただしZR2はスペシャルなオフロード・サスペンションを採用。「セグメント・エクスクルーシブ・マルチマチックDSSVダンピングシステム」というリザーブタンク式のショックアブソーバーも併用される、力強いスペックなのだ。
タイヤはグッドイヤーのオールテレーンタイプ、ラングラー・デュラトラック、265/65R17
タイヤはグッドイヤーのオールテレーンタイプ、ラングラー・デュラトラック、265/65R17。オフローダーらしいワイルドな足もとを演出。ホイールはZR2専用で、今どきのデザイン。



エンジンは3.6ℓV6、308hp&275lb-ftに、8速ATを組み合わせる。4WDシステムはパートタイム式だが、通常の2WD、4WD・ハイ、4WD・ローのモードに加え、4WDオートのモードも備えている。さらにZR2でスゴいのは、フロントとリヤ、独立して操作できるデフロックが用意されている![/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]’75モデルのシボレーC-20はクラシカルなスタイルと現代でも通用する性能を備える。
女子ウケもバツグンのシルバラードにズームアップ!!
GMC C-20は、フルサイズトラックのルーツともいえるピックアップなのだ。
ミドルサイズの大衆車「シボレー・シェベル」。普段乗りもできる! 伝説のマッスルカー[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]Thanks:スカイオート
TEL:048-976-1235
HP:https://www.skyauto.co.jp/[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]PHOTO:古閑章郎
TEXT:高坂義信[/vc_column_text][vc_separator][vc_column_text]アメ車マガジン 2019年 7月号掲載[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

×