打倒ヘルキャットを掲げ、スーパーチャージャー搭載で勝負!

クーペ

ダッジ

アメマガ2019年4月号

埼玉県

TO THE LIMIT!!

HPP

チャレンジャー

2012 DODGE CHALLENGER SRT8 392


[vc_row][vc_column][vc_column_text]2012 DODGE CHALLENGER SRT8 392、2012 ダッジチャレンジャー SRT8 392

2012 DODGE CHALLENGER SRT8 392
PRO CHARGER SUPERCHARGERS
オーナー/ゆういち626さん


MODERN MUSCLECARS
TO THE LIMIT!!
過激さへの挑戦に終わりはない


純正でも十分な速さをみせるチャレンジャーだが、多くのオーナーは「より速く」を求め、モアアップのチューニングを施す。チャレンジャーを始め、多くのモデルをチューニングする埼玉県のHPPに、打倒ヘルキャットを掲げスーパーチャージャーを搭載したモンスター・チャレンジャーが登場!
 

最初は軽い気持ちが本格チューンへ突入


3年前まではハマー・H3のオフロードスタイルに乗り、チューニングとは無縁のアメ車ライフを送っていたオーナーのゆういち626さん。しかし、そのカスタムスタイルの弊害で「とにかく遅い」と感じるのがストレスだった。そこで思い切って、12年型のチャレンジャー・SRT8 392を購入。H3とは比べ物にならない加速力に満足していたのだが、アメマガでチャレンジャーのチューニングの記事を見て「俺もやってみたい」と、埼玉県のHPPを訪れた。
当初は軽い気持ちでチューニングする予定でいたため、CPU書き換え、レーシングプラグ、レーシングオイルというメニューにとどめた。だが、このメニューだけでも愛車が劇的に変わるのを実感し、「もっと手を加えたらどこまで変わるんだろう」と、さらなるチューニングに興味が湧くことになる。まさに、チューニングの無限のループに足を踏み入れた、ゆういち626さんである。




車両購入時にはチャレンジャーのトップグレードで最速だったSRT8だが、15年にスーパーチャージャーを搭載するヘルキャットが登場したことで、ゆういち626さんのチューニングの目標が決まる。それが「打倒ヘルキャット」だ。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]2012 DODGE CHALLENGER SRT8 392、2012 ダッジチャレンジャー SRT8 392

HPP独自のノウハウによりプロチャージャーという選択


ヘルキャット超えの700hpに到達!?


打倒ヘルキャットに向け、ゆういち626さんがHPPの説明を聞いて出した答えがスーパーチャージャー(以下SC)の搭載だ。HPPでは自然吸気(NA)のままでも200hpのアップを導くチューニングは可能だが 、コストパフォーマンスを考慮すれば圧倒的にSC搭載のほうが効率がよく現実的。しかもHPPでは、エンジン上部に装着するキットタイプではなく、エアクリーナーやクーラントタンクを移設して装着するプロチャージャー製のSCを選択する。なぜこのタイプのSCを選択するかはHPPのノウハウの部分もあるので非公開だが、加速効率のきちんとした理由があってとのこと。
ダイナパックを使っての実数値は未計測だが 、実走行の燃料噴射量から考えるとプロチャージャーの公表値+200hp以上、カタログスペックの数値で言うと468hpか ら700hp近くには到達していると目算。メーカー公表値以上の数値は、SCキットをそのまま装着するだけでは実現不可能な数値であり、キット+αのチューニングでヘルキャット超えを実現することになった。
ゆういち626さんの要望によっては、ヘルキャットをさらにブチ抜くメニューもHPPでは可能。もしかしたら、そんな日も遠からずやってくるかもしれない。チューニングには、やはり無限の可能性がある。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]2012 DODGE CHALLENGER SRT8 392、2012 ダッジチャレンジャー SRT8 392
APRレーシングのフロントスプリッター
ホイールはWELDレーシングの20インチを装着
APRレーシングのフロントスプリッター、ダウンサス、マフラーはボーラでエンドをチタン製に変更。ホイールはWELDレーシングの20インチを装着する。大きくパワーとトルクが上昇したことにより、タイヤはSタイヤに変更。通常のラジアルスポーツタイヤではこのパワーとトルクを全く受け止められず、セッティング中に急遽追加で装着したものだ。
 
純正のエアクリーナー、クーラントタンクを移設し、その空いたスペースに設置するプロチャージャーのスーパーチャージャーキット
グリル内にはプロチャージャーのスーパーチャージャーキットの インタークーラーが設置されている。
純正のエアクリーナー、クーラントタンクを移設し、その空いたスペースに設置するプロチャージャーのスーパーチャージャーキット。エンジン上部に装着するキットタイプではなく、HPP独自のノウハウにより、あえてこのタイプを選択している。グリル内には同キットのインタークーラーが設置されている。スーパーチャージャーキット以外のチューニングやCPUセッティングなども含 め、700hpにもなる馬力が発揮されていると見込まれる。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]Produce:HPP【High Performance with Precision】
TEL:048-577-7341
URL:https://www.hpp-jpn.com
HPP、High Performance with Precision[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]■Text & Photos|アメ車MAGAZINE[/vc_column_text][vc_separator][vc_column_text]アメ車マガジン 2019年 4月号掲載[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×