MOPARの代名詞と言えるハイインパクトカラーを差し色として使用したクライスラー300C

セダン

クライスラー

300C

ASJ

福岡県

アメマガ2019年5月号

プラムクレイジー

SOUL OF MOPAR

MOPAR

Soul of Mopar
CHRYSLER 300C


クライスラー300C、CHRYSLER 300C

CHRYSLER 300C


クライスラー系モダンアメリカンがスバラシイ理由
Soul of Mopar

MOPARを象徴する色を組み合わせ、個性だけでなく実用性も追求する


日常での快適性は損なわず、それでいてスタイルも追求したい。そんな理想を現実にするのが福岡のASJ。MOPARの代名詞と言えるハイインパクトカラーを差し色として使用し、個性と気品を醸し出す。

色というキーワードで独特なスタイルを追求


MOPARの魅力と言えば、ハイパフォーマンスな走りはもちろんだが、一度見たら忘れられないほど鮮やかな、ハイインパクトカラーも魅力の1つ。だが大胆すぎるそのカラーリングは、毎日乗るには少々勇気が必要かも。ここで紹介するASJの300Cは、プラムクレイジーを前面に押し出すのでなく敢えて差し色として使用することで、他にはない存在感を打ち出している。
ボンネットからルーフ、トランク部分のツートーン化はラッピングによるものだが、そこにピンストライプを加えることで、一瞬「ペイントか?」と思えるほど。内装もアルカンターラに張り替えを行なうが、こちらも基本的にプラムクレイジーを使用。MOPARをよく知らない人にとっては派手なクルマに見えてしまうかもしれないが、知っている人からすれば「なるほど」と唸らせてくれる、ツウ好みのカスタム。
サスペンションは前後で車高のコントロールが可能で、メモリー機能なども搭載したKROOZのSTRUTフルキットをチョイス。ご覧のように着地スレスレまでのスタイルを実現するが、車高を上げれば快適な街乗りが可能なのは言うまでもない。
クライスラー300C、CHRYSLER 300C
足もとはSAVINIの22インチをチョイス。ここまでホイールを大径化するとブレーキが丸見えになってしまうが、前後共KROOZのビッグキャリパー&ローターに変更。キャリパーにはASJのロゴをあしらうなど、細部に到るまでコダワリが感じられる。クライスラー300C、CHRYSLER 300C
クライスラー300C、CHRYSLER 300C
クライスラー300C、CHRYSLER 300C
ノーズからトランクまでラッピングを実施。キャラクターラインを活かすことで、300Cの流麗さをうまく強調している。マフラーはワンオフ製作したもので、自分だけの仕様を追求する。インテリアはアルカンターラで張り替え、運転席左にエアサスのゲージを追加。もちろんここもプラムクレイジーをチョイス。行き当たりばったりでなく、トータルバランスをキチンと考えたカスタムだ。
サビーニ、SAVINI
KROOZの STRUTフルキット
フロントは245/30R22、リアは295/25R22をチョイス。SAVINIのセンターキャップもオリジナルカラーに変更し、色の統一を図る。ブレーキは前後共変更し、キャリパーにはASJのロゴを入れることで、ONE&ONLYなスタイルを実現。エアサスユニットはトランクルームにセット。比較的コンパクトなので、荷室が使えなくなるようなこともない。


Thanks:ASJ
TEL:092-410-3668
HP:http://auto-service-jun.jp


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2019年 5月号掲載

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×