稀少なチャレンジャーコンバーチブルに440 6PACKを搭載

オープン

ダッジ

チャレンジャー

アメマガ2019年5月号

チャレンジャーR/T

プラムクレイジー

愛知県

KGベース

SOUL OF MOPAR

MOPAR

Soul of Mopar '71 DODGE CHALLENGER R/T 440-6Pack Plum Crazy


'71 DODGE CHALLENGER R/T 440-6Pack Plum Crazy

クライスラー系モダンアメリカンがスバラシイ理由

Soul of Mopar

ビンテージアメリカンを本国から自社輸入する名古屋の KG BASEアメマガ2019年1月号では映画「ワイルド・スピード」に登場したアイスチャージャー を採り上げたが、2019年2月号では激レアなチャレンジャー・コンバーチブルの440 6PACKを紹介しよう。
 

カラー・スタイル・エンジンの三拍子揃った珠玉のビンテージ

1970年に、 マスタングカマロ の後を追うようにして登場した チャレンジャー 。3つのボディタイプに出力の違いも合わせると合計10種類ものエンジンバリエーションをラインナップ。若年層から走りを追求したマニア層まで、幅広いユーザーに支持され、 マスタング を脅かすまでは至らなかったが、好調なセールスを記録。


さて、今回 KG BASE がアメリカから輸入したのは、1971年型のR/T 440 6PACK。ボディカラーは MOPAR を代表する色と言うべき プラムクレイジー で、何と希少なコンバーチブルモデル。グランツーリスモ的なボディスタイルだが、ボンネットの下には440のV8エンジンに、2バレルキャブレターを何と3連装した6PACKと呼ばれるシステムを搭載。ちなみに6PACKとは見事に割れた腹筋を意味しており、マッスルカーにある意味最適なネーミングと言えるだろう。


ボディそのものは基本的にオリジナルをキープした状態で、幌は電動で開閉可能。ガングリップタイプのシフトノブに変更されているが、ミッションは3ATを搭載する。日常的に乗れるよう、アルミのラジエターに電動ファンを追加し、信頼性も向上させている。
'71 DODGE CHALLENGER R/T 440-6Pack Plum Crazy、1971 ダッジチャレンジャーR/T 440-6パック プラムクレイジー
'71 DODGE CHALLENGER R/T 440-6Pack Plum Crazy、1971 ダッジチャレンジャーR/T 440-6パック プラムクレイジー
まさに非の打ちどころがない珠玉の1台で、その価値を考えるとこのまま乗るべきかもしれないが、何とKG BASEではカスタムにも対応するとのこと。気になるプライスは650万円だが、今後ますますビンテージマッスルは高騰しそう。決断するなら早いに越したことはない! と言っておこう。
 
'71 DODGE CHALLENGER R/T 440-6Pack Plum Crazy、1971 ダッジチャレンジャーR/T 440-6パック プラムクレイジー
'71 DODGE CHALLENGER R/T 440-6Pack Plum Crazy、1971 ダッジチャレンジャーR/T 440-6パック プラムクレイジー
エクステリアは基本的にオリジナルをキープ。ちなみにR/Tのエンジンフードはグラスファイバー製なので、ボンネットピンも標準装備。純正のトランクスポイラーを装着している車両は、やはり少なく、非常にレアな個体。アメリカで所有していたオーナーによると167台しか生産されず、そのうちの1台と語る。
 
現行のチャレンジャーにもフィーチャーされているフェンダーのデカール
現行のチャレンジャーにもフィーチャーされているフェンダーのデカール。第一世代の成功があるからこそ、ネオマッスルがあると言っても過言ではない。
 
タイヤはBFGのラジアルT/Aをチョイス。フロントは245/70R14で、リアは255/60R15を装着
タイヤはBFGのラジアルT/Aをチョイス。フロントは245/70R14で、リアは255/60R15を装着。当時60偏平を標準装備していたモデルは少なく、チャレンジャーがいかに走りを重視して設計されているかが窺えるポイントと言えよう。
 
R/Tにオプションで設定されていた440 6PACK
R/Tにオプションで設定されていた440 6PACK。3連のキャブレターを包む巨大なエアクリーナーケースが特徴的と言える。出力だけ見ると426HEMIに次ぐ390hpを発揮。426より扱いやすく、実用性も高い。信頼性を高めるために、アルミ製のラジエターに交換し、さらに電動ファンも追加。エアコンはレスのままとなる。

■THANKS: K.G.BASE
TEL:0568-29-9929
HP:http://kg-base.com

Photo■浅井岳男
Text■空野稜

アメ車マガジン 2019年 5月号掲載


最新記事


2023/03/31

イメージは軽井沢の別荘地ミッドセンチュリーを組み合わせ自然と暮らす家

HOUSE

山に囲まれた小高い丘に建つ平屋建ては、別荘を連想させる。野村さん夫婦が思い描いた住宅と周辺環境のテーマは、大好きな軽井沢とアメリカンモダンデザイン「ミッドセンチュリー」の融合。自然を感じながら、毎日がバケーション!

2023/03/30

大排気量のマッスルカーよりも、唯一無二の存在というべきカスタムカーの方が好きだった

オープン

フォード

クライスラー300を皮切りに、V8 チャレンジャー、そしてこのマスタングと乗り継いできたオーナー氏。誰もが一度は大排気量のマッスルカーに乗りたいと思うが、いざ乗ってみて分かったことは「マッスルよりもカスタムカーが好き」という事実だった。

2023/03/29

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、決意!

SUV

シボレー

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、そう決意した吉田さん。金銭的な問題で初の愛車は国産コンパクトカーにしたが、入社した会社の同期がタホに乗っていることを知り、負けていられないと、夢のアメ車購入へ踏み出した。

2023/03/28

ビンテージアイテムに特化した「KANCHI HOUSE」を紹介しよう。

ショップ

アメ車に乗っていたら、やっぱりアメリカンカルチャーは否応なしに気になるもの。以前から全国各地のアメリカン雑貨専門店を紹介してきたが、今回はその中でもビンテージアイテムに特化した「KANCHI HOUSE」を紹介しよう。

ランキング


2021/02/10

【GMC タイフーン】モンスターSUVの異名を誇る、90年代を代表するプレミアムカー!

SUV

1992 GMC TYPHOON

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2023/03/31

イメージは軽井沢の別荘地ミッドセンチュリーを組み合わせ自然と暮らす家

HOUSE

山に囲まれた小高い丘に建つ平屋建ては、別荘を連想させる。野村さん夫婦が思い描いた住宅と周辺環境のテーマは、大好きな軽井沢とアメリカンモダンデザイン「ミッドセンチュリー」の融合。自然を感じながら、毎日がバケーション!

2023/03/29

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、決意!

SUV

シボレー

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、そう決意した吉田さん。金銭的な問題で初の愛車は国産コンパクトカーにしたが、入社した会社の同期がタホに乗っていることを知り、負けていられないと、夢のアメ車購入へ踏み出した。