ストリート性能を損なうことなく、バランスを考慮したカスタム【2012 クライスラー300C】

セダン

クライスラー

アメマガ2022年11月号

300C

KRZ

ASJ

福岡県

XENON

かつてはX5など、各地のカスタムカーイベントであまたのアワードを手に入れてきたオートサービスJUN。だが代表の窪山さんが最近目指しているのは「やり過ぎないカスタム」だと言う。まさにその言葉を体現したのが、この300Cだ。


22インチを強調しながらも、程よいシンプルさを演出!

2012 CHRYSLER 300C

アメ車に限ったことではないが、どうしても費用を掛けたクルマはイベントなどで注目されがちではある。だが、時間とお金を大量に費やして創り上げたクルマは日常の使い勝手を犠牲にしているケースも少なくはない。そんな実例をいくつも見てきたオートサービスJUNだからこそ「やり過ぎないカスタム」というテーマをもっとも重視していると言う。

今回紹介する300Cは、フロントにXENONのリップを装着するが、サイドスカートなどは敢えて純正品を使用。KRZのエアサスを装着し低く抑えたフォルムを追求。ウエストラインにはリーフの加飾を追加。わずかこれだけでもボディサイドの印象は大きく変わるし、比較的厚い300Cをスリム&スポーティに演出する。

ホイールはジオバンナのキャストをチョイス。多くのユーザーがボディとホイールのカラーを合わせがちだが、敢えて対照的なホワイトとすることで存在感を最大限に引き出している。キャストホイールでブレーキの甘さが気になるのなら、デモカーの様にブレーキのチューニングを施し、クルマとしてのバランスを最適化する方が、運転していて楽しいと言えるだろう。

 

さりげないがスタイリッシュ。見た目だけではなく、快適性や運動性など、中身も考えるカスタムを今後は提案して行くそうだ。

フロントのリップはXENONをチョイスするが、両端部分に塗り分けを施し、立体感を強調する。前後のブレーキはKRZでワンオフ製作。大口径キャストホイールの弱点と言うべきブレーキの効きの甘さを、完全に解決することが可能だ。

ボディサイドだけでなくボンネットやテールゲートなど、あらゆる部分にリーフの装飾を施す。シンプルでありながら、非常に効果的で、まさにセンスが要求される部分と言えるだろう。強い光が当たるとホワイトっぽく見えるが、肉眼で見ると比較的グレーに近い印象を受ける。

エアサスはKRZのezairのPW100をセット。アナログ式の2独とすることで、リーズナブルな価格を実現。メーターの横にはエアタンクのゲージも装着しており、走行中でも車高を常にモニタリングすることが可能だ。


Thanks:ASJ【オートサービスJUN】

TEL:092-410-3668
http://auto-service-jun.jp


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2022年11月号掲載


関連記事

RELATED


MOPARの代名詞と言えるハイインパクトカラーを差し色として使用したクライスラー300C

Soul of Mopar
CHRYSLER 300C

戦闘力は爆上がりマットネイビーにオールペンした300C

特別なクルマとして再評価されている300C・SRT8を、アメリカ軍艦仕様としてマットネイビーにオールペンしたガレージジョーカー。見るからに過激さが増し、SRT8のパフォーマンスを最大限に表している。

クライスラー・300Cをフェイスチェンジ、誰もがひれ伏す超高級車のエッセンス

フェイスチェンジカスタムを次々進めるガレージジョーカーが、300Cをベースにイングリッシュフェイス化。超高級車を連想させるデザインを取り入れたことにより、街を走れば誰もがひれ伏すスタイルへ生まれ変わった。

“悪さ” を追求してたどり着いたアウトローダークスタイル クライスラー300C【ジェットシティ】

300Cが持つ「悪さ」を最大限に引き出すスタイルは、300Cならではのカスタマイズとなっている。徹底的にアウトローを目指す!これが300Cの永遠のテーマだ!

違和感を感じるボディの謎…答えは40cmストレッチボディ!【PG MOTORING】

日本で一番300Cのカスタムを熟知し、業界ではカリスマと呼ばれる広島のプライムガレージ。そのカスタムラインナップに加わったレッドボディの300は、今までとは何かが違う…。そう、ボディが長い! 時にはこんな荒業も取り入れて皆を驚かす、それがPGだ!

 

最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]